スコッチを片手に

浅田真央の引退によせて

このエントリーをはてなブックマークに追加

衝撃の発表から一夜。

未だに気持ちの整理がついていませんが、整理のつかぬままに書き進めてみるのも、この場合相応しかろうとも思います。

伊藤みどり時代からフィギュアスケートのファンです。 アジア人のスケートなんて、と馬鹿にされていた時代からずっと見ています。

女子の3A

フィギュアスケートのスポーツとしての側面から見る限り、誰にもまねできない技を持つと言うことは、無条件で賞賛されるべきことです。 もちろん、フィギュアスケートの魅力は、ジャンプだけにとどまるものではなく、総合芸術としてのありかたに基づくものですが、オリンピック種目である以上、スポーツとしての身体的、技術的限界に挑戦することの素晴らしさをもっと評価してほしい・・・ 伊藤みどりから浅田真央に続く系譜を見るにつけ、常々そう思っていました。

芸術は「わかる人にしかわからない」世界です。 pop artもありますが、それも「art」として扱われた瞬間、常人にはわからない「価値」で評価されます。 そんなお高くとまった世界ではなく、誰もが共感できる、努力、克己、それをスケートで見せてくれたのが浅田真央だったと思っています。

トリノ五輪のプレシーズンの衝撃のデビュー 以降、彼女の積み重ねた実績は、史上屈指のものでした。 オリンピックの金メダルこそないものの、歴代の金メダリストに匹敵する、あるいはそれを凌駕する実績と、記憶に残る演技を数々魅せてくれました。

バンクーバーの五輪史上初の3A 3回成功 タラソワの「鬼」プログラム ソチの悲劇のSP後の感動のFS 当初懐疑的だった私の疑念を払拭してくれた復帰後の「挑戦」

どれも思い出すだけで涙腺が緩みます。

ロリー・ニコルの振り付けが彼女の「女性的」な側面を引き出すものであるならば、 タラソワのプログラムは彼女の「男性的」な側面を限界まで引き出すプログラムでした。 どちらも思い入れがあり、感動を与えてもらいました。

何より素晴らしいのは、彼女に関わった全ての人から、彼女の人格を讃える言葉が出ていることです。 努力の人であり、我慢の人であり、気遣いの人であり、自分を曲げない芯の強さを持った人です。

そんな彼女をおとしめる、見識の低い韓流キャスターや総理大臣経験者もいましたが、それでもいやな顔一つせずメディア対応をしていた姿も立派でした。

言いたいこと、書きたいことは山ほどあり、言葉が尽きません。

間違いなく、日本のフィギュアスケート史上屈指の選手であり、おそらく最も人気を博した選手であったと思います。 その期待に応えるべく、努力を怠らなかった、だからこそ悩まされた怪我・・・

彼女を「悲劇のスケーター」と評するメディアもありますが、それは「自分のスケート人生に悔いはない」と言い切った彼女に対する侮辱だと思います。

悲喜交々、だからこそ彼女の頑張る姿に、誰もが何かを感じることが出来たのだと思います。 浅田真央の歩みに一点の曇りもありません。 スケートを愛し、貪欲に上を目指した姿勢は、アスリートの模範でした。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「浅田真央の引退によせて」へのコメント

shotgunさん
フィギュアもカテゴリーに入っていましたよね。今回の真央ちゃんは外せませんね。
私の様なものでも、グランプリ、同ファイナル、日本選手権、世界選手権等、大きな大会は見ていましたので、真央ちゃんにも非常に強い思い入れがあります。今回の引退にいろんなジャンルから非常に多くの声が集まっていました。私の記憶の中では屈指の国民的ヒロインです。
ソチのFSが心のより所になっている。何かあった時に、再生して見ている。という人もいました。
shotgun氏程の知識はありませんが、今回のブログを何度も頷きながら読ませていただきました。
「浅田真央の歩みに一点の曇りのない」
私も、真央ちゃんに、有難う!と言いたいです。

こんな記事も読みたい

浅田真央の引退について【スポーツ えっせい】

もらとりあむ真央ちゃん【黒髪のかねろの整理場所】

真央ちゃん引退で思うこと【専らフィギュアスケート】

ブロガープロフィール

profile-iconshotgun

スポーツと酒をこよなく愛するおっさんです。

元陸上選手(基本短距離、跳躍も少し)でしたので、陸上ネタはもちろんですが、スポーツ全般大好きなので、ジャンルにこだわらずに書いていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:12235
  • 累計のページビュー:2864581

(04月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 祝 全米第4シード確定!
  2. 錦織選手のジョコビッチ化? 見えてきた錦織テニスの完成形!
  3. ドロー展望から見る、錦織選手のウィンブルドン第4シードの可能性
  4. マレーに勝った! ~2016 全米 QF~
  5. ソチへの展望 フィギュアスケート編② 女子:浅田vs.キムヨナ 徹底比較
  6. ソチへの展望 フィギュアスケート編④ 団体戦大胆予想
  7. 2017 全豪 決勝を前に
  8. PCSという不可解な現象
  9. Indian WellsでJ.イズナーを負かした男たち ~並べてわかる勝利の価値~
  10. 何も言えねぇ

月別アーカイブ

2017
04
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
2014
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss