スコッチを片手に

PCSという不可解な現象

このエントリーをはてなブックマークに追加

グランプリシリーズも1/3が終わり、シーズンも盛り上がってきています!

すでに終わった2大会では、意外なドラマが展開されており、書きたいこともたくさんあるのですが、なかなか時間がなく、他のブログの記事を読みながら、いろいろとものを考えておりました。

今回は、これまでずっと書きたいと思っていたPCSについての考察を記事にしたいと思います。 実は、ソチオリンピック直後に一度まとめていたのですが、出すタイミングを失い、そのままになっていたものを焼き直しただけです…

なぜ、今かと言われると、タイミングとしての明確な理由はないのですが、私が以前に「PCSは選手の格付けだ」と発言したことに言及してくださった方がいて、ちょっとうれしくなったことがきっかけです。

さて、本題です。 現行の採点システムが始まった時、私はPSCについてかなり肯定的でした。 これまで芸術点として、わかりにくい基準で採点されていたものが、細分化され、より選手の特徴を明らかにしてくれると思ったからです。

細分化された5項目は

Skating Skills(スケート技術) Transition/Linking Footwork(要素のつなぎ) Performance/Execution(動作/身のこなし) Choreography/Composition(振り付け/構成) Interpretation(曲の解釈)

でした。

特に、スケート技術という、単なる芸術性とは一線を画す項目が加わっている点も斬新でした。1990年以前には、コンパルソリーというスケートの基礎的な技術をみる規定演技が競技にありましたが、それを思い起こさせる、(私にとっては)きらりと光る項目でした。

しかし、ふたを開けてみると、細分化は有名無実化されており、単なる「相場点」に堕していたのです。 これには心底がっかりしました。

どの選手も「つなぎ」の評価が一番低く、「曲の解釈」は点が出やすい傾向にありますが、その差は微々たるものです。

それを端的に示すには、各選手のPCS項目の点数をレーダーグラフにするとわかりやすい、というか、一目瞭然になります。 ソチオリンピックのデータをお示ししましょう。

まずは、浅田選手とソチ五輪のメダリストたちのグラフです。


ごらんのとおり、形がほとんど同じです。コストナー選手だけはやや歪んでいますが、遠目ではあまりわかりません。 トップの選手たちは、すべての項目で高いレベルを達成している、そうとらえられるかもしれません。なにせ、メダリストと浅田選手ですから・・・ しかし、必ずしもそうでないことは他の選手を見れば明らかです。

鈴木選手と村上選手も見てみましょう。


やっぱり同じ形です。形に個性が全く見えません。 二人とも、やっぱりトップ選手じゃないか、とお叱りを受けるかもしれません。 ダメ押しに、五輪女子FSで最もPCSの低かったウコロワ選手のグラフを見ましょう。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

PCSという不可解な現象

虹風 憂璃 さん、コメントありがとうございます。
言葉足らずでした。私の意図していたのは、GOEとPCSのジャッジを分離するということでした。
特にFSなど、あれだけの項目を短時間で一人で採点など不可能に近いと思います。
だから、相場感に頼らざるを得ないのでしょう。
とはいえ、あらゆる採点競技において少なからず相場感は存在します。
モーグルやエアリアル、ハーフパイプやジャンプの飛形点などいずれも似たり寄ったりでしょうが、フィギュアの採点はずば抜けて細かいと思います。
ただ、その細かさがあだになっているというか、細かさが表に見える分、ほんとに基準に則ってつけてるの?と疑問を抱かせてしまうのかな、とも思っています。
シーズン終盤に向けて点が甘くなるのも、商業的意図を感じますが、最低限、一つの大会の中で整合性があればいいのでしょうね。
今季の浅田選手は、むしろ「格付け」システムで恩恵を受ける立場にあると思うので、現状にあまり文句は言えませんが…(笑)

PCSという不可解な現象

tyoroylaさん、コメントありがとうございます。
おほめいただき、恐縮です。
やはり、ソチ以降はその場の出来栄えにより上下する幅が大きくなっている印象です。
競技の公平性を重視すれば、実績点的な扱いはやはり問題があるでしょう。
今季のルール改正といい、PCSの出方といい、クリーンなプログラムへの要求がより強くなっていることは明白だと思います。
ただ、今季はオリンピックから一番遠いシーズンであるため、ルールの要求にもかかわらず、各選手いろいろなチャレンジをしてきている点が見どころでしょうね。
非常に楽しみなシーズンです!

PCSという不可解な現象

こんにちは。
PCSとTESのジャッジは既に分かれていますよ。
というか、テクニカル・パネルが技術点の基礎点となるレベルや回転不足を判定し、
ジャッジはGOEとPCSを判定しています。

個人的には、PCSは「当日の出来」と「格付け」の掛け算といった印象です。
自分が演技を見て受けた印象と、PCSの各項目の差にはそれほど違和感はありません。
(例えばソチのコストナーのフリーでは、「音楽の解釈」に4人が10点満点をつけています)
PCSとTESとの連動も、“ジャンプも演技の要素の一部”という考え方であれば、
転倒があれば点数が多少下がるものと思います。
また、大会が違えばジャッジも違うので、平均点が上がったり下がったりするのも分かります。
シーズン後半に向けてプログラムが磨かれていくので、後半に向けて平均点も上がります。
(シーズン前半では、振付を飛ばしてしまっている選手も多いです。)

しかし分からないのは、滑走順によってPCSが左右されることです。
ソチの浅田はあの演技でも、最終Gの6人と比べるとかなりPCSとGOEが低く抑えられていました。
彼女がせめて最終の1つ前のGで滑っていたら……と思います。
SPの順位が格付けに影響する、SP・FS2つ揃えることを重視する、と考えるしか納得できる案がありません。

「PCSという不可解な現象」へのコメント

いつもながらに鋭い視点で興味深く拝見しました。仰せの通りPCSの定義は曖昧で腑に落ちないもどかしさと何故か惹きつけるものがあるように感じます。
PCSの高い選手ではキムヨナ、バンクーバー後にチャン、羽生と来て、ソチあたりから少しは差が落ち着いている印象です。
でも今回のスケートカナダのチャンと羽生の差には少し驚きました。スコッチさんのいう格付であればそこまで差はつかないと感じたのですが。
でもPCSが積み上げであるというのは非常に納得感があります。それも若手の台頭が著しい現在、ちょっと崩れてきてる気もしますが。いっそのこと過去の実績から持ち点のようなものにするのもアリなような気がします。何れにせよ、競技者、観戦者にとって透明感、納得感のあるものであって欲しいですね。
また興味深い記事をアップ頂けるのを楽しみにしています。

こんな記事も読みたい

ショートプログラムのルール変更の必要性 スケートカナダ男子シングル【フィギュアスケートを楽しく観たいから】

あきらめないという才能 アシュリー・ワグナー スケートカナダ女子シングル【フィギュアスケートを楽しく観たいから】

GPシリーズ第2戦スケートカナダの結果を見て思うこと・羽生チャン両選手のスコアを比べてみる【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

ブロガープロフィール

profile-iconshotgun

スポーツと酒をこよなく愛するおっさんです。

元陸上選手(基本短距離、跳躍も少し)でしたので、陸上ネタはもちろんですが、スポーツ全般大好きなので、ジャンルにこだわらずに書いていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:28
  • 累計のページビュー:3037924

(09月08日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 祝 全米第4シード確定!
  2. 錦織選手のジョコビッチ化? 見えてきた錦織テニスの完成形!
  3. ドロー展望から見る、錦織選手のウィンブルドン第4シードの可能性
  4. マレーに勝った! ~2016 全米 QF~
  5. ソチへの展望 フィギュアスケート編② 女子:浅田vs.キムヨナ 徹底比較
  6. ソチへの展望 フィギュアスケート編④ 団体戦大胆予想
  7. 2017 全豪 決勝を前に
  8. PCSという不可解な現象
  9. Indian WellsでJ.イズナーを負かした男たち ~並べてわかる勝利の価値~
  10. 何も言えねぇ

月別アーカイブ

2017
07
06
04
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
2014
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss