no title

2017トップリーグ第2クールの展望について

このエントリーをはてなブックマークに追加

すっかり更新をサボってしまい、今年も残す所あと3ヶ月弱となりました。 RWC2019日本大会までちょうど2年を切りました。 このまま行くと、あっという間に本大会が始まりそうで、嬉しいやら焦るやら、といったところですね。

さて、2019に向けて非常に大事な国内リーグ、「トップリーグ2019」が開幕して、 早くも第4節まで消化しました。 明日からはおよそ1ヶ月にわたり第5節から第9節までの中盤戦がスタートします。 開幕から1ヶ月の1〜4節である程度今期のトップリーグの趨勢は見えてきましたので、 ここまでの簡単なレビューと第5節から9節の見どころ・プレビューをしたいと思います。

<ホワイトカンファレンス> 圧倒的なチーム力でここまで全てボーナスポイントを獲得して4連勝と首位をひた走るパナソニックが、 上位2チームのどちらかに入る、というのは現段階でも間違いないと言っても問題はないでしょう。 それくらい実力は特出しており、まさにトップリーグの「オールブラックス」と言っていいと思います。

そんなパナソニックにホワイトカンファレンスで唯一対抗できそうなのが2位のヤマハ発動機ジュビロ。 第3節、トップリーグ序盤戦の最注目カードとなったサントリー戦では、 セットプレーや個人の圧力で後半終了間際までリードをしていたものの、ラストプレーで逆転され唯一の黒星がついてしまいました。 ただ、サントリーを相手にも存在感を見せつけた超強力なFW陣と五郎丸・ファンデンヒーファーの2枚ロングキッカーでエリアを制する戦い方は、 なんとなくイングランドを彷彿とさせます。 硬いDFと破壊力抜群のセットプレー、接点での圧力など、「局地戦」でプレッシャーをかけられれば、 パナソニックに対しても十分に面白いゲームを展開できそうな気がします。

ホワイトカンファレンスでは、この2チームが実力的に抜けているとみてよいでしょう。 逆に熾烈なのは下位争い。 8チーム中3チームが未だ勝ち星がなく、5位のサニックスもまだ1勝。 上位との対戦が多かったとはいえ、今期大型の補強をしたキヤノンが1勝も挙げられていないのが気がかりです。 SOに田村が加入したものの、やはりラグビーは一人の選手でガラッと変わるわけではない、 チーム力が何よりも重要だということを教えられた気がします。

<レッドカンファレンス> ホワイトカンファレンスとは対照的に、上位から下位までかなり団子状態なのがレッドカンファレンスです。 4連勝は首位のサントリーと2位の神戸製鋼の2チームですが、 正直なところ1位と2位の間には大きな隔たりがあると感じています。

首位のサントリーは前述のヤマハとの注目カードをギリギリで制しましたが、 その他の試合もリコー、NTTコムとタフなカードを乗り越えてきています。 そんな中でも、様々なテストをしながら試合をこなしている印象で、 それでも、ハンドリングエラーやディシプリンは非常に高く、ミスが少ない。 どの選手が出ても一定以上のパフォーマンスを見せており、パナソニックを除く他チームとは大きなポテンシャルの違いを見せつけている印象です。

一方の神戸製鋼も、選手個人個人のポテンシャルは高く、攻撃力も抜群ではあります。 ただ、現状ではまだ上位との対戦がないのに加えて、その試合で見ても非常にミスが多い。 チームとしての完成度がまだ高くないのはサントリーと一緒ではありますが、 目指しているレベルの違いを感じてしまうのは僕だけでしょうか? この第2クールにヤマハ・パナソニックなどといった上位チームとの対戦が予定されているので、 ここが一つの正念場、ということになりそうです。

また、レッドカンファレンスは0勝のチームが一つもなく、 下位チームも熾烈な争いの中にいる状態です。 何より驚きなのが名門東芝が最下位ということ。 選手層は厚いはずなのに、トライを取りきれなず勝ちきれない、という苦しい状態が続いています。 リーチマイケル、メッサムなど、個の力で突破できる選手が数多くいるため、 これがかみ合ってくれば一気に爆発する可能性もあります。 ぜひ名門復活に期待したいところです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
トップリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

‘選手の大型化’を否定する事なかれ【スポーツ えっせい】

2019年以降の日本ラグビーの新たな形【ラグビー日本‼】

応援している人はいる【グラウンドから愛を込めて】

ブロガープロフィール

profile-iconshuji108

ラグビーを中心に野球、ウィンタースポーツ、テニスなど幅広く球技・スポーツを観戦しています。
北海道出身で4歳からアイスホッケーを始め、アイスホッケーは社会人まで続ける。
小・中学生時代はアイスホッケーとともに野球部に入部。
高校3年間は北海道の片田舎の弱小ラグビー部に身を注ぎました。
身の程知らずで日本有数のトップ大学の体育会ラグビー部の門をたたくも2週間で挫折。
以降はラグビーは観戦専門に。
2003年、大学の卒業旅行で3週間近く滞在したオーストラリアで初めてラグビーワールドカップを観戦。
「ブレイブブロッサムズ」と称された日本代表の活躍と、オーストラリアのホスト国としての他国サポーターへの温かい受け入れ態勢に感動し、
以降フランス大会・ニュージーランド大会、イングランド大会と4大会連続で現地観戦。
ラグビーについては応援している特定のチームはありません。
  • 昨日のページビュー:1104
  • 累計のページビュー:10389

(09月23日現在)

関連サイト:S字カーブ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ラグビー日本代表:ルーマニア戦スタメン発表!試合プレビュー
  2. 【ARC】4連勝で優勝はしたけれど……
  3. 【初投稿、よろしくお願いします!】ラグビーW杯2019組み合わせ決定!
  4. 2017トップリーグ第2クールの展望について
  5. 過去データから2019の開幕戦カードを予想してみる
  6. 勝手に今後の日本代表のテストマッチメイクを考える

月別アーカイブ

2017
09
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss