馬券に年間500万投じる”リアル”な週末 by 安置エイジ

【フェブラリーS】出戻り男 津村は5年ぶりのチャンスを活かせるか(2/19東京)

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者はNSC吉本養成所にいた。

学校時、庄司智春はナカジという相方とコンビを組んでいた。庄司とナカジはケンカ別れし、その後、品川と組むことになる。ナカジはトクハラとコンビを組む。ナカジとトクハラに頼まれ、筆者は脚本を書くようになるんだが。

中略

15年後、喫茶店で庄司と出くわす。 逃げるように喫茶店を後にする筆者。 昔は普通に話していたのに、努力と継続を怠ったものは、同級生を呼び捨てで呼ぶことさえ、おこがましく感じる。

筆者は馬券をニギニギして叫ぶことしかできない弱者だ。当たってます系のブログは早々に修正して、等身大の自分に戻ろう。

コディーノも僕も瞬間移動はできない。 フェブラリーの続きを書く。

【フェブラリーS】

渇望の先にあるモノ それは「底」か「光」か カフジテイクに津村が騎乗する。

ダート重賞は出走という目標がつきまとう。芝のように下級条件組の重賞挑戦、ローテーションを逆算できる馬は少ない。

今走はエイシンバッケンすら出走できない可能性もあった。そこに答えがあると筆者は確信していた。

超G1級の根岸S 1着 カフジテイク 2着 ベストウォーリア 3着 エイシンバッケン 4着 キングスガード 5着 ニシケンモノノフ

展開がハマったモンドクラッセは掲示板にも乗れず、ベストマッチョはまったく歯が立たなかった。(ベストマッチョは中1週でバレンタインSで好走しており、このレース自体のレベルの高さが伺える。)

なぜ超ハイレベルな前哨戦が生じたのか?

根岸S組で出走が確約されていたのはベストウォーリアくらいで、他の馬は2着でもフェブラリーの出走は際どかった。

あのレースは全騎手「2着はいらない。勝って出走権を」と思っていたはずだ。

根岸Sをステップレースと考えるか 挑戦権獲得レースと考えるか

前者であればカフジテイクは「かなり強い」 後者であれば「底」 全馬上積みなし。

根岸が「底」という解釈であるば、賞金に余裕があった、ゴールドドリーム、モーニン、ノンコノユメということになる。

芝スタート1コーナーマイルという万全のコース適性の中で、整えられたデムーロ、ムーア、ルメール。特にゴールドドリームとモーニンはタイムの裏付けがある。

面白くない。実に面白しろくない。 ブログに書くに値しない。

だが、一転カフジテイク池添から 津村の騎乗が決まった瞬間 自分の馬券スタイルを見つめ直す。 統計学にロマンを注入する統計学ぶちこわし系。そう名乗ってこのブログを立ち上げた。

津村はG1で人気馬に乗ったことが1度ある。 2012年 阪神JF サンブルエミューズだ。 その年は岩田全盛期の時代で、サンブルエミューズは岩田の馬だった。岩田は香港でロードカナロア騎乗のため、サンブルエミューズの騎手は空席となる。

サンブルエミューズ陣営はスミヨンと交渉するも54kgは契約外として交渉は難航し、津村の代打騎乗が決まる。

津村明秀25歳だった。 ローブデサージュの内差しが上手く決まり、クロフネサプライズ、レッドセシリアが大穴をあける。

津村は4枠8番と絶好枠ながら見せ場なく8着。 それからというもの津村がG1で1桁人気馬に乗ったことはない。

それから5年 今回もぎりぎりの騎乗依頼であった。

カフジテイク池添で確定と思っていた筆者は、津村でホームランを見れるなら、オレの1万円くらいくれてやる。というモードに完全スイッチした。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
競馬 予想 統計学 ロマン 安置エイジ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「【フェブラリーS】想いを引き寄せられる代打騎乗 津村明秀(2/19東京)」へのコメント

ご拝読とコメントいただきありがとうございます。

いったんカフジテイクの主戦を外され、主戦の事由によりチャンスがやってきた5年前と今週をあえて代打という表現に統一しました。
読みにくかったら申し訳ありません。本来、騎手の場合は乗替というで記載すべきですね。

【フェブラリーS】想いを引き寄せられる代打騎乗 津村明秀(2/19東京)

津村は代打騎乗ではない。過去4戦のうち3回騎乗して、好成績をあげている(しかもあまり人気になっていない)。
 暴言をやめてくれ、ということだが、誤りは指摘する。

こんな記事も読みたい

【フェブラリーS2017予想】今年はカフジテイク危うし!?狙うは2連覇を果たしたあの馬だ!【倉本匠馬の重賞コラム・予想】

『凄馬出馬表&馬券検討』2/11~2/12の結果(クイーンカップ・共同通信杯)【『ウマニティ』凄馬(スゴウマ)プロジェクト/凄馬出馬表分析&馬券検討】

【シリーズ最強世代・番外編18】1998年クラシック世代【スペシャルウィーク】【レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~】

ブロガープロフィール

profile-iconshoyan

2017年1月からヤフースポーツナビプラス、twitterで隙間産業的に競馬予想のようなものを展開している。馬券は統計学にロマンを注入する統計学台無し系。人と人との繋がり、馬と人との繋がり。命をかけて走っている競走馬へのリスペクトを忘れずに、生涯最高の趣味として競馬を楽しんでいる。

ライティングを始めた切欠は、【プロ野球死亡遊戯】を読んでから...
枠に囚われず、我流で独自の世界観で書いて書いて書いて、1冊の本を出すこと、それが夢です。
その思いから彼と同じスタート、ヤフースポーツナビプラスを選びました。
twitterアカウントは@anchieijikeiba
  • 昨日のページビュー:37328
  • 累計のページビュー:5172790

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【皐月賞馬券】大一番で勝てる騎手×厩舎力”チョイ抜け”皐月賞(4/16中山)
  2. 【天皇賞春馬券】セレブの強運を妬まない(4/30京都)
  3. 【覚悟の安田記念馬券】デムーロ×ルメール×武豊 買わない大作戦 (6/4東京)
  4. 【日本ダービー馬券】「ペルシアンナイトはベターであるが、ベストではない」(5/28東京)
  5. 【雨の桜花賞馬券】虎は何ゆえ強いと思う?もともと強いからよ、大作戦(4/9阪神)
  6. 【札幌記念 複勝10万勝負】”単勝脳”と”複勝脳”の違い。夏のおみくじ大作戦(8/20札幌)
  7. 【桜花賞馬券】ダレかのソウルスターリング単勝3,000万円ブッコミに悩む筆者(4/9阪神)
  8. 【ラジオNIKKEI CBC賞馬券】500万PV突破 「破産をしたらサヨウナラ」この夏も渾身のREAL(7/2中京福島)
  9. 【皐月賞考察】ファンディーナはファインモーションかウオッカか、トレヴか…バウンスシャッセか(4/16中山)
  10. 【オークス馬券】結局、ダービーでも良かったってくらい”テスコカビる” 藤沢和厩舎重賞100勝目(5/21東京)

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss