ボクシングをとっても楽しく見るブログ

矢島直弥「天高く、真っ直ぐに」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「大晦日のRIZINに出たい!」  リング上でも取材でも。彼は声を大にして宣言してきた。RIZINにどうしても出たい。チャンピオンになった今だからこそ、チャンスなのだと。矢島直弥という男は、チャンピオンベルトを獲得した時以上に上へと目指して走り続けている。 「まさかここまで来られるとは思わなかったんですよ」  国際展示場駅近くのコーヒーショップ、兄弟分と語る小川徹選手の試合前。いつも見せる激しい打ち合いとは打って変わって、その表情はとても穏やかだった。 「就活するかどうするかで悩んでいたんです。物は試しだと思ってプロの世界に飛び込んだので。でも、実際にリングに立ってみて歓声を浴びるとすごく気持ちよかったんです」  元々は、好きな女の子に振り向いてもらいたくて始めたというキックボクシング。そんな彼は気がついたらプロになり、日本チャンピオンのベルトを二つも獲得した。周囲からの期待に応えていくうちに「裏切ることができなくなった(笑)」と話す彼が今、なぜRIZINにこだわるのだろうか。プロの格闘家としての譲れないこだわりと、想いを併せて聞いた。

■「全然RIZINに出るの、諦めてないんです」という言葉に裏付けされた向上心。

 10月9日、ディファ有明。矢島は山田航暉と対決した。相手は本場タイでムエタイを学んできた本格志向のムエタイ選手。東南アジアでは草ムエタイや村祭りの試合にも出場して実力を積み上げてきたという。 「10月と11月の試合、ここが大切なんです」と話していた矢島にとって、今まで築き上げてきたスタイルと勢いをぶつけるには絶好の相手だった。試合では火の出るようなパンチの連打を山田に浴びせる。2ラウンドではあわやダウンかと思わせる程の攻撃を浴びせ、圧倒的に優位に立ったように思えた。  しかし、厳しい戦いに揉まれてきたのは何も矢島だけではなかった。そして、その老獪さの前に矢島は最後まで倒すことができないまま0-3で判定負け。大晦日の試合前へ向けて勝利という最大のアピールができずに、彼は悔しい敗戦を喫してしまった。 「『あー!』って思いました。蹴りもカットも、忘れていたから」  後日、彼と話した時に零したのは試合での悔いのように思えた。それでも、多くの観客を喜ばせ、興奮するような戦いをした彼にも大きな拍手が送られていたことは事実であった。 「プロに入ってから、勝って負けての繰り返し。プロになって初めてですよ、3連勝したのは。ぼくのスタイルは前へ前へと行くから、いなされてしまうんです。自分にテクニックがないことは分かっているんです。でも、前へ出ていかないと面白くない。もっと、燃えたいんです」

 燃える。その言葉に彼の格闘家としての矜持を感じた。彼のファイトが惹きつけるのは熱いハートと強い相手を求める渇き。ギラギラした向上心なのだ。強い相手を求めていて、その相手に対しても全てを賭けるかのような熱い戦い。そんな姿に、誰もが共感するのだろう。 「でも、この前の試合で痛感したんですよ。首相撲も大事だなって」  えっ、今更? と驚いた私に、矢島は苦笑いした。首相撲はムエタイにおいてとても重要な役割を持っているテクニックの一つ。ムエタイの試合の3分の2は占めるであろうと言われるとても大事な技である。 「パンチやキックには自信があるんです。だけれど、首相撲を覚えて戦えれば『俺、結構いいところまでいけるんじゃねえの?』って思うんですよ」  すごく単純だが、そのまっすぐな言葉には思わず頷いてしまうしかなかった。あと1週間ほどでモノになるかどうかは正直わからない。贔屓目で見ても、厳しいかも知れない。しかし、これだけは言える。矢島直弥はあの試合に負けてもRIZINを諦めたわけではないのだということを。だからこそもっと強くなりたいのだ。矢島はひたすらに上を見続けている。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

3連敗の琴奨菊関。残り12日間での逆襲に期待したい。【独断と偏見の相撲ランキング】

高砂部屋と、平塚。夏合宿の持つ意味とは?後編【幕下相撲の知られざる世界】

観戦記1228 Krush.70 63kg級王座戦 佐々木大蔵vs岩崎悠斗【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:1071
  • 累計のページビュー:2391588

(12月18日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  3. 羽生結弦「恐怖」
  4. 本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。
  5. 錦織圭「テニスの王子様」
  6. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  7. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  8. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  9. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  10. 続・悪党シメオネの反抗

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss