すき間ベイスターズ

ナゴヤドームと中日ドラゴンズの微妙な一体経営(1) 意外な資本構成

このエントリーをはてなブックマークに追加

谷繁監督の途中休養という衝撃に揺れる中日ドラゴンズ。その背景に経営面の厳しさがありそうだという指摘があったので調べてみることにした。

ドラゴンズでは近年、ベテランや主力選手が去ることはあってもそれに見合う補強はほとんど行われていないことに異論を挟む人はいないだろう。

週刊実話の記事などによれば、球団は落合監督時代から既に赤字で、近年では年間20億円ほどらしい。赤字の要因として、一説40億円とされるナゴヤドームの使用料を指摘する人もいる。しかし、トップが同一人物という、究極の一体経営にも見える(株)中日ドラゴンズと(株)ナゴヤドーム。横浜では黒字化の切り札であった一体化がなぜ名古屋ではそうならないのか。

ただ、ドラゴンズとその関連企業の数字というのは出典の不明なものも多く、その信頼性を検証しつつの分析となるので、脱線が増えることをご容赦いただきたい。

ドラゴンズは中日新聞社の100%子会社か?


今回調べて初めて知ったが、少なくとも2012年3月末時点まで愛知県が中日ドラゴンズ株7.5%を保有していた。次年度以降の県の財務書類附属明細書から消えたが、どこへ譲渡したかは分からない。未公開会社の株をドラゴンズ経営陣の許可のないところへ譲渡することは不可能だから、おそらく中日新聞社だろうとしか言えない。この様子では、他にも中日新聞社が秘密裏にドラゴンズ株を一部他者に譲渡していたとしても誰も気づかないのではとも思う。ただ、出典を明記した以下の記述は発見した。

・中日ドラゴンズ:中日新聞92.5%、愛知県7.5% 市民球団は既存球団とどう違うのか?,市民球団を考える,2005年10月16日


ナゴヤドームは中日新聞社の連結子会社ではない


つぎに、(株)ナゴヤドームの資本構成が不明である。会社は元々ナゴヤ球場を運営していて、設立時に地元の有力企業が出資者に名を連ねている。

現 昭和50年秋、中日新聞、中部日本放送、東海銀行、中部電力、東邦瓦斯、名古屋鐵道、松坂屋、トヨタ自動車工業によりナゴヤ球場が設立。(※注、ナゴヤ球場とナゴヤドームとは別モノである)

「上場企業倒産銘柄集【昭和40年代後半(下)】(了)」掲示板 - 「『倒産』出没注意!喚起会」コミュニティー,みんなの株式 (みんかぶ),2009年08月19日

このうち、中部日本放送だけは数年前まで有価証券報告書に株の保有(5.6%)の記載があった。その後、記載する銘柄選定の基準が変わったため現在まで保有しているかは確認できない。

とはいえ、中日新聞社のサイトにも(株)ナゴヤドームはグループ企業と明記されており、また、オーナーはじめ取締役の多くが中日新聞社の出身であり、強い影響下にあるのは明らかである。

ところで総務省は、マスメディア集中排除原則に基づき、10%を超える放送事業者の議決権を有する者、つまり通常は株主を公表している。

放送事業者名   | 1/10を超える議決権を有する者の氏名又は名称 | 議決権の総数に対する議決権の比率(%)          三重テレビ放送(株) | (株)ナゴヤドーム             | 32.8 地上系放送事業者,総務省 電波利用ホームページ

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ナゴヤドームと中日ドラゴンズの微妙な一体経営
タグ:
三重テレビ放送
愛知県
中部日本放送
中日ドラゴンズ
中日新聞社
ナゴヤドーム

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ナゴヤドームと中日ドラゴンズの微妙な一体経営(1) 意外な資本構成

むしろ、面白いことを教えていただき感謝しています。

>(株)ナゴヤドームはよく分からなかったのですが、筆頭株主は三重放送で、後は中日新聞が主要株主だそ>うで

三重放送というのは三重テレビ放送のことだと思うのですが、そうなると、三重テレビとナゴヤドームが互いに筆頭株主になっていることになります。三重テレビの投資有価証券評価額は総額で5.1億円しかありませんから、中部日本放送を少々上回る程度の筆頭株主ということになります。なんとなくつかめてきました。

「ナゴヤドームと中日ドラゴンズの微妙な一体経営(1) 意外な資本構成」へのコメント

いや申し訳ありません

謄本をとって、所在地を確認し帝黒データバンク等の調査会社に依頼が手順でした

お詫びといっては何ですが、自分も調べたので書かせて頂きます。

中日ドラゴンズは、現在中日新聞の100%出資だそうです。
(株)ナゴヤドームはよく分からなかったのですが、筆頭株主は三重放送で、後は中日新聞が主要株主だそうで

二つの会社ともに、中日新聞出身の白井さんが代表取締役ですから中日新聞の影響力は大きいと思います。

これ位で許して頂けたでしょう(汗)

ナゴヤドームと中日ドラゴンズの微妙な一体経営(1) 意外な資本構成

先ほど試してみたところ、法務省のホームページからの登記簿謄本では株主、出資比率は載っていませんでした。別の方法と混同されていませんでしょうか?

ナゴヤドームと中日ドラゴンズの微妙な一体経営(1) 意外な資本構成

ししゃも様、助言いただきありがとうございます。

余計なんてことはございません。早速調べてみます。

拙いブログですが、今後もお付き合いいただければ幸いです。

こんな記事も読みたい

やることはやらないと【鴎道を行く!】

3日間で2.5ゲーム縮める最高の展開【FF】

8/18対楽天戦(コボスタ宮城)&打てないね。【千葉県旭市生まれのロッテ好き。】

剛裕にやられたら本望だよ。【春夏秋冬ドラ応援】

こういう試合が出来れば来季は明るい・・・かも【燃えよ!ドラゴンズ ~リベンジ!!】

久しぶりだなぁ・・・【中日の優勝を俺は見たい・・・・】

やっと勝ったね【燃えよ!ドラゴンズ ~リベンジ!!】

連敗脱出【春夏秋冬ドラ応援】

ブロガープロフィール

profile-iconshinrin

最古の記憶は、高木豊がライトファールフライでタッチアップした3走をホームで刺したプレイ。長崎の打撃成績を確認するために新聞を読むようになった典型的な横浜大洋世代。90年代は主に草薙球場で郭源治、アライバ、福留、岩瀬を擁する中日との苦戦に耐えていたが、進藤・谷繁・佐伯の3連弾に立ち会えた。特典チケットが計画した日に獲れず観戦の間隔が開きすぎて辛いのが最近の悩み。
  • 昨日のページビュー:153
  • 累計のページビュー:594577

(09月26日現在)

関連サイト:twitter @skimabaystars

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ナゴヤドームと中日ドラゴンズの微妙な一体経営(1) 意外な資本構成
  2. 広島東洋カープの配当推移
  3. 池田ベイスターズ社長、初めてファンクラブ会員数を明かす
  4. ハマスタ2017年1月期決算、まさかの営業減益
  5. ナゴヤドームと中日ドラゴンズの微妙な一体経営(7) 黒幕なき球団赤字
  6. ナゴヤドームと中日ドラゴンズの微妙な一体経営(5) 使用料40億円説の真偽
  7. 絶後にしてほしい大行列
  8. DeNA包囲網を突破せよ
  9. ファイターズの札幌ドーム修繕費年5億円負担というデマ
  10. 筒香のドミニカでのインタビュー

月別アーカイブ

2017
09
07
05
03
2016
12
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss