ボクシングをとっても楽しく見るブログ

続・村田諒太が世界王者になれない3つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

 とうとう、決まった。プロデビューから早くも5年近く経過している中で、村田諒太の世界戦である。デビューしてからここまで無敗の男。しかし、個人的にはこれほどまでに希望も何も持てない世界戦というのも珍しい。八重樫東や井上尚弥、内山高志であれば湧いてくるようなワクワクドキドキ感が何一つとして、ない。  むしろ個人的には、ようやく日本でミドル級の世界レベルの選手を拝めることができるという事実に喜びを感じているくらいだ。ハッサン・ヌダム・ヌジカムがどれほどのファイターなのかを主眼として見たいと思っている。  金メダルというのは、銀に金メッキを付けることで作られるのだという。つまり、純粋な金ではないということだ。村田にはもう、その纏っていたメッキさえ剥がれてしまい、もはや金メダリストであったということが過去の遺物であることを証明しているようなものだ。  はっきり言おう。村田は世界チャンピオンにはなれない。いや、あるとしたら本当に1%くらいの確率ではないだろうか。理由を挙げれば切りがないが、今回は3つ理由を挙げたいと思う。

 まず一つ目。「世界に挑戦をする時期が明らかに遅い」ということである。  よく考えて欲しい。ワシル・ロマチェンコはプロ2戦目で世界タイトルに挑戦し、3戦目で獲得している。ゾウ・シミンはプロデビューから2年で世界タイトルに挑戦、昨年11月にWBO世界フライ級王者となっている。アトランタ五輪で銅メダルを獲得した、フロイド・メイウェザー・ジュニアはデビューしたから2年で18試合もの試合をこなしながら実力をつけていった。オスカー・デ・ラ・ホーヤに至っては試合をしてから2週間後にまた、試合をしたことだってある。試合のスパンを短くし、かつ旬が過ぎる前に世界タイトルへと挑むことはごく自然のことだ。  しかし、村田がここまでに要した時間はプロデビューから4年。もちろん、対戦相手との交渉等によって試合の機会が少なくなることは十分に考えられるが、時間がかかりすぎなのだ。  また、村田の懸念材料として挙げられるのが、結局村田諒太のボクシングとは何かというサンプルが少ないこと。それゆえの「圧倒的な実戦経験の不足」。これが二つ目だ。  アマチュア時代に見せたタフなインファイトを捨てて、スタイリッシュなボクシングをしたい気持ちは分かる。それを身につけるために時間がかかるのも分かる。前述の通り、交渉があったということを差し引いても4年間で13試合では少ない。それ相応のトレーニングやスパーリングを積んできたと仮定しても、これでは実戦経験が少なすぎる。  例えば、アンドレ・ウォードは5年間で20連勝というキャリアを積んだ上で、Super Six World Boxing Classicに参戦してS.O.G.の名に恥じない実力を見せつけた。また、デオンテイ・ワイルダーは世界タイトルを取るまでの6年間で32試合の経験をきっちりと積んで世界に挑んだ。村田はどうだろうか。少なくとも、日本人選手と対戦して実力をつけるという方法もあったかもしれないし、トップランクに頼んで海外遠征をするというプランだってあっても良かったはずだ。最も、日本人選手が対戦を拒否していたのか、それともミドル級で戦える選手がいなかったというのなら話は別になるのだが。

 結局、村田が果たして強いのか弱いのか、客観的に見て解りづらいというのも難点だ。むしろプロでの経験を積んできた中で「負けるという恐怖心を感じたことが無い」のではないか。これが3点目だ。  井上尚弥は、田口良一との試合でKOを収めることができなかった。もちろん、彼のテクニックの素晴らしさを味わう試合となったわけだが、井上はきっと、あの試合で田口の意地と油断すれば負けるという恐怖心を味わった気がしてならない。八重樫はプロ7戦目でイーグル京和に顎を折られて判定負けを喫した。ローマン・ゴンサレスにも意地を見せたが敗戦した。だが、その経験や負けるという恐怖心は確実に井上や八重樫を強くしていると私は思う。  西岡利晃はウィラポン・ナコンルアンプロモーションに4回もベルト獲得を阻まれた。そんな中でも、ジョニー・ゴンサレスから強烈なKO勝利を奪ってみせた。長谷川穂積は4回戦時代に2回も判定負けを喫した。それでも、強敵と言われたジェス・マーカを破ってウィラポンに挑み、勝利した。  村田にそれだけの恐怖心を味わった試合があるだろうか。もしかしたらあるのかもしれないが、少なくともそのような試合を私は一度も見たことがない。そう、村田諒太のキャリアで、世界王者になるまでの物語を感じたことがないのだ。淡々と進んでいるだけで、さながらどうすればクリアできるかわかっている、パワプロクンポケットのサクセスのようなものなのだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:
ボクシング
村田諒太

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「続・村田諒太が世界王者になれない3つの理由」へのコメント

普段から
かっこつけた記事ばかりですね。

今回で言えば
1%勝てる理由を掘り下げていれば
一皮剥けた書き手になるでしょう。

こんな記事も読みたい

日本歴代PFPはどうなっているのか?〜村田諒太がGGGに勝てば1位?〜③【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

【プロレス】ありのままで【西の落伍家】

観戦記1290 UFC207 女子バンタム級王座戦 アマンダ・ヌネスvsロンダ・ラウジー【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:636
  • 累計のページビュー:2384462

(12月13日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  3. 羽生結弦「恐怖」
  4. 本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。
  5. 錦織圭「テニスの王子様」
  6. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  7. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  8. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  9. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  10. 続・悪党シメオネの反抗

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss