ボクシングをとっても楽しく見るブログ

磯網栄登くん「一夏の物語」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「お話を聴いてもらっても良いですか?」  一つのLINEに来たメッセージが来たのは、夏の終わりのことだった。それなのに、まだカンカンと照り付ける日差しは未だに夏を終わらせまいとしているようで。だが確実に、秋はゆっくりと近づいていた。  もちろん。そう返答し、残暑の残る昼下がりに阿佐ヶ谷で待ち合わせることにした。待ち合わせの喫茶店で、ぼんやりと熱い夏の甲子園を思い出していた。全く休暇を取ることができなかった夏を振り返り、また次の夏へと想いを馳せていた。 「お待たせしてすみません」  そう言って喫茶店に飛び込んできた声の主。磯網将人さん。以前福島の復興支援で一緒になり、以来一人の友人である。将人さんもまた、一人の高校球児だった。早稲田実業では甲子園にも出場した人物である。将人さんは野球一家の長男で、三兄弟そろって甲子園の土を踏んでいる。  一つ下の弟、遊斗さんは東海大相模で主将を務め、春の選抜高校野球では優勝メンバーの一人。そして、末弟の栄登くん。彼もまた、甲子園の土を踏み、昨夏全国を制覇したメンバーだったのだ。

 東海大相模が優勝して幕を閉じた昨夏の甲子園。優勝候補と呼ばれていた東海大相模が優勝して幕を下ろしたが、ハイレベルで個々の選手たちの能力も高かった。また、試合展開も高校野球の魅力が凝縮されたような、素晴らしい大会だった。  大会を彩った選手たちも印象深い。優勝投手となった小笠原慎之介選手、吉田凌選手を始めに、怪物・清宮幸太郎くんや関東第一のオコエ瑠偉選手、仙台育英の平沢大河選手に山本武白志選手。挙げれば挙げるほどキリがなくなるくらいだ。  U-18のワールドカップが日本で行われたことも、それに拍車をかけた。文字通り野球尽くし。できることなら、観戦に行きたかったくらい。諸事情が重なり観戦に行けなかった夏を悔いながら、世間話をする。それからアイスコーヒーをオーダーし、それが来たのを確認して一口飲んでから、一言目を発する。 「いっつも『兄ちゃん』なんて言って、くっ付いてきていた栄登がなあ……」  物語が、こぼれ始めた。

 磯網三兄弟は、茨城県鹿嶋市の出身。父の俊一さんが少年野球の監督をしていたことも手伝って「サッカー処」でもある鹿嶋の地で野球を始める。そんな栄登くんが将人さんにとって可愛くて仕方なかったのだろう。将人さんは栄登くんが成し遂げた功績を、自分のことのように噛みしめて喜んでいた。 「いっつもくっ付いて歩いてきてね。あんなにちっちゃかった栄登が成し遂げてしまうなんて。分かります?」  顔をほころばせ、私にそれを訊ねる。あいにく、私の家族はスポーツ一家というわけでは無く、何かを通して大きな喜びや感動を享受した経験が少ない。ただ、きょうだいが何かを成し遂げることの喜びを噛みしめたい気持ち。それだけは、分かる気がした。  将人さんと栄登くんは学年にして5学年離れている。シニアチームのキャプテンとして活躍し、野球留学で早実へと進学した兄の姿を見て、憧れと尊敬の念が増して行ったのだろう。 「地元に帰ってくると、いつも『練習に付き合って』ってお願いして来たんですよ」  自慢の大好きな兄に練習を手伝ってもらう。それも彼にとっては誇りであり、楽しみであったのかもしれない。だからこそ、彼も懸命に練習し、兄たちが通った道である鹿島シニアのキャプテンとなったのではないだろうか。 「何より、俺に似てイケメンでしょ、栄登」  ここまで弟が大好きだと、もう清々しくなってくるほど、将人さんは栄登くんのことを褒めちぎる。それはいかに彼ら自身が、野球に対して真剣に打ち込んできたかということを指し示しているようにも見えた。

「でもね、家族は辛かったと思うんですよ」  将人さんは少し悲しそうな表情で振り返る。鹿嶋から早実の練習グラウンドがある南大沢までは途轍もなく距離があり、遊斗さんや栄登くんが在籍した東海大相模のグラウンドがある相模原となると更に遠くなる。将人さんは大学進学後に野球を辞め、現在は会社員として都内で働き、遊斗さんも野球からは身を引いているのだという。そのような中で、家族がバラバラになりかけた時期もあった。将人さんはその過去を振り返っていた。  本人の希望により、このエピソードを公開することはできないが、磯網家にとってもそれは辛く悲しいことだったのだなと、強く感じた。何よりも家族同士で顔を合わせる時間はどんどん減っていく。それも高校から寮に入れば尚更だ。 「でもね、そんな中で家族を再び繋げたのが栄登だったんです」  将人さんはそう打ち明けた。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
磯網栄登
物語
磯網
高校野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2016年選手権 5日目結果及び6日目予想【野球傍目八目】

2016夏の甲子園 第5日【スポーツ えっせい】

第98回選手権・第5日の3試合【高校野球観戦日記】

高校野球 第1回戦終了 2回戦注目カード【Kaipopo】

ナイスゲーム!!富山第一vs中越を富山目線で振り返る【素人のざれごと ~思いつくまま~】

2016夏の甲子園 第4日【スポーツ えっせい】

第98回選手権・大会第3日の4試合【高校野球観戦日記】

2016夏の甲子園 第3日【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconshushu0611

黒髪のかねろという名前でなんかTwitterを緩くやってます。
野球・サッカー・ボクシングと、感じたことを感じたままにアウトプットできればと。

ボクシングの衰退が気になる今日このごろですが、まあ読んでください。

あんまりTwitterは更新しないかもしれないですが、どうぞよろしく。

Twitter:@Maestrito_pixie

Facebook:https://www.facebook.com/Maestrito.pixie
  • 昨日のページビュー:5395
  • 累計のページビュー:2314931

(10月23日現在)

関連サイト:黒髪のかねろのおもちょぼこ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 村田諒太が世界王者になれない3つの理由
  2. 亀田和毅が山中慎介を倒すことができる3つの理由
  3. 羽生結弦「恐怖」
  4. 錦織圭「テニスの王子様」
  5. 本田明彦帝拳ジム会長の発言は、現場で頑張るトレーナーや選手への最大級の侮辱である。
  6. 日本大学が箱根駅伝で結果を出せない理由
  7. ノバク・ジョコヴィッチ「絶対王者は砕けない」
  8. 亀田興毅のスーパーチャンピオンベルト授与から見る、日本に戻ってくる可能性とメリット
  9. ジョゼップ・グアルディオラ「血も涙もない天才」
  10. 続・悪党シメオネの反抗

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss