ボクシングをとっても楽しく見るブログ

大谷翔平「大人は判ってくれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 大谷翔平のケガが深刻なものであることは、多くのメディアによって報じられている事実である。WBC辞退を行った際、しかしオープン戦で活躍する彼の姿を見て仮病と騒ぎ立てていた人も居たには居たが、結論としてケガをかばうあまり悪化させてしまった。  無理もない。ケガをしていてもあれだけやれてしまうのだから、仮病と言われてもやむを得ない。ダルビッシュと一緒にキックボクシングのトレーニングを行っていたことも言及されていたが、それは大谷の自己責任だ。我々が騒ぎ立ててどうしようともそれは無意味である。  まるで漫画の主人公だ。打者としても投手としても一流。プロの歴史を見ても、これほどまでにスケールの大きな選手はいたことがないし、文字通りスター。それが大谷翔平という男なのだ。  しかし、下手に才能があったがゆえに、それが大谷の身体に負担を強いていたのではないかと邪推してしまいたくなる。今年の7月で23歳となる彼だが、キャリアの中でも下半身のケガを抱えたままプレーするのは難しいこと。早い段階で治療に専念をさせてあげなければいけなかったのではないだろうか。と同時に、大谷が日本ハムを拒否してメジャーに行っていればこんなことにはならなかったのではないかとさえ思うのだ。

 日本ハムというチームが大谷を中心としてチームが回しているのだということは承知している。それだけの人材であると見込んで、大谷を指名したのも分かる。プロ志望届を提出して日本のプロチームでもOKだとさせたのは、最終的には大谷の決断があってだ。  だが、投手も打者もやらせてとなると、当然身体への負担が大きくなることは十分に分かっていたことではないだろうか。ましてや本拠地は、人工芝の下がただのコンクリートとなっている札幌ドーム。いくら才能があったとしても無理やり二刀流を勧めてメジャー移籍を無理やり引き止める必要性がどこにあったというのだろうか。  事実、大谷がここまでの選手になったから騒がれていることでもあるが、メジャーに行くという夢を捻じ曲げさせられてまで、彼は日本ハムでプレーしてきた。本当は19歳で夢のアメリカへと行くはずだったにもかかわらず、だ。  別にここで大谷が高卒で即アメリカへ行かなかったから野球人生として失敗したと話すつもりはない。大谷は聡明な男である。自分がやりたいことと今やるべきことをきっちりと理解した上で先へと進んでいくことができる強さがある男だ。

 だが、大谷は今も周りの大人たちのエゴに振り回され続けている。結局は交渉で日本ハムに入団した。要は大人の都合である。高校の先輩である菊池雄星の時と何一つとしてやっていることに変わりはない。仮に大谷の素質が並の選手と変わりなければ、仮にプロ志望届を出してようが「どうぞご勝手に」というスタンスだったのだろう。  18歳の彼にとって夢を一度諦める辛さというのは察するに余りある。本当は菊池のように号泣したかったのではないかと感じてしまう。だが、その方針をぶれさせた時、率直に言うと私は大谷が嫌いになった。そして日本ハムを始めとして、捻じ曲げさせた周りの大人が気に食わなかった。  そして、二刀流に失敗しろとさえ思った。それを裏切るように、彼は投手としても打者としても素晴らしい結果を出した。それでも、今彼は野球が楽しいのだろうか。日本球界に貢献しろと言った人がいた。よっぽど高卒メジャーで活躍できる選手がいると示すほうが日本球界の貢献にならないだろうか。  メジャーに行って失敗するというリスクも当然抱えなければならないが、なぜ当時の高校関係者を始めとする周りの人たちはその夢を理解してあげられなかったのだろうか。

「大人は判ってくれない」というフランス映画がある。主人公のアントワーヌは毎日が苦痛の連続だった。やがて学校からも厄介払いされ、親からも厄介払いされ、鑑別所に入れられて。大谷とは全く違うけれど、日本プロ野球の窮屈な世界で勝手にハードルを上げられ、日本球界を背負わされてきた。  アントワーヌはやがて鑑別所から逃げ出す。そしてどこまでもどこまでも逃げて、海にたどり着く。そして、海岸で立ち尽くして、カメラを向いて物語が終わる。映画史に残るラストシーンと言われている。大谷が日本プロ野球からどこまでもどこまでも逃げた先には、きっとメジャーリーグが待っている。  周りの大人に振り回され続けた彼が残さなければいけないものは、野球史に残るような数字と結果だ。我々は23歳の社会人で言えば大卒1年目の人間に対して過剰なまでの期待を載せていることに気が付くべきだ。必要以上の期待は、彼にとってただの重荷になるだけだ。才能に恵まれ、スターだからといって、必要以上の期待を押し付ける必要性はない。彼にとって、ただ邪魔なだけだと思う。宿命と論じるならば、それまでだが。  そして、大谷がアントワーヌと同じように立ち尽くし、こちらを向いてきたとき。我々は一体何ができるというのだろうか。私たちは大谷の夢を判ろうとしなかった大人なのだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
プロ野球
北海道日本ハムファイターズ
大谷翔平

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「大谷翔平「大人は判ってくれない」」へのコメント

別に見当違いでもなんでもコメントするのは構いませんし、どんな感想を抱くのかは自由ですが、文章をちゃんと読んでください。
大谷に責任はあるというのは大前提ですし、責任ないとは書いてないですよ。

大谷翔平「大人は判ってくれない」

大谷翔平「見当違いも甚だしい」
多分この記事を見て思うのはこの一言でしょう。
何せこの道を選んだのは大谷本人なんですから。
なんか全ての経緯を勘違いしてませんか?

こんな記事も読みたい

【試合感想】4/12 ベテラン同士の火力勝負を制して床田初勝利【東京の赤いおっさん】

野球セゾン=野球の季節【アバウトG、アバウト・・・】

帰ってこないエース【見せましょう鷲の底力を!!】

若さ溢れた攻める起用で連敗脱出【FF】

ファイターズ、レアード&コンスケがチームを救いました。【HIT! RUN! WIN!】

ファイターズ、チーム打率.223の打線でとう戦うか【HIT! RUN! WIN!】

ファイターズの攻撃は センターおかひろみ 背番号18【プロ野球哀愁劇場】

開幕3カードを終え野手陣を振り返る【札幌ドームが見える部屋から】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2304081

(10月19日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  3. 羽生結弦「恐怖」
  4. 錦織圭「テニスの王子様」
  5. 本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。
  6. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  7. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  8. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  9. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  10. 続・悪党シメオネの反抗

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss