スコッチを片手に

快挙という言葉では足りない、96年ぶりの偉業!

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本テニス界の歴史がまた一つ塗り替えられました!

まったく、なんという選手でしょう! 錦織選手は、これまで何度も「○十年ぶり」といった快挙を成し遂げてきましたが、これは別格の勝利ですね…

「日の丸を背負うのは楽しかった」という、力強い言葉を残してくれました。

この後に続く日本選手に大きな勇気を与えてくれる勝利だったと思います。

3位決定戦

対戦相手は、Big4 ナダル選手。 怪我明けで、大会前はコンディションが心配されましたが、ここまで、見事な復調ぶりを見せており、ダブルスでは金メダルを獲得していました!

錦織選手、準決勝は、疲労からか精細を欠いた試合でしたので、正直厳しいと思っていました…

しかし、始まってみると、前日とはうってかわって、素晴らしいプレーを量産!

第1セットは、ナダル選手を圧倒しました!

さすがのフィジカルモンスター、ナダル選手も、疲れていましたね… あんなに、ボールを追えない、追わないナダル選手は初めて見ました。 怪我明けで、十分にトレーニングを積めていなかったと思われます。 いつもより、少し筋肉が細く見え、オーラも半分くらいに感じました。

とはいえ、錦織選手のプレーが素晴らしかったことに違いはありません。 今日は、今大会で最もミスが少なく、DTLも気持ちよく決まっていました! あのプレーができれば、Big4とも十分に渡り合えます。

続く第2セットも、2ブレークアップで、5-2とリード。 SFMを迎えます…

しかし、ここからが、ナダル選手。 持ち前のファイティングスピリットを発揮し、連続ブレーク! なんとタイブレークに持ち込まれます…

さすがの錦織選手も、メダルを意識してから、かなり固くなりましたね~ 一度目はご愛敬としても、二度目はいただけなかった…

これに気落ちしてか、タイブレークはあっさりやられてしまいます… この時点で、流れは完全に相手のものとなりましたが、背負った日の丸が、錦織選手の背中を押してくれると信じて応援していました!

両者トイレットブレークをとったあとの第3セット。

なかなか錦織選手が出てきません… もしや、怪我でもしたかと心配しましたが、出てきたあとは何事もなくプレーしていました。

ナダル選手、ちょっと怒っていましたね~ おそらく、気持ちを切り替えるのに時間を要したのでしょう。 確かにあまり誉められた行為ではありませんでしたが、結果として、この「巌流島作戦」は成功しました。

第1ゲーム、体力的にもロングラリーを避けたい思惑もあったか、ナダル選手が攻め急いでミスをする場面が目立ち、錦織選手がキープ!

これで落ち着いた錦織選手が再びペースをつかみます。

そして、第4ゲームでブレークを奪い、力強くガッツポーズ! 見ている方が信じられない展開でした。 正直このあたりのプレーの詳細は覚えていません。 両者の気迫溢れるプレーに、ただ、ただ圧倒されていました…

そして迎えた3度目のSFM この土壇場で、錦織選手、今大会最高のサーブを打ち込みます。 ラスト2ポイントは、いずれもフリーポイント! 最後は、ボディのど真ん中に打ち込まれたボールをナダル選手が処理できず、幕切れとなりました!

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

快挙という言葉では足りない、96年ぶりの偉業!

お返事ありがとうございます。

こちらこそ言葉がきつかったかもしれません。すみませんでした。

主審の方があの時点できちんとした説明をされていればなんの問題もなかったと思うので残念ですね。

NHKの方でも調べて、試合中は無理なら試合後でも事情を説明してもらえたら良かったのですが。

なんにしても、ナダルさんも後で説明を受けて納得しているようなので、問題ないですね。

快挙という言葉では足りない、96年ぶりの偉業!

ご指摘ありがとうございます。

おっしゃる通り、憶測で不用意な物言いをしてしまいました。
錦織選手に対し、深く陳謝いたします。

私が最も言いたかったのは、あの時間でよく気持ちを立て直してくれた、ということです。
あの切り替えが自力でできれば、今後Bigタイトルを手にすることも夢ではありません。

もちろん、意図的にそういうことをする選手ではないことは信じていましたが、待たされたナダル選手もかわいそうでしたので、立て直してくれたうれしさをそのまま表現するのもはばかられたため、あんな表現になってしまいました。

私の表現を不快に感じられた皆様に深くお詫び申し上げます。

快挙という言葉では足りない、96年ぶりの偉業!

圭くんのトイレットブレイクが長かったのは遠いトイレに誘導されたからという事で、圭くんの意思とは関係ありません。昨日のひるおびでも言っていましたが、試合後のプレスカンファレンスで圭くんが「遠い場所から戻ってきた」と言っています。

ひるおびでは、ナダルさんは№1コートのトイレに、圭くんはセンターコートのトイレに連れていかれたという事です。

こういう事は推測では書かないでいただきたいです。ましてやご自身、「ほめられたことではない」とおっしゃっていることをです。

よろしくお願いいたします。

こんな記事も読みたい

リオ五輪 競技9日目:96年ぶりのメダルと54年間のタスキをつなぐメダル【スポーツ えっせい】

【NBA】2016' リオ五輪 8/15 予選A G5 USA○100-97●フランス。#Rio2016 #USABMNT【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

錦織が銅メダル獲得で快挙達成&シンシナティドローを読む。錦織の初戦は予選勝者か54位のフリッツ。【Fight!! Kei NISHIKORI】

ビッグ4の一角ナダルを撃破 3打目UEを3打目攻撃へ リオ五輪3位決定戦【change-the-flow】

ゴルフの祭典@リオ2016〜マット・クーチャーの予言〜【運動科楽からスポーツ再考!!】

錦織 ホッとしたメダル獲得 不満な勝ち方 ナダルを負けが許されない相手に位置づけてくれ!今後2戦でランキングどうなる?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

リオ五輪・卓球女子 団体 日本はドイツに大接戦の末に敗退 3位決定戦で2大会連続のメダルを目指す!【0 to zeroのhorizon】

[リオ五輪]男子サッカー準々決勝 ブラジル、激しく荒れた試合を制し準決勝進出を決めた!【ブラジルサッカーレポート】

ブロガープロフィール

profile-iconshotgun

スポーツと酒をこよなく愛するおっさんです。

元陸上選手(基本短距離、跳躍も少し)でしたので、陸上ネタはもちろんですが、スポーツ全般大好きなので、ジャンルにこだわらずに書いていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:1097
  • 累計のページビュー:2876512

(04月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 祝 全米第4シード確定!
  2. 錦織選手のジョコビッチ化? 見えてきた錦織テニスの完成形!
  3. ドロー展望から見る、錦織選手のウィンブルドン第4シードの可能性
  4. マレーに勝った! ~2016 全米 QF~
  5. ソチへの展望 フィギュアスケート編② 女子:浅田vs.キムヨナ 徹底比較
  6. ソチへの展望 フィギュアスケート編④ 団体戦大胆予想
  7. 2017 全豪 決勝を前に
  8. PCSという不可解な現象
  9. Indian WellsでJ.イズナーを負かした男たち ~並べてわかる勝利の価値~
  10. 何も言えねぇ

月別アーカイブ

2017
04
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
2014
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss