すき間ベイスターズ

他の人が拾わないすき間ネタを求めていった結果、経済系プロ野球ブログの色が濃くなっています。

shinrin

関連サイト:twitter @skimabaystars

最古の記憶は、高木豊がライトファールフライでタッチアップした3走をホームで刺したプレイ。長崎の打撃成績を確認するために新聞を読むようになった典型的な横浜大洋世代。90年代は主に草薙球場で郭源治、アライバ、福留、岩瀬を擁する中日との もっと見る
  • 昨日のページビュー:99
  • 累計のページビュー:614381
  • (01月15日現在)

最新の記事

CS論議で使われる「ペナントレース優勝の価値」には気をつけよう

まずペナントレース優勝の価値の変化をグラフ化してみた。 縦軸に何のデータを使ったかは後ほど明かす。CSの前身のパ・リーグプレーオフ導入でまずパ・リーグの価値が上がり、セ・リーグはCS導入1年後から追随したことが読み取れる。 しかし、メディアや評論家を始めとする多くの人がこのデータと正反対の主張をしている。 だが、1位が独走して優勝争いへの関心が薄れた場合、3位以下によるCS進出争......続きを読む»

アドバンテージ3勝なら首位チームのCS突破確率は98%

クライマックスシリーズのファイナルステージでリーグ首位チームに与えられる1勝のアドバンテージ。その恩恵はどの程度のものなのだろうか。数学者の芳沢光雄氏は確率を計算して、互角の対戦ならば66%のCS突破確率となることを明らかにした。 今回、この計算を、首位チームの試合勝利確率とアドバンテージの範囲を広げて行ってみた。ご自身でも計算してみたい方は芳沢光雄,プロ野球、リーグ優勝チームがCS戦で負ける確率......続きを読む»

広島東洋カープの配当推移

赤字が当たり前といわれるプロ野球界にあって、じつに42年連続(1975年~)で黒字をたたき出している 日比野恭三,カープの勝敗と商売をめぐるファンとの駆け引き,2017/1/30,VICTORY カープが長年黒字を続けているのなら、配当は実施しているのだろうか。そして、金額はいかほどなのだろう。補強をケチって松田家でおいしい思いをしていたりということは本当にないのだろうか。直接公......続きを読む»

DeNA包囲網を突破せよ

カープを追い越すことが現実的でない状況では、3位のベイスターズを標的として包囲網を張られる心配がある。 阪神、巨人、中日とDeNAの先週の先発投手と9月前半までの対戦カードから、各チームのCS進出戦略を推測する。 阪神 包囲網参加度:低 7/17月 メッセンジャー 7/18火 岩貞 7/19水 小野 7/20木 7/21金 秋山 7/22土 能見 7/23日 メッセンジャー 7/25 横中......続きを読む»

ハマスタ2017年1月期決算、まさかの営業減益

訂正:2017/5/17,2017/5/21 この記事には事実誤認がありましたのでタイトルを変更し、訂正を追記しました。大変申し訳ございません。 営業増収減益の不思議 史上最多の観客動員、クラフトビールのヒットに初のクライマックスシリーズ進出と幸先の良いスタートを切った買収後初のシーズンだが、ハマスタの利益は伸びなかった。 その結果、当連結会計年度の売上高は、球場部門は、プロ野球観客動員......続きを読む»

緩和されていたハマスタ建ぺい率

先日発表された横浜スタジアムの35000人への増席計画。増席したくとも法令の規制で建ぺい率が限界であったはずではと疑問に感じた人もいるだろう。そんな方には、はまれぽの記事をお勧めする。 ちなみに、増設は無理と言われ続けてきたハマスタだが、都市公園法が改正され、建設可能な面積が5%増えた。 横浜スタジアムのスタンドが急勾配なのはどうして?,2011/5/30,はまれぽ.com このよ......続きを読む»

ファイターズの札幌ドーム修繕費年5億円負担というデマ

先日いよいよ親会社の日本ハムが新球場構想の検討に入ることを発表したが、この話題がでるたびに匿名掲示板にコピペされるデマがある。 ★三年前からサッカーの出し入れ式ホバーリングステージ(ピッチ)の大規模修繕含む 『札幌ドーム大規模修繕積立金』年間5億円(札幌ドームも年間5億円の積立) (北海道コンサドーレ札幌は免除) 【野球】日本ハム 頭打ちで伸び悩む観客数とチケット収入… 懐疑的な......続きを読む»

三浦大輔は打たれようが、負けようが格好いい

BAYビアガーデンそばのワゴンで須田のタオルを買った。番長グッズはそこでは当然手に入らない。今日の試合にタオルは欠かせない。試合開始の頃はやや粒がはっきりした雨をしのぐために使っていたが、やがて降り方は弱まり、首に巻くことにする。 序盤から打ち合いになり、試合が進まない。三浦の試合というと抜群のコントロールで9時そこそこで終わるのが魅力だったが、今日はそんなことはどうでもいい。 一点のビハインド......続きを読む»

絶後にしてほしい大行列

記事の焦点が番長の粋な計らいという美談に向くのは仕方がないが、「球場をほぼ1周」はいただけない。  引退試合は当然、「プレミアチケット」と化している。この日から29日ヤクルト戦のチケット販売が開始され、球場をほぼ1周するほどの長蛇の列となった。雨の中、チケットを求めて並んだ約3000人のファンを思いやり三浦が、粋な計らいを敢行。球場の放送設備を使い、自らサプライズメッセージを送った。 ......続きを読む»

池田ベイスターズ社長、初めてファンクラブ会員数を明かす

『空気のつくり方』、著者は池田純横浜DeNAベイスターズ社長、9/11~9/17有隣堂ビジネス書ランキング1位の横浜で話題の本である。 横浜DeNAベイスターズの5年間のグラウンド外での取り組みがよくまとめられていて重宝である。 驚異的な業績改善をなし遂げてきた著者だけあって、随所に成果の数字がちりばめられているが、気になる数字を見つけた。 二〇一〇年の時点で約五〇〇〇人だった会員数......続きを読む»

ナゴヤドームと中日ドラゴンズの微妙な一体経営(8) 恐竜から昇竜へ

中日ドラゴンズの復活のために一番必要なのは、観客動員を回復させることだが、組織上の問題がある。 『ナゴヤドーム 8ゲート 19通路 29列 R321』 Photo by キット / クリエイティブ・コモンズ(表示 - 非営利 - 継承) ナゴヤドームでの試合のチケットを見ると、 主催/中日新聞社 中日ドラゴンズ と書いてある。意味するところは、チケット販売で親会社の関与が深いということだ......続きを読む»

ナゴヤドームと中日ドラゴンズの微妙な一体経営(7) 黒幕なき球団赤字

近年赤字体質と言われる(株)中日ドラゴンズと、そこから使用料を受け取る(株)ナゴヤドーム。両者の各年度の損益を示す。 中日ドラゴンズは1997年のドーム開業後、2001年までは大幅な黒字だった。この時期は活発にFA選手を獲得している。 1994 金村 義明 1998 武田 一浩 2000 川崎 憲次郎 2001 谷繁 元信 2007 和田 一浩 また、2003年11月にはナゴヤ球場敷地に......続きを読む»

森監督以来 16/9/7

「この席はスタンドでビール買えますか」 「はい。全周売りに来ますよ」 一回りほど上と思われる紳士に答えながら、横浜公園内を進んだ。彼は4ゲート、私は2ゲートを目指している。芝生の広場の縁の辺りで、「ああ、あの階段ですか」と、先ほどの道案内の意味が通じたようだ。 「森監督以来ですよ」 巨人出身の監督なんてと憤慨し足が遠のき、当然中畑時代も来なかったという。 今日の先発が今年2試合目の三嶋とエース小......続きを読む»

ナゴヤドームと中日ドラゴンズの微妙な一体経営(6) ドーム使用料の相見積もり

前回記事でドラゴンズのナゴヤドーム使用料として想定しうる範囲を示した。そのグラフを再掲する。 これを他球団と比べる。 ソフトバンク 48億円 ※福岡ドーム買収前 巨人     30億円 日本ハム   13億円 ※使用料など 近鉄      6億円 ※2005年 中日     22億円 ※客単価846円×2,607,500人(1997年の観客動員)        17億円 ※動員200万人以......続きを読む»

ナゴヤドームと中日ドラゴンズの微妙な一体経営(5) 使用料40億円説の真偽

一説年40億円とされる中日ドラゴンズの払うナゴヤドームの使用料だが、出典を示したものが見つけられなかった。なので、別の資料からその真偽を検証することにする。まず、(株)ナゴヤドームの売上の推移を見ていただきたい。 ナゴヤドームのプロ野球部門の売上高は、2001年までは40億円を超えていた。しかし、その後は下回り、2013年には17億円まで落ちている。総売上から見て、2004年以降も40億円を上......続きを読む»

ナゴヤドームと中日ドラゴンズの微妙な一体経営(4) 阪神より横浜に近い一体度

まず、新たな資料に以前の結論と合わないところが出てきたため、訂正をしたい。 今回入手したのは、日本経済新聞社の手によるデータである。1990年から2003年と2012年、2013年の12月の(株)ナゴヤドームの主要株主の記載があった。2000年から2003年は筆頭株主しか記載がないなど、連続したデータは入手できていないが、ナゴヤドームの着工前から直近まで、主要株主の顔ぶれや保有比率はほぼ変わっていな......続きを読む»

ナゴヤドームと中日ドラゴンズの微妙な一体経営(3) ナゴヤドームが中日ドームでないわけ

前回記事で中日新聞社は(株)ナゴヤドームの筆頭株主でないという一見非常識な結論を出し、信じがたいというコメントもいただいた。そこで、なぜそうなったのか歴史をひもといていきたい。 ところで、グループの中核的存在のナゴヤドームに中日の名を冠さないのはなぜだろうか。日本に数個しかないステータスシンボルである。ドナルド・トランプより奥ゆかしいからだけなのだろうか。 実は中日ドームになるチャンスは、ドーム......続きを読む»

ナゴヤドームと中日ドラゴンズの微妙な一体経営(2) 横並びの資本構成

前回記事のコメントを基に調査と検討を加えた結果、(株)ナゴヤドームの資本構成がおぼろげながら見えてきた。どうやら、中日新聞社の持分は5%にも満たないようだ。 (株)ナゴヤドーム    株主:          三重テレビ放送(3.9?~5.4%) ※筆頭株主       中部日本放送(5.6%?) ※テレビとラジオに持分を分割?       東海テレビ放送(3.9%)       東海......続きを読む»

ナゴヤドームと中日ドラゴンズの微妙な一体経営(1) 意外な資本構成

谷繁監督の途中休養という衝撃に揺れる中日ドラゴンズ。その背景に経営面の厳しさがありそうだという指摘があったので調べてみることにした。 ドラゴンズでは近年、ベテランや主力選手が去ることはあってもそれに見合う補強はほとんど行われていないことに異論を挟む人はいないだろう。 週刊実話の記事などによれば、球団は落合監督時代から既に赤字で、近年では年間20億円ほどらしい。赤字の要因として、一説40億円とされ......続きを読む»

得票数のリーグ上位選出へ変更を オールスターファン投票、大量投票に抗うために

大量投票≠組織票 オールスターファン投票で不可解な結果が出ると、中身を吟味もせず、何でも「組織票」と呼びならわしてしまう傾向がある。しかし、現行の仕組みになった2008年以降の事例で、組織として統一した投票を呼び掛けるような動きは見られず、実態と呼び名が離れてしまっている。また、仮に組織からの呼びかけに応じて投票するにしても、それが当人の意思と矛盾しないならば、個人の自由な投票と何ら変わりない。 ......続きを読む»

2016年オールスターファン投票 結果は穏当だが…

今年は当ブログで経過を追い、ホークス勢独占やノミネート外の阪神原口の躍進について分析を加えてきた。最終結果は、ホークス勢5人選出と圧倒するまでは至らず、また、原口も2位に終わった。話題性は落ちたが、全体としては変な騒ぎにならないという意味で良かったと思っている。 とはいえ、最低得票の推移をみると、水面下では危うい動きもあったのではと懸念される。 6/20の最終中間発表後にヤクルトの最低得票が......続きを読む»

原口逃げ切りは可能か? 16年オールスターファン投票最終中間発表から

ひょっとすると、というと失礼か。何しろ最終中間発表でも依然として1位を守り続けているのだから。 2016年6月20日 発表(最終回) 捕手 1 原口 文仁 T 124,378 2 中村 悠平 S 111,836 ファン投票 中間発表,マツダオールスターゲーム2016,NPB.jp 日本野球機構 そうはいっても、まだ当確とはいえない。例年通りなら最終中間までで開く投票用紙というのは半分もい......続きを読む»

止まらないホークス票 オールスターファン投票16/6/13中間発表

ホークス票の独走は一過性ではなかった。前回記事での私の予測は覆されたのだろうか。 ホークスの最低得票の占める比率は1週間前よりやや増加し、勢いは落ちていない。この間の増え方も見てみよう。最低得票の増加の様子を以下にプロットした。 6/9木に、ホークス票が2万の急増をしている。これは紙の開票と考えるのが自然だ。例えばヤフオクドームの票が集中して開かれればこうなっても不思議ではない。......続きを読む»

原口文仁のファン投票選出の夢はかなうか

今年のオールスターファン投票を語るうえで「ノミネート外」は欠かせない。その中心にいるのはいうまでもなく原口文仁である。4月27日にようやく支配下に返り咲いたばかりの選手が旋風を巻き起こしている。 阪神・原口文仁捕手(24)が6日、マツダオールスターゲーム2016(第1戦=7月15日・ヤフオクドーム、第2戦=同16日・横浜スタジアム)のファン投票中間発表で捕手部門1位に立った。このままファン投......続きを読む»

ホークス票の独走は続くのか? 最低得票で見る2016年オールスターファン投票

オールスターファン投票の中間発表が始まった。投票の仕組みに関しては、昨年から変更はないようだ。 現時点で話題となっているのは、ホークス勢がかなりの部門を独占する勢いを見せていることだ。そこで、当ブログで昨年行った各球団の最低得票者を見てみよう。 以下が2016年6月6日までの発表から作成した表である。 最低得票で見てもホークスの突出が目立つ。得票率/観客比率で100%を唯一超え、完全な一人......続きを読む»

UZRの信頼区間を試算してみた

守備指標としてUZR(Ultimate Zone Rating)が日本でも使われるようになってきた。DELTAとデータスタジアムが日本版を発表しているが、歴史の浅さゆえか、その結果の解釈には混乱が生じている。それも当然で、信頼性の検証としては年度間の相関くらいしかない。今回お届けするのは、不完全ながらUZRの信頼区間を求めるおそらく日本初の試みである。 UZRの信頼区間を求めるには、当然UZR自体......続きを読む»

ハマスタ買収反対派の置き土産

先日(株)横浜スタジアムの2016年1月期の有価証券報告書が公表された。ベイスターズ傘下になって初の有価証券報告書が出たわけだが、このこと自体が興味深い。もし、今回の買収で株主が25名未満になっていれば有価証券報告書は出されなかった可能性があった。 実際には、買収後の株主数は130名である。このまま5期末連続で株主数が300名未満であれば提出義務免除の申請が可能になる。よって、あと3回は有価証券報......続きを読む»

セ・リーグ各球団のブルペン疲弊度

混戦の様相が濃いセ・リーグで、ブルペンの投手の調子は重要である。現時点で各チームがどれほど負担をかけているのかを探る。 救援投手の投球回数や球数、連投数を表にまとめた。 ※5/9終了時点。 1試合あたりの投球数を比較すると、最小のDeNAと最大のヤクルトでは約9.4球の差がある。1イニング16球平均とすれば、3連戦で1 2/3イニング強、ヤクルトはリリーフが多く投げていたことになる。 球......続きを読む»

5/1までのOPS、被OPSで見るセ・リーグ戦力

5/1時点で5位まで4.5ゲーム差で最下位を独走しているベイスターズだが、私はまったく悲観していない。他チームと比較して優位な面があり、そうでない面もこれ以上悪くなりようがないからである。以下でOPSと被OPSで各チームの現状を分析して根拠を示したい。 OPSは出塁率と長打率を足したもので、打者の能力を表すよい指標として知られている。チーム打率などがしばしばチーム得点と相関しないことを考えると、現......続きを読む»

須田のストレートを見逃すな

須田幸太の直球勝負が冴えわたっている。 4/19の広島戦では同点の10回表に登板して、打者3人から2三振を奪った。投じた14球がすべてストレートであり、高めで空振りさせ低めで見逃しを奪う、圧巻の投球内容であった。 ここまでの成績もリーグトップに迫る。 登板 :10 (5位タイ、1位11) 投球回:10(9位タイ、1位12 1/3) 奪三振:11(5位タイ、1位12) 防御率:2.70 WHIP ......続きを読む»

1 3

このブログの記事ランキング

  1. ナゴヤドームと中日ドラゴンズの微妙な一体経営(1) 意外な資本構成
  2. 広島東洋カープの配当推移
  3. 池田ベイスターズ社長、初めてファンクラブ会員数を明かす
  4. ハマスタ2017年1月期決算、まさかの営業減益
  5. ナゴヤドームと中日ドラゴンズの微妙な一体経営(7) 黒幕なき球団赤字
  6. ナゴヤドームと中日ドラゴンズの微妙な一体経営(5) 使用料40億円説の真偽
  7. DeNA包囲網を突破せよ
  8. 絶後にしてほしい大行列
  9. ファイターズの札幌ドーム修繕費年5億円負担というデマ
  10. 筒香のドミニカでのインタビュー

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
12
09
07
05
03
2016
12
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
06
05

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss