毎日フットボール

若手の台頭 J1第1節ガンバvs鹿島

このエントリーをはてなブックマークに追加

 J1第1節ガンバvs鹿島の試合が市立吹田スタジアムで行われた。Jを代表する2チームの戦いだけあって見ごたえのある試合だった。

 ガンバのスタメンにパトリック・宇佐美の名はなく、大森・長沢であった。トップに長沢、2列目に左から大森、アデミウソン、藤本である。ACLを考えてのターンオーバーである。対する鹿島は心配された柴崎がスタメン、金崎も戻り万全の態勢で臨む。CBは昌子、植田である。

 試合はきびきびと動く。両チームとも逆サイドが良く見えていて空いている味方にきちんとパスを繋ぐことができる。しかしガンバに縦への怖さがない。長沢は思ったよりはボールをキープすることができていた。しかし彼にそこから個人技でシュートまで持ち込むことを求めるのは酷である。アデミウソンもパスは出せるが縦への突破はない。藤本も同じである。アデミウソンから藤本に2度決定的なパスが渡るが、藤本は決めることはできない。残念ながら藤本はずっとそういう選手である。

 強い鹿島が帰ってきた。イーブンボールへの執念にすさまじいものを感じた。金崎はまだ鹿島に入って1年と少ししか経っていないのに、鹿島を体現していた。柴崎の調子もよく動きが軽快であった。

 日本のサッカー界に光明が見えた。若手が躍動した。ガンバは井手口、丹羽の負傷により緊急の選手交代であったのに両チームで一番目立っていた。よく動き、相手のボールを奪い、味方に繋ぐ。この前の水原戦でも目立っていたがこの日のできはそのさらに上を行った。川崎で原川が出場できないとなるとU-23のボランチのスタメンが見えてくる。それだけでなく先輩の稲本を越えるボランチとなってほしい。

 鹿島でも井手口と同い年、19才の鈴木優磨が決勝点を決めた。ヒーローインタビューのコメントがまたよい。「点を決める以外なにもできなかったですけど」19才でなかなか言える言葉ではない。吹田スタジアムJ1公式戦初ゴールである。昨年の9月から出場しいい所で決めてきた。可能性を感じられる選手である。

 そして植田直道、鹿島はCBが豊富なのでスタメンの座は危ういとみていたが、相次ぐ負傷で出番が回ってきた。そういう運も選手には大切だ。ただその運を活かすも無駄にするのも自分自身である。植田は見事にそれを活かした。堂々のプレーぶりであった。昨日の植田にはCBとしての風格すら感じた。前に出てのカットも得意のヘディングでも自信をもってプレーし、長沢にプレーさせなかった。この前の予選で完全な自信を持った。若手が成長しはじめると飛躍的に伸びることがある。井手口も植田もそういう時期なのだろう。三竿もわずかであるが出場できた。J1初出場である。これからも使われるだろう。彼もまた井手口たちと同じ1996年生まれ、高卒2年めである。

 残念なことがあった。丹羽の骨折である。前半PAでボールを抑えた時後ろから赤崎に両手で押された。丹羽には見えていなかったのだろう、バランスを崩し鎖骨を骨折した。赤崎に怪我をさせる意図はなかった。汚いプレイではない。しかし簡単な接触でもこういうことは起こる。見えていれば受け身もとれるが真後ろから押したのでこれが起こった。丹羽だからきっと一月もせずにピッチに立っているだろう。それを願う。

 宇佐美は不調を引きずっている。宇佐美はなぜ宇佐美なのか、シュートを決めることができるからである。メッシがシュートを決めなかったらただの選手である。宇佐美も振りがすばやく、ゴールぎりぎりにシュートを決めることができる。今のままの左MFで並みの選手として使うのか、もっとゴールに近い所で宇佐美として使うのか、当然宇佐美は宇佐美として使ってほしい。アデミウソンと宇佐美の絡みをどうするかで今年のガンバの成績は決まる。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ガンバ大阪
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

広島戦〜千里の道も一歩から〜【フロンターレフットボールクレイジーPLUS】

Jリーグボランティアのひとつの考【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

スキを突かれた方が負ける、そんな試合 ~川崎戦レビュー~【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

【侍青の風】ガンバの新スタジアムから「勝て勝て勝て勝てホームやぞ!」が消えた…【サムライブルーの風】

サッカーにビデオ判定は必要か【This is sports】

2015/5/2 J1#9 浦和「兵站の差は実力の差」【継続は力】

どこよりも当たりやすい!2016J1リーグ順位予想~ガンバ大阪編~【キキアシワアタマ】

まさか、こんなに早くガンバが弱点を晒すとは【サッカーバカのブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconshonan07

  • 昨日のページビュー:100
  • 累計のページビュー:1858657

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 史上最低の監督 ペトロビッチ
  2. J2 2016昇格するチームは J2順位予想
  3. 史上最低の監督 追記
  4. 名古屋 必然の凋落
  5. あなたはそこにいてはいけない 玉田圭司
  6. Jリーグの移籍から順位を予想する
  7. 西村主審の誤審
  8. 火に油を注いでどうするのか Jリーグのキム選手への処分
  9. 納得できない人選 U-22
  10. FC東京 フロントの迷走

月別アーカイブ

2017
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss