ボクシングをとっても楽しく見るブログ

もらとりあむ真央ちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加

 社会人ともなると、コントロールできないことが圧倒的に多くなる。多くは会社の命令であったり、社会の方針であったり。学生の時に嘆いていた自由のなさがかわいく思えるくらい、コントロールできないことで苛立ち、ストレスを溜める。去年の夏、ある工事現場で働いていた時のことだ。とある職人さんから言われたことを今でも覚えている。 「今のままじゃ、お前、誰かに振り回されて終わっちゃうよ!」  そしてそれは、今の今まで続いていた。私が今の会社を退職しようと決めたのは、結局自分のコントロールできないことで精神的に疲れ果ててしまったからだ。幸い、次の働き口は決まったので、大きな傷とはなりそうにない。それでも、辞める辞めないで会社ともめていることに変わりはない。  何かを辞めるという決断は個人だけでは決めることができない。結局私は今も、コントロールできないことに苛立ちを覚えている。別にリーダーという立ち位置になりたいわけでもないし、期待されても困る。それは向こうが勝手にこちらに押し付けているエゴである。まあ、私も私で会社へエゴを押し付けていることに何も変わりはないのだが。  浅田真央は、ずっと周りからのエゴをどう受け止めていたのだろう。

 15歳で世界トップクラスのレベルとなり、それをずっと維持し続けてきただけでも大変だったというのに、結果を出さなければ批判を浴びることさえある世界。ライバルと言われた金妍児との比較、母の死去。演技がかみ合わず、トップ・オブ・トップをずっと走り続けてきた心労から何度も引退をしようと思ったこともあった。  それでも、そのたびに彼女は自らを奮い立たせてきた。日本だけでなく、世界でも注目され続けてきたその演技力。ライバルであった金妍児を妖艶な女性とするのであれば、彼女はさながら折り目正しいやまとなでしこという言葉が良く似合う。どんな時でも相手を貶さない発言、礼儀正しい言葉選び。多くの人が引退を惜しんだ今日、彼女はどれだけ多くの人に好かれていたのかを証明したと言える。  だが、それさえも周りの大人が勝手に彼女へと付けてきた重しだったとしたら。明日から何もかも無くなる彼女に残った「浅田真央」というのは何なのだろうか。周りが勝手に押し付けてきたエゴが、彼女自身の身動きを取れなくさせていたとしたら。  賢明で言葉を選ぶ人物だ。姉の舞さんのように、思いっきり暴露することができれば良いだろう。しかし、人柄ゆえにため込んできた物を支えるだけの心の力がなくなってしまったのかもしれない。ソチオリンピック後から上がらなかったパフォーマンス、負傷。要因は色々ある。それが彼女自身の選手としてやれるというメンタル的な自信を失わせることとなったことは言うまでもないだろう。

 だからこそ、「浅田真央」というイメージ像を守るためにも引退を決意したのかもしれない。結局はあくまで推測でしかないのだ。バンクーバーやソチ。金メダルには届かなかったが、多くの人を感動させるスケートをした。  何度も何度もグランプリファイナルで絶対的な強さを見せつけてくれた。浅田真央は同世代の自分たちにとっても誇りだった。ゆとりだと言われてバカにされ、会社でも学校でも貶されてきた世代。彼女はそんなものを関係ないと言わんばかりに、世界のトップに君臨し続けてきた。本当は放課後にマクドナルドへ行くような学生生活を送りたかったかもしれないし、長期休暇中に海外へ遊びに行くようなこともしたかったかもしれない。それを全て捨てて、彼女はスケートへ打ち込んできた。そして、世間がイメージする「浅田真央」を頑なに守ってきたのだ。  今年で彼女は27歳になる。会社では一番忙しい年代で、どこの誰よりも忙しく駆け抜けていく年代なのだろう。だが、彼女は15歳から走って走って、走ってきた。心が疲弊して、壊れてしまう前に立ち止まることも必要なのだ。奇しくも、今の私のように。  わかっている。私と浅田真央は全然違う。彼女が頑張っているとき、私はまだ自分が何者かなのかも分かっていなかったのだから。世間が作り上げた浅田真央という人格が嫌なのだったら、これからゆっくりと変えていけばいい。新しい自分へと変わるための時間は、たっぷりある。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:
フィギュアスケート
浅田真央

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

真央ちゃん引退で思うこと【専らフィギュアスケート】

100年に一人の人、ありがとうと言いたいけど、やっぱり寂しい・・【観るの大好き♪】

全ては真央ちゃんからだった~浅田選手引退に寄せて~【いろいろな試算を少し本格的にやってみる。】

2016年アメリカのテレビ・インターネット・ラジオにおけるスポーツコンテンツ視聴動向【スポーツマーケティングレポート】

日本代表・SC軽井沢は7試合終えて4位タイ、ピョンチャン五輪の切符が近づく…(カーリング男子世界選手権2017)【0 to zeroのhorizon】

カーリング男子世界選手権2017が開幕! 日本代表のピョンチャン五輪出場の可能性は…!?【0 to zeroのhorizon】

前編 BIG5がTOP5に!またフェデラー対ナダルに! そして第三次ビッグ4+1変遷の兆候【錦織応援団】

錦織はチャンスを生かせず。ナダルvsフェデラーの再戦なるか?【錦織応援団】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:5736
  • 累計のページビュー:1981864

(07月26日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 羽生結弦「恐怖」
  3. 錦織圭「テニスの王子様」
  4. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  5. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  6. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  7. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  8. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  9. 続・悪党シメオネの反抗
  10. 赤土の決戦

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss