毎日フットボール

ジーコJAPANの評価が低く、ザックJAPANの評価が高いのはおかしい

このエントリーをはてなブックマークに追加

 常々思ってきたことがある。なぜかザッケローニ氏が日本代表監督としての評価が高い。それに比してジーコ氏の代表監督としての評価が低い。これはおかしい。両方低く見るならまだ少しわかる。前の大会でベスト16に入ったチームを次の大会でグループリーグ敗退という結果を招いた。ところがザッケローニ氏の肩を持つ人が多い。不思議で仕方がない。両氏の戦績を比較する。

 アジアカップは両氏とも制した。しかしザックは8/30に就任し1/9にカップ緒戦を迎えている。4か月でザック色をだせたかというと疑問でメンバーも岡田ジャパンと変わりない。WCベスト16の勢いのままアジアを制したといってよい。もちろん交代選手の使い方などザックの功績もあるが、あれをすべてザックのおかげというのは間違いだ。これ以降の戦い方を見る方が公平だろう。

 ジーコ監督は就任2年後当時反日感情渦巻く中国で開催されたアジアカップを制した。しかも決勝はホーム中国、大観衆のブーイングの中での完勝であった。これはジーコのおかげである。

 ザックジャパンは、やっと批判されるようになったが、ホームに大して強くない外国のチームを呼んで勝って満員の観客を喜ばせた。ジーコジャパンは勝つためにアゥェイヨーロッパに出かけ、欧州勢と真剣勝負を繰り返した。2か月後2004にユーロで旋風を巻き起こすネドベド率いるホームのチェコに久保のシュートで勝った試合を私は忘れない。久保の腰さえまともであったらWCの結果も違っただろう。

 他にもジーコは名だたる国と試合をしている。アルゼンチンに3度負け、ドイツにも負けた。しかし強いチームとやれたのはジーコのおかげだと言ってよい。片方はずっとぬるま湯につかり続け、片方はドイツWCに向け、ヨーロッパでの真剣勝負を続けていた。親善試合が9試合、コンフェデ6試合がヨーロッパである。ザックは最初の3年でヨーロッパでの試合は2試合WCシーズンに4試合である。

 そしてワールドカップである。ザックの時のグループはコートジボアール、ギリシャ、コロンビアである。コートジボアール戦前半1点リードするも逆転負け、2戦目のギリシャには相手に前半退場者が出たにも関わらず、1点もとれずドロー、最後はあれほど否定してきたパワープレイを選択するが全く通じなかった。3戦目のコロンビアはもう予選突破を決めていて無理をする必要はなくメンバーを落としてきたが、1-1で迎えた後半ハメスロドリゲスが出てきて軽く3点を取られての敗戦。見るべきものはなく「自分たちのサッカー」と揶揄された。本田中心の「自分たちのサッカー」を今まで続ける元凶がザッケローニ監督である。

 ジーコの時のグループはオーストラリア、クロアチア、ブラジルである。非常に予選突破が難しいグループだ。ブラジルに勝てないことを考えると最初の2戦で1勝1分けが最低ラインである。運命のオーストラリア戦、中村のラッキーなゴールで先制するも逆転負け、この負けでジーコは今でも非難される。しかし、あそこの小野の投入は間違いであったのか。今冷静に考えてみるとオーストラリアの徹底した空中戦に対抗するためにはもう1点取りに行く必要があったのだ。ケネディ、ケーヒルのいるオーストラリアに対し1点を守りきるのは無理だ。そのためジーコは小野を入れた。

 このチームは一枚岩でなかった。レギュラーとベンチに明らかな温度差があり、練習後や試合後のバス移動でテレビに映っているにもかかわらず携帯ゲームをしている選手がいた。規律というものはなかった。でもそれはジーコのせいなのだろうか。ジーコ自身も何度かそうしないように話したという。しかし変わらなかった。しかもその時の不満分子の中心選手は若くしてWCに呼ばれているのだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本代表
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ジーコJAPANの評価が低く、ザックJAPANの評価が高いのはおかしい

ジーコはすべてが終わった段階で、チームづくりの失敗を唐突に日本人のフィジカルに転嫁した。(当時「いやいや、それを言うなら、闘莉王と松田を入れておけよ」と思いましたが…)
それが黄金世代と呼ばれた人材を預かりながら期待を裏切ったことと相まって失望されたのでは?
一方のザックはそうした言い訳をしなかった。
それを両者の評価と言うかはさておき、責任を負うべき立場において、その言動が反発を生むかどうかの違いというのは確実にあると思いますよ。

「ジーコJAPANの評価が低く、ザックJAPANの評価が高いのはおかしい」へのコメント

勝負は結果が全てのところが大きいので、ジーコへの批判も仕方ないと思います。レギュラーと控えの温度差が問題なら、それを解決するのも監督の仕事ですし。ただ本筋とは外れますが、鹿島の繁栄の礎を築き、日本プロサッカーへ多大なる貢献をしたジーコへの尊敬は例え監督の失敗があっても貶されるものではないです。ジーコ批判をしている人にはその視点が欠けている気がします。

ジーコJAPANの評価が低く、ザックJAPANの評価が高いのはおかしい

そうですかね。僕はザックジャパンもジーコジャパンも好きですし、両方好きは人は好き、嫌いな人は嫌いなタイプじゃないですか。
岡田監督も今冷静に思い返すと超有能だったんだなと思いますけどね。

こんな記事も読みたい

「出場試合数」は海外組の評価基準として適切か【常勝紅鹿】

それでも納得いかない決勝だった。【燃えドラ】

【侍青の風】鹿島アントラーズVS日本代表、先発イレブンでガチンコ対決!【サムライブルーの風】

ブロガープロフィール

profile-iconshonan07

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1849875

(06月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 史上最低の監督 ペトロビッチ
  2. J2 2016昇格するチームは J2順位予想
  3. 史上最低の監督 追記
  4. 名古屋 必然の凋落
  5. あなたはそこにいてはいけない 玉田圭司
  6. Jリーグの移籍から順位を予想する
  7. 西村主審の誤審
  8. 火に油を注いでどうするのか Jリーグのキム選手への処分
  9. 納得できない人選 U-22
  10. FC東京 フロントの迷走

月別アーカイブ

2017
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss