スコッチを片手に

超痛快!大谷翔平の移籍劇。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポナビブログが終了する前に、どうしても書いておきたいネタがあと一つありました。

それが、

大谷翔平選手のメジャー移籍について

です。

この5年、北海道民として、大谷二刀流の挑戦を見守ってきました。

引き止めたい気持ちがおきてもおかしくありませんが、大谷選手は入団当初から、いずれはメジャーに挑戦する意思を示していましたし、球団もそれを承知でドラフト強行指名を断行しましたから、ついにその時がきたか、という感慨はあれど、不思議と寂しい気持ちは希薄です。

何より、日米ともに大ニュースとなった今回の移籍劇。ファンとして、日本人として、何とも痛快な気分を味あわせていただきました!

書きたかったのは、その事です。

どんな点が痛快だったかと言いますと…

痛快ポイント① 「金じゃない」

幸か不幸か、このタイミングでメジャーの他国の若手有望株獲得に関するルールが変わり、大谷選手は大型契約を結ぶことができなくなってしまいました。 とは言え、あと2年待てば、史上最高額かそれに近い契約に至る可能性がありますから、当初この冬の移籍はないのでは、という観測もあったと思われます。

しかし、大谷選手の決断は明快でした。

・自分は、世界一の野球選手になるためにプレーしている。 ・それを証明する場所はメジャー以外にない。 ・メジャーに行くなら、日本で完成してからではなく、未完成の今しかない。

その信念の前に金銭的な問題は何の妨げにもなりませんでした。

この決断に関しては色々な見方があると思います。 メジャー機構や球団の都合で選手の権利が阻害されたという見方もあることは承知しています。 体が資本のプロスポーツ選手。長期の大型契約は保険そのものです。怪我で長期離脱に陥っても、収入が保障されるからです。 それをふいにするのは、リスクが高すぎます。 賢い選択か、と問われればYesとは言いにくいのも確かです。

しかし、 「金じゃない、夢のため」 という「言葉」はありふれていますが、それをこれほどまで雄弁に「行動」で示した例があったでしょうか?

あまりにも眩しすぎます。

「かつてこんな選択をした選手はいなかった」という、メジャー関係者の驚きの言葉が一番素直な反応でしょう。

金にまみれたメジャースポーツ界に大きな波紋を呼んだ、真っ直ぐで爽やかな決断。

実に痛快でした!

痛快ポイント② 「二刀流に対するメジャー側の変化」

「金じゃない」という決断は、大きな副産物を生み出しました。 つまり、ヤンキースのような金満球団だけでなく、メジャー全球団にとって手が届く契約になることで、獲得競争が全く別の様相を呈したのです。

・大谷選手の「夢」を実現させる現実的プランを示さなければ獲得は不可能。 ・その「夢」とは、メジャーでも唯一無二の「二刀流」選手として大成すること。

かくして、当初少なくなかった二刀流に否定的な声はほとんど聞こえなくなったばかりか、各球団が「本気で」二刀流の起用方を検討することになりました。

まさに、一人の選手がメジャーの常識を変えた瞬間でした。

現時点で、投手としての評価の方が高いのは隠れもない事実です。 もし、制度に変更なく、今年ヤンキースと超大型契約をむすんでいたら…

おそらく、1年は二刀流「もどき」でやらせてくれたでしょうが、その後は投手に専念させられた公算が高いと思います。 大谷選手といえど、初年度でバッティングでも説得力のある結果を残すのは難しいでしょうから、それを逆手にとられて説得されてしまうと思います。高額の契約に対する負い目も生じてしまうからです。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

メリフィールドがガトリンに「走り」で圧勝!ショットガンタッチ出場!ビックリ(笑)【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

移転のお知らせ【The Bronx Bombers】

新たなフェーズに入ったことを内外に示したトレード【Rayを釣りたくて】

ブロガープロフィール

profile-iconshotgun

スポーツと酒をこよなく愛するおっさんです。

元陸上選手(基本短距離、跳躍も少し)でしたので、陸上ネタはもちろんですが、スポーツ全般大好きなので、ジャンルにこだわらずに書いていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:139
  • 累計のページビュー:3092161

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 祝 全米第4シード確定!
  2. 錦織選手のジョコビッチ化? 見えてきた錦織テニスの完成形!
  3. ドロー展望から見る、錦織選手のウィンブルドン第4シードの可能性
  4. マレーに勝った! ~2016 全米 QF~
  5. ソチへの展望 フィギュアスケート編② 女子:浅田vs.キムヨナ 徹底比較
  6. ソチへの展望 フィギュアスケート編④ 団体戦大胆予想
  7. 2017 全豪 決勝を前に
  8. PCSという不可解な現象
  9. Indian WellsでJ.イズナーを負かした男たち ~並べてわかる勝利の価値~
  10. 何も言えねぇ

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
07
06
04
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
2014
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss