アルペンスキー撮影記

毎年ヨーロッパアルプスを中心に開催される、アルペンスキーW-CUPの魅力を紹介していきます

shinichiro

関連サイト:Shinichiro Tanaka Photography

私とスキーとの出会いは、日本中がバブルに浮かれていた1980年代の後半でした。 それから20年、アルペンスキーWorld Cupの魅力にはまり毎年ヨーロッパアルプスを転々としながら撮影しています。 冬はほとんどアルペンスキーの もっと見る
  • 昨日のページビュー:171
  • 累計のページビュー:2895214
  • (07月26日現在)

最新の記事

フェリックス・ノイロイターが雪のナイトレースを制す W-CUPキッツビュールSL

フェリックス・ノイロイターが今季SL2勝目、W-CUP通算8勝目をあげました。 昨晩から降り続いた湿った雪が人工雪でかためたコースを覆いつくしました。 非常にスキーがひっかかる上に、右に左にねじれが連続する難易度の高いコースに奇妙なセットをたてることで有名なアンテ・コステリッチが1本目のセッター。 多くの選手が完走することなくピステを去っていきました。 1本目......続きを読む»

湯浅直樹 リハビリ開始

湯浅直樹と会ってきました。 テレビ局やその他の報道関係の取材を一切断っているなか、私と「戦友」にだけ、時間をくれました。 もちろん、断っているのには理由があります。 現状の本人の感覚では、このあとのリハビリでケガが回復し、1ヶ月後のソチのスタートバーの前に立てるようになるとは明確には言えないからです。 心境を聞かれても、リハビリに集中するだけ、今やれることをやるだけで......続きを読む»

湯浅直樹 距骨骨折(ひび)

湯浅直樹の怪我は、非常に深刻なものでした。 右足距骨の骨折(ひびが入っていた)でした。 1月20日、インスブルックの病院で緊急手術となりました。今頃は手術台の上だと思います。 キッツビュールはもちろん、シュラトミングも欠場。 常識的に考えれば、あと1ヶ月後に迫ったソチオリンピックも無理でしょう。 もちろん、出場の可能性はゼロではありませんが。 多くのファンのみなさ......続きを読む»

パンテュロー勝利 皆川賢太郎引退 W-CUPウェンゲンSL

アレクシ・パンテュローが今季初優勝。W-CUP通算5勝目をあげ、一昨日のSC2位に続きウェンゲンの表彰台にあがりました。 今日も気温が高く、コースはすぐに荒れました。1本目でラップのヒルシャーに0.88秒差の7位につけたパンテュロー、2本目でラップタイムをたたき出しての逆転勝利でした。 表彰式後には8位のグランジェ、9位のミシリエ、41番スタートから21位のジュリアン・リ......続きを読む»

パトリック・クン ラウバーホーンレーネン初制覇 W-CUPウェンゲン

30歳の誕生日を一週間前に迎えたばかりのパトリック・クンがウェンゲンDH初優勝。今季ワールドカップ通算2勝目をあげました。 地元の伝統あるラウバーホーンレーネンでの勝利は格別なことでしょう。おめでとうございます! 今日は朝から雲が出て、スタートからフントショフまでは時折、突風が吹き抜けていました。 その風はお昼近くなっても止まず、スタート地点をフントショフの下、ミンチカンテ......続きを読む»

テッド・リゲティSC初優勝 W-CUPウェンゲン

シーズン当初の絶好調が陰を潜めていた年明けのテッド・リゲティ。ボルミオ、アデルボーデンの鬱憤を4戦ぶりに晴らしました。 冒頭の写真は私撮影、上の写真はアレッサンドロ撮影です。 SLではラップのアレクシ・パンテュローに1.22秒も差をつけられましたが、DHで逆転。DHで猛烈な追い上げをみせたスヴィンダルにもSLで3.10秒つけていたのも効きました。 スーパーコンビは昨......続きを読む»

エリック・ゲイがラップ W-CUPウェンゲンDHトレーニングラン

今日も昨日と同じような曇天。 またまた撮影ポジションに迷いましたが、まだ過去に一度しか撮ったことのない場所へ。 レース開始間際になって、そこはだめー!なんて言われやしないかとヒヤヒヤしていましたが、杞憂に終わり、無事に撮影を終えました。 昨日より3秒ほど速くなった今日のラップタイムはエリック・ゲイ。 かっこ良く飛んでくれました。ナイス!笑 下の写真は今朝のインス......続きを読む»

ベルナー・ヘールがラップ W-CUPウェンゲンDH TR.

第84回ラウバーホーンレーネンのトレーニングラン1回目はイタリアのベルナー・へールがラップでした。 今朝は快晴だったウェンゲンですが、昨日の降雪の影響でスタートは1時間遅れで、インスペクションが終わるころには空は雲に覆われ真っ白。 毎年、曇ってしまうと撮影ポジションに非常に迷うのですが、今日はコース前半のRussisprung(ルッシジャンプ)に決めました。 唯一、背景に青......続きを読む»

トレーニングラン中止 W-CUPウェンゲン

ウェンゲンのダウンヒルトレーニングラン1回目は降雪によりキャンセルとなりました。 昨晩から降ったり止んだりしていた雪、今朝も降ったり止んだりで、ウェンゲンは真っ白。 (写真はラウターブルネンの定宿の私の部屋からの風景) 明日は天気予報がいいので、晴れの写真をお届けできると思います。 今晩はオーストリアのフラッハウでナイターレース、女子SLが行われます。 日本時間15......続きを読む»

マルセル・ヒルシャーV 湯浅ほろ苦第一シードデビュー W-CUPアデルボーデン

マルセル・ヒルシャーが今季SL2勝目、ワールドカップ通算22勝目をあげました。 快晴のアデルボーデン、朝はしまったバーンでしたが、陽が射してレースが始まるとすぐに雪面が割れて荒れたコースとなりました。 1本目はマティアス・ハルギンがラップを奪いましたが、2本目で0.47秒差の3位につけていたヒルシャーが逆転。 昨日、コース上に出てきた人とあわや衝突する寸前だったヘン......続きを読む»

湯浅直樹 初の公開ドローで11番を引く

湯浅直樹、自身初の公開ドローで引いたのは11番ゼッケンでした。 2014年1月11日、スイス、アデルボーデンの夜7時30分、ドローが始まりました。 司会者は「Top15はオーストリア4人、スウェーデン3人、イタリア2人、ドイツ2人、フランス、ノルウェー、クロアチア、ー 」と、一拍おいてから「Japan(ヤーパン)」と言いました。 ドローが始まって湯浅は4人目に登場。 ......続きを読む»

ノイロイターGS初優勝 W-CUPアデルボーデン

フェリックス・ノイロイターがGS初優勝、ワールドカップ通算7勝目をあげました。 気温の高いアデルボーデン、コースは念入りにインジェクションを打ち込んで固くつくりあげられていましたが、ワールドカップ選手の強烈なエッジングでまたたくまに荒れていきました。 1本目にラップを奪ったのは「フランスGS部隊の筆頭」、実力者トーマス・ファナラでしたが、ワールドカップ初優勝はならず、昨年12月の......続きを読む»

アデルボーデン到着

アデルボーデンに到着しました。 気温は5度くらいで、暖かいです。プレスセンターから臨むコースに雪はあるのですが、地形がもろに露出していそうで、明日のGSの難易度は例年よりさらにあがっているように思います。 明日土曜はGS。リゲティ、ヒルシャー、パンテュローの「3トップ」がGSの聖地とも言えるアデルボーデンの難斜面でどのような戦いをみせてくれるか、楽しみです。 そしてレース後......続きを読む»

湯浅直樹4位 ノイロイターV W-CUPボルミオ

いよいよ、次戦アデルボーデンSLから湯浅直樹は第一シードに入ります。 日本時間深夜、場所はイタリア、一昨年暮れの3位表彰台のときと同じ「条件」が揃った今夜のボルミオのレース、湯浅直樹は1本目21位から2本目で、もうおなじみとなったラップタイムを2戦連続でたたき出し、4位までジャンプアップしました。 WCSL(ワールドカップスターティングリスト)で今日の50ポイントを加え14位。今......続きを読む»

ミカエラ・シフリン勝利 清澤恵美子の「執念」 W-CUP ボルミオ

みなさま、新年あけましておめでとうございます。2014年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 私は昨年暮れアルタバディアから帰国後、一週間ほど日本食を堪能し、正月三日にミュンヘンに渡りました。 これからの道程はこのブログでもおなじみ、共同通信社の「戦友」とオリンピックが終わるまでほとんどの行動を共にします。単独行動の多い私は心強い限りです。 そして昨日は早速、ミュンヘンから......続きを読む»

ヒルシャー連勝 W-CUPアルタバディアGS

マルセル・ヒルシャーが前戦バルディゼールに続き連勝、W-CUP通算21勝目を挙げました。 GS王者、テッド・リゲティは3位に終わり、2人の間にはアレクシ・パンテュローが入りました。 今日の1本目の撮影ポジションはスタート。 毎年感じますが、私はスタートハウス内に充満している張りつめた緊張感が大好きです。どんなトップ選手でもナーバスになり、自分の普段の滑りを出そうと必死になっ......続きを読む»

エリック・ゲイが勝利 W-CUPヴァルガルディナDH

カナダのエリック・ゲイがヴァルガルディナ初勝利、W-CUP通算4勝目をあげました。 上の写真はマルコ・トラバッティさん撮影です。 昨日までよりは気温も下がり、少し冷えこんで「いつものヴァルガルディナ」程度に寒くなった土曜日のDHレース、 2位には今年2月のシュラトミング世界選手権で膝の靭帯を痛めたノルウェーのケティル・ヤンスルがカムバック、3位にフランスのヨハン・ク......続きを読む»

スヴィンダル2年連続勝利 W-CUPヴァルガルディナSG

「ミスターナイスガイ」こと、アクセル・ルンド・スヴィンダルが昨年に続きここヴァルガルディナSGで勝利。今季3勝、W-CUP通算24勝目をあげました。 今朝は気温も高く、コース上には霧が出てレース開催が危ぶまれましたが、インスペクションが終わるころになると霧もなんとか晴れ、無事にレースは行われました。 少し柔らかめな雪でしたが、それほど多くのコースアウトが出ることなく、実力者が順当......続きを読む»

エリック・ゲイがラップ W-CUPヴァルガルディナDHトレーニングラン

ヴァルガルディナDHトレーニングラン2回目はエリック・ゲイがラップ。2位には昨日のトレーニングランラップのスヴィンダル、3位にマニュエル・オズボーン・パラディスでした。 冒頭の写真は「キャメルジャンプ」を「飛行」するエリック・ゲイ、すぐ上はインスペクション中のスヴィンダル。 晴天率が高く、寒さを強く感じるいつものヴァルガルディナではなく、気温も高めで曇天の一日でした。 ......続きを読む»

シールド姉妹が表彰台 W-CUPクーシュベルSL

姉、マリス・シールドが妹、ベルナデット・シールドを2本目で逆転し、勝利。姉妹で表彰台に上がりました。(下の写真はマルコ撮影です。ちなみに左が姉、右が9歳はなれた妹です) 今日も快晴。程よい硬さの雪と斜度のコースで女子SL第2戦はフランスの高級リゾートスキー場、クーシュベルで行われました。 町中には高級ブランドショップが立ち並び、休暇の過ごし方が優雅なお金持ちの方々の散策に......続きを読む»

マリオ・マット久々の勝利 W-CUPバルディゼールSL

マリオ・マットが2011年3月のクラニスカ・ゴラ以来、久々の勝利。ワールドカップ通算15勝目をあげました。 快晴のバルディゼール、昨日に続き「氷結急斜面」での戦いは、またもや波乱。 SLで圧倒的な強さをみせていた昨日の勝者、マルセル・ヒルシャーがコース中盤過ぎでポールに入れず登りかえし大きくタイムロス。完走者中、最下位で2本目進出ならず1本目で姿を消しました。 写真......続きを読む»

ヒルシャー、氷結の急斜面を制す W-CUPバルディゼールGS

テッド・リゲティ転倒!をタイトルにしたいところでしたが、それはヒルシャーに失礼と思いやめました。 各国のコーチ陣からも「少しやり過ぎじゃない?」という声があがるくらい、今日のコースはカリカリ、ツルツル。 もちろん、コースの端っこの引っかかる雪を探して降りる私たちカメラマンも非常に怖い思いをしながら「決死の覚悟」?笑で撮影ポジションを決めました。 半分くらいのカメラマンは最初......続きを読む»

バルディゼール到着

バルディゼールに到着しました。 昨晩はローザンヌに一泊し、今朝ゆっくりとバルディゼールまで移動。道中、毎年必ず通過する湖が今年はとてもきれいで風情があったので、一枚パチリ。(iPhoneですけど笑) このブログでもおなじみ、私の大切な「戦友」といっしょに男二人で湖畔のこじゃれたレストランでランチもしてしまいました。笑 さて、明日からは伝統のバルディゼール、De La......続きを読む»

ヒルシャー圧勝 湯浅直樹19位 W-CUPレビ

昨日の女子に続き、男子SL開幕戦も昨季のチャンピオン、マルセル・ヒルシャーが制し、ワールドカップ通算19勝目を挙げました。 今日もバーンコンディションは良好。昨日のような強風もスタートよりさらに上部だけに限られ、1本目30位は1.58秒以内とまた僅差の戦いとなりました。 毎度おなじみ?(笑)はらはらドキドキの「湯浅劇場」はシーズン初戦からいきなり「開演」してしまい、ギリギリ30位......続きを読む»

シフリンSL開幕戦制す W-CUPレビ

昨季のスラロームチャンピオン、ミカエラ・ シフリンがSL開幕戦を勝利、ワールドカップ通算5勝目をあげました。シーズンをまたいで昨季最終戦レンツァハイデに続き連勝です。 快晴と言ってもいいレビ。コース状況もよかったのですが、ときおり下から吹き上げる風が強く、すべての選手に公平といえる条件ではありませんでした。 写真は1本目のインスペクション、シフリン。 先頭でインスペクシ......続きを読む»

「テッド・リゲティタイム!」三度(みたび) W-CUP開幕戦セルデン

今年も!テッド・リゲティが勝利。セルデン3年連続Vです。 またまた今年もリゲティタイム!の場内アナウンスで2本目のスタートを切っていったリゲティ、今季も無敵の強さを発揮しそうです。 今日は風が強く、通り道のように吹き抜けるスタート直後の緩斜面をさけ、スタート位置を最初の斜面の変わり目まで下げて行われました。 当初のレースより10旗門少なくなったレースでしたが、その「短縮コー......続きを読む»

ララ・グッド、GS初優勝 W-CUP開幕戦セルデン

快晴と言ってもいい、セルデン開幕戦、2013-14シーズン最初の勝者はララ・グッド。GS初優勝を遂げました。 2009バルディゼール世界選手権で鮮烈なデビューを飾った彼女ですが、その後は大きな怪我でシーズンを休むこともあり、なかなか上位に顔を出すことが少なかったのですが、この勝利で「ララ・グッド復活」ののろしをあげたと言えるでしょう。 ワールドカップ通算は4勝目。SG2勝、DH1......続きを読む»

セルデン着 W-Cup開幕戦

開幕戦の地、セルデンに着きました。 今日は朝9時30分から女子コースオープンの予定でしたが、コース保護のためキャンセルとなりました。 気温は車の寒暖計で4℃。だいぶ暖かく感じます。セルデンの町も昼になって陽がさしてくると、上着は必要ないくらいです。 夏にセルデンのHPでライブカメラを見ていた限りでは、今年はここ近年では最も雪が残っていて、かつ先月末から今月はじめの降雪で心配......続きを読む»

2013-14シーズンいよいよ開幕

またまたしばらくのごぶさたでした。 いよいよ、今週末に2013-14シーズンが開幕しますね! 毎年、「もうシーズンインか、早いなー」と感じますが、年々その感覚は短くなってきています。年齢のせいですかねー笑 今季はオリンピックシーズン。大きなドラマが待っているような気がします。 来月なかばには、フィンランドのレビでSLの開幕戦が行われます。湯浅、明の2人には好スタートを......続きを読む»

聖火 2020東京五輪決定

国立競技場に聖火が灯りました。 日本時間9月8日早朝にブエノスアイレスのIOC総会での、2020年東京五輪開催決定を受け、天皇賜杯第82回日本学生陸上競技対抗選手権大会、通称日本インカレが行われている東京の国立競技場の聖火台に火が入ったのです。 私は陸上の撮影でたまたま現地におり、その聖火を撮影することができました。 (写真は権利の都合上、お見せすることができません。申し訳ありません)......続きを読む»

1 2 3 4 5 6 8 10 11 12 24 25

このブログの記事ランキング

  1. 佐々木明、全日本チームから外れる
  2. 盛夏 男子ヘッドコーチ決定
  3. 湯浅直樹 距骨骨折(ひび)
  4. 湯浅直樹自身最高3位! マドンナ・ディ・カンピリオSL
  5. 日本ダウンヒル復活 FISおんたけDH
  6. 湯浅直樹、自身最高16位でシーズンを終える W-CUP最終戦アスペン
  7. クリストッファーセン今季初勝利 湯浅直樹復活 バルディゼールSL
  8. 湯浅直樹の近未来
  9. 湯浅直樹4位 ノイロイターV W-CUPボルミオ
  10. ノイロイター今季初勝利 W-CUP湯沢苗場

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
07
03
02
01
2016
12
11
10
03
02
01
2015
12
10
07
03
02
01
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
08
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss