馬券に年間500万投じる”リアル”な週末 by 安置エイジ

【雨の桜花賞馬券】虎は何ゆえ強いと思う?もともと強いからよ、大作戦(4/9阪神)

このエントリーをはてなブックマークに追加

外厩について、少し書く。

主な外厩先…

①ノーザンファームしがらき(ノーザンF系) ②ノーザンファーム天栄(ノーザンF系) ③山元トレセン(社台F系) ④グリーンウッド(ダーレー軍団) ⑤宇治田原優駿S(冠名タガノ、メイショウ) ⑥吉澤スタットW(非社台系) ⑦ビッグレッドF鉾田(マイネル軍団)

2010年にノーザンファームしがらきがオープンして以降、コアなファンからは、”外厩”を制するものが馬券を制するとまで言われている。筆者の持論は、少し違う。

トレンドとして知っておいたほうが良いという程度である。

とはいえ、筆者も外厩はホームページなどで、情報を集めるようにしている。 馬柱に乗る「◯ヶ月休養 リフレッシュ放牧」

これを見ると、なんとなく”緩い”と印を躊躇してしまうことはないか。 筆者は正しい判断だと思う。 どんなにノーザンファームしがらきの調整能力が高くとも在厩のほうが、勝率は高い。

しかしここからがポイント。 ”ノーザンファームしがらき”から立て直された馬の勝率は凡そ10%前後。吉澤スタットウエスト、天栄とつづく。下位ランクの厩舎と比べれば断然高い。

そもそも外厩施設とは、厩舎側に育成のイニシアチブを握らせないことにもある。ウラヨミすれば成績が下位の厩舎で、しがらきや天栄、吉澤SWなどで立て直された馬は”買い”である。逆に上位の厩舎なら在厩が良い。

また外厩については、次の機会にもう少し深く書きたい。

週末の雨が予測される桜花賞。 大阪杯がドシャブリならサトノクラウンはどんな勝ち方をしていただろうか。 それでもキタサンブラックは勝っていたのか。

2014年 安田記念 ジャスタウェイ

同馬に2つの不運がのしかかる。 鞍上福永の騎乗停止、柴田善の乗り替わり。そして雨。不良馬場での開催であった。

ノメるなか、本来のスピードは乗っていかない。ラスト0.5ハロン、外から襲いかかるグランプリボスに1度は差され、絶望的な状況から再度、差し返す。 僅かハナ差で接戦をモノにした。

まさに死闘の 1分36秒8 上がり最速は、37.1秒

2歳新馬なみのタイムであった。 ジャスタウェイは安田記念後、宝塚記念の出走は見送り。凱旋門賞は見せ場なく8着。それ以降、勝利することなく引退した。

今回も、もしあのような馬場となれば… ソウルスターリングが、アドマイヤミヤビが、どのようなパフォーマンスを見せるのか。

天気は時に残酷にうつる。

怪物の試練か、証明か。 雨の桜花賞がスタートする。

⑴ 桜花賞(G1)阪神芝1,600m

【道悪ステイ】

アドマイヤミヤビ ソウルスターリング リスグラシュー ミスエルテ

【道悪マイナス】

ヴゼットジョリー ザロニカ カラクレナイ カワキタエンカ

【道悪プラス】

アエロリット ライジングリーズン ミスパンテール

【道悪ステイ】の4頭は、ジャスタウェイの安田記念と同様、元々の能力に抜けたモノがあり、こなせるというか、それを引き出す勝負根性を出してきそうだ。

【道悪マイナス】周知のとおりディープインパクト産駒。今回は伏兵側へまわったが、道悪での回収値は60%にまで落ちる。ローエングリーン産駒もかなりのマイナス。面白い2頭だが、パフォーマンスは上がらないだろう。

【道悪プラス】アエロリットは、2走前の雨のフェアリーSは、緩めの仕上がりだったものの、馬場を問題にすることなく2着。 そのアエロリットを捲りぎみに押し込んだライジングリーズン。同馬は非社台系で地味な血統×鞍上丸田。勝っても勝ってもフロック視されるタイプで、泥んこ馬場なら単での色気さえ湧いてくる。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
外厩 在厩 雨 桜花賞 ソウルスターリング 怪物 ノーザンファーム包囲網

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

終わってみれば…そうだよな【valderrama】

私的名馬列伝 第六話 フランケル【ホースレース・ロマネスク】

【桜花賞2017予想】出走馬ポジションランク一覧・今週の注目馬をピックアップ!【倉本匠馬の重賞コラム・予想】

ブロガープロフィール

profile-iconshoyan

2017年1月からヤフースポーツナビプラス、twitterで隙間産業的に競馬予想のようなものを展開している。馬券は統計学にロマンを注入する統計学台無し系。人と人との繋がり、馬と人との繋がり。命をかけて走っている競走馬へのリスペクトを忘れずに、生涯最高の趣味として競馬を楽しんでいる。

ライティングを始めた切欠は、【プロ野球死亡遊戯】を読んでから...
枠に囚われず、我流で独自の世界観で書いて書いて書いて、1冊の本を出すこと、それが夢です。
その思いから彼と同じスタート、ヤフースポーツナビプラスを選びました。
twitterアカウントは@anchieijikeiba
  • 昨日のページビュー:1279
  • 累計のページビュー:5309057

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【皐月賞馬券】大一番で勝てる騎手×厩舎力”チョイ抜け”皐月賞(4/16中山)
  2. 【天皇賞春馬券】セレブの強運を妬まない(4/30京都)
  3. 【覚悟の安田記念馬券】デムーロ×ルメール×武豊 買わない大作戦 (6/4東京)
  4. 【日本ダービー馬券】「ペルシアンナイトはベターであるが、ベストではない」(5/28東京)
  5. 【札幌記念 複勝10万勝負】”単勝脳”と”複勝脳”の違い。夏のおみくじ大作戦(8/20札幌)
  6. 【雨の桜花賞馬券】虎は何ゆえ強いと思う?もともと強いからよ、大作戦(4/9阪神)
  7. 【桜花賞馬券】ダレかのソウルスターリング単勝3,000万円ブッコミに悩む筆者(4/9阪神)
  8. 【ラジオNIKKEI CBC賞馬券】500万PV突破 「破産をしたらサヨウナラ」この夏も渾身のREAL(7/2中京福島)
  9. 【皐月賞考察】ファンディーナはファインモーションかウオッカか、トレヴか…バウンスシャッセか(4/16中山)
  10. 【オークス馬券】結局、ダービーでも良かったってくらい”テスコカビる” 藤沢和厩舎重賞100勝目(5/21東京)

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss