毎日フットボール

J1 来年の日程 11/3に日程を終了させてはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2週間ぶりにJ1リーグ戦が行われる。ナビスコ決勝があったにせよ、このいい時期に2週間も試合がないとは・・・と思っていたら来シーズンはもっとひどいことになるらしい。今日のスポーツ報知に「来季J1、史上最速11・3閉幕 過密CS回避策も敗退クラブは4か月公式戦なし」とある。    まずこの案が出てきている自体にJの感覚を疑う。どう考えたら11/3に終了なんていう案が出てくるのだろう。確かにチャンピオンシップ、CWC、天皇杯があって日程的に苦しいのはわかる。しかしそれはCSを導入した時からわかっていることなのだ。そして今年の経験を元に来年は改善されると思っていた。

 Jはなんとしてもメガクラブを造りたいらしいが、メガクラブというのは意図的に造るものではない。ましてJは始まって20年少しの歴史の浅いリーグである。百年構想はどうした。百年後を考えるのがJではなかったのか。功を焦ってはいけない。しかももうメガクラブになりそうなクラブはある。すばらしいスタジアムとホームタウンを持つ浦和とガンバ大阪だ。浦和はあのスタジアムに毎試合三万を越える観衆が詰めかける。ガンバの新スタジアムは満員になるのは確実だろう。この2チームを鹿島、広島、東京、マリノスが追うだろう。

 CSのシステムがおかしい。最大5チームとか謳っているから不都合が出る。だいたい1stの優勝と2ndの優勝と年間最大勝ち点と2番目の勝ち点と3番目の勝ち点をもつチームが別々な訳はない。あっさり3チームの戦いにすればよい。1stの優勝と2ndの優勝チームはどちらかが年間最大勝ち点となるだろう。あと1チームはこの2チーム以外の最大勝ち点を得たチームにすればよい。方式は今と同じで最大勝ち点のチーム以外のチームが最初に戦えばよい。そして決勝は最大勝ち点チームのホーム一発勝負でよいのだ。そうすれば8日間ですむ。Jのサポは今でも最大勝ち点チームが優勝でいいと思っている。そう思っていないのはJだけである。

 昨年の最終節は12/6ガンバが徳島にまさかの引き分け、しかし浦和が負け、鹿島も負けて勝ち点1差で優勝が決まった。ACL争いも柏が7連勝し鳥栖を鼻の差で交わし出場権を獲得、残留争いも最終節清水が引き分けて残留を決め、大宮は降格した。最後まで手に汗握る戦いであった。徳島に引き分けたガンバの遠藤が優勝が決まった時に爆発させた喜びの表情を忘れない。十分おもしろかった。それをマスコミが伝えていないだけである。

 今年はどうか。11月にリーグが2試合しかない。ホームの試合がないチームもある。今週末の試合はガンバvs広島もあって盛り上がるが、また2週間空く。ずいぶん間延びする。すべてCSのせいである。プロ野球をまねてCSを作ったのだと思うが、その現状はどうか。最初のうちは人気を呼んだが、日本シリーズの価値が薄れ今やドル箱であった日本シリーズの地上波中継が視聴率10%を切る日もあった。はたしてこれで成功と言えるのだろうか。

 ただ野球はリーグが分かれているのでプレイオフをするのはわかる。アメリカのプロスポーツも多くプレイオフ制を行っているが、広いアメリカではそうせざるをえない面がある。Jの場合一つのリーグでプレイオフをする意味は何か。大義名分がない。おそらくどこかの会社の机上で考えられた案だと思うが、この案にお金の匂いは感じるが、サッカー愛は感じられない。しかもそのせいでリーグ戦が早く終わるのであれば、まったく何をしているかわからない。

 Jも協会もあれほどACLに協力すると言っていたのにやったことは、10月5試合目しかも中3日でガンバに準決勝第2戦を迎えさせる。少なくとも前のリーグ戦をどこかに振りかえれば中10日で大事な試合を迎えることができたのだ。広州恒大は十分な休養を得てこの試合に臨んでいる。また今年もリーグ優勝をした。協会も代表の試合に出さないのにガンバから選手を多く代表に連れて行く。結果ガンバはACLもナビスコも落とした。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
J1
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

J1 来年の日程 11/3に日程を終了させてはいけない

はじめまして。
私が不勉強な事柄があったので是非教えてください。
>Jのサポは今でも最大勝ち点チームが優勝でいいと思っている。そう思っていないのはJだけである。
Jのサポでも、Jでもない人たちは、どう思っているのでしょう?
Jリーグが課題としているのは、誘えば年に1度来るかもしれない、いわゆるライトな方々の取り込みだと理解していたもので。

>広州恒大は十分な休養を得てこの試合に臨んでいる。
ガンバ大阪が中3日で準決勝に臨んだのに対し、広州は準決勝2戦とも中何日だったのでしょう?
優勝したらしいのは日本のメディアが報じていたので知ってます。
リーグの参加チーム数が少ないとどこかで読んだような?

こんな記事も読みたい

最終節まで年間王者はわからないか?【当てtoto】

ファジアーノ岡山ネクストに見るセカンドチームの役割【すべてはファジのため】

ナビスコ杯決勝、ガンバとやりたかった。【No soccer No life!って言うほどではないけれど・・・】

ブロガープロフィール

profile-iconshonan07

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1904684

(12月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 史上最低の監督 ペトロビッチ
  2. J2 2016昇格するチームは J2順位予想
  3. 史上最低の監督 追記
  4. 名古屋 必然の凋落
  5. あなたはそこにいてはいけない 玉田圭司
  6. Jリーグの移籍から順位を予想する
  7. 西村主審の誤審
  8. 火に油を注いでどうするのか Jリーグのキム選手への処分
  9. 納得できない人選 U-22
  10. FC東京 フロントの迷走

月別アーカイブ

2017
11
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss