アルペンスキー撮影記

毎年ヨーロッパアルプスを中心に開催される、アルペンスキーW-CUPの魅力を紹介していきます

shinichiro

関連サイト:Shinichiro Tanaka Photography

私とスキーとの出会いは、日本中がバブルに浮かれていた1980年代の後半でした。 それから20年、アルペンスキーWorld Cupの魅力にはまり毎年ヨーロッパアルプスを転々としながら撮影しています。 冬はほとんどアルペンスキーの もっと見る
  • 昨日のページビュー:185
  • 累計のページビュー:2907290
  • (09月23日現在)

最新の記事

マティアス・マイヤーがラップ W-CUPウェンゲンDHトレーニングラン

快晴のウェンゲン、第85回ラウバーホーンレーネンのトレーニングラン1回目が行われました。 ラップは昨年2月のソチ五輪金メダリスト、マティアス・マイヤー、2分36秒52でした。 そして、このトレーニングランからボディ・ミラーがワールドカップにカンバック。今日は3.09秒遅れの27位でした。 冒頭の写真は見事な青空をバックにカンバックしたボディのフントショフジャンプ。 レースコース自体はまっ......続きを読む»

ステファノ・グロスW-CUP初優勝 アデルボーデンSL

ステファノ・グロスがワールドカップ初優勝を遂げました。おめでとうございます! 写真は初優勝が決まった瞬間、咆哮するグロス。手前は1本目ラップながら初優勝ならずのフリッツ・ドッファー。 今朝のアデルボーデンは強めの雨。1本目のインスペクションが終わるころには雪に変わりましたが、横殴りの強い雪で視界が悪く、スタートを30分遅らせて1本目は開始されました。 雨が雪になったものの、気温はそれほど下......続きを読む»

マルセル・ヒルシャーまたまた圧勝 W-CUPアデルボーデン

マルセル・ヒルシャーが2位に1.13秒差つけまたまた圧勝。今季6勝目、W-CUP通算29勝目をあげました。 春のような陽気のアデルボーデン、小雨が舞うときもありましたが、レース開始とともにほぼ雨は止み、なんとかレースは無事に行われました。 インジェクションを打ち込んだバーンもさすがに高温には勝てず、雪面硬化剤をまいてのレースとなりました。 コース内もところどころに茶色い土が顔を出していると......続きを読む»

ザグレブ雑感

昨日はザグレブからインスブルック近くの友人宅まで移動してきました。道路に雪はありませんが山はしっかり雪化粧。12月とは違い、しっかりと冬らしくなっていました。 日本女子チーム、といっても長谷川絵美選手と原田彦ヘッドコーチの2人だけですが、男子レースの翌日7日はクロアチアや他国チーム、他国男子選手とともにワールドカップコースで練習を行いました。 今日8日もかたいレースコースで練習する予定で、そ......続きを読む»

マルセル・ヒルシャー今季5勝目 W-CUPザグレブ

マルセル・ヒルシャーが2位ノイロイターに0.81秒差をつけ、今季5勝目、W-CUP通算28勝目をあげました。 写真は表彰式、Snow Queen の王冠にガウンでポーズをとるマルセル。 今日のザグレブのレースコース、スリエーメの固さは一昨日にも増していたものの、少し気温が高く、さらに湿った降雪がコースを覆っていました。 インスペクション時点では濃いガスがコースを覆い、視界が数メートルでした......続きを読む»

成田秀将、石井智也選手も出場エントリー W-CUPザグレブ

明日のSLは湯浅直樹が28番スタート、成田秀将が67番、石井智也が77番で出場エントリーです。 前述のように、成田、石井両選手が出場するのであれば、ぜひとも2本目に残って、ザグレブの観客をわかせて欲しいものです! 追記:成田、石井両選手のエントリーはそれのみで出場せず、明日出場は湯浅のみ、28番スタートです。 ...続きを読む»

ミカエラ・シフリン2015初レース圧勝 W-CUPザグレブ

快晴のザグレブ、2015年最初のレースはミカエラ・シフリンが2位を1.68秒引き離す圧勝で今季3勝目、W-CUP通算12勝目をあげました。 気温はマイナス2℃ほどでしたが、インジェクションがびっしり入ったコースはかたくしまり、エッジの丸いスキーをはいているコース係員の多くが転倒、滑落するほどでした。 さして急でもないスリエーメのコースを腰がひけた係員がこわごわと降りてくるさまはちょっと滑稽で......続きを読む»

ザグレブ到着

新年最初のワールドカップの地、クロアチアのザグレブに到着しました。 東京からの道中、経由したチューリッヒ、ミュンヘン共にけっこうな強めの雨。 空港まわりや滑走路脇には雪があるのですが、夜になって気温が上がったような感じです。 チューリッヒの荷物検査のおばちゃんには 「アフリカに動物でも撮りに行くの?」と聞かれ、 「いえいえ、スキーのワールドカップでザグレブに行くんですよ」と言うと 「あら......続きを読む»

2015年

新年あけましておめでとうございます。 日本も「もういらない!」ってくらい豪雪のところもあるようですが、ヨーロッパも年末に待望の降雪があり、1月のワールドカップ会場はすべて心配のない状況になったようです。 年明け最初のレースは1月4日のザグレブ女子SL。 日本チームは長谷川絵美選手が出場します。 年末のWCSL(スターティングリスト)で長谷川自身が60位内から落ちてしまったことで、国枠の1......続きを読む»

ミカエラ・シフリン今季SL初勝利 W-CUPキュータイ

昨日に続いての降雪に見舞われたキュータイ女子SL第4戦はミカエラ・シフリンが今季SL初勝利、W-CUP通算11勝目をあげました。 日本チーム、長谷川絵美は3.24秒遅れの41位、安藤麻は5.67秒遅れの53位で2本目に進めませんでした。 Giovani撮影の写真です。上が長谷川絵美選手、下が安藤麻選手です。 これで年内のワールドカップは全て終了しました。正月に予定されていたミュンヘンで......続きを読む»

サラ・ヘクターW-CUP初優勝 キュータイGS

センメリングに雪がなく、キュータイに場所を移して行われた女子GS第4戦、優勝は前戦オーレで2位となったサラ・ヘクター、2位にアンナ・フェンニンガー、3位ミカエラ・シフリンでした。 サラ・ヘクターはワールドカップ初優勝、同日行われたサンタカテリナDHの勝者、トラビス・ガノン(アメリカ)もワールドカップ初優勝で、同日「初」でめでたい日となりました。おめでとうございます! 日本チームは新井真季子選手が......続きを読む»

ノイロイター今季初勝利 湯浅直樹14位 W-CUPマドンナ・ディ・カンピリオ

フェリックス・ノイロイターが今季初優勝、W-CUP通算10勝目をあげました。 私の「マドンナの定宿」はいつもフランスチームの定宿なのですが、今回はドイツチームとオーストリアチームのヒルシャー以外の若手数人が同じホテル宿泊でした。 フェリックスは朝8時30分にTシャツ、ジャージ姿で朝食をとり、12時30分に違うTシャツとジャージで昼食をとり、レースで勝って、宿泊することなく23時20分にマドン......続きを読む»

ヒルシャー圧勝 W-CUPアルタバディアGS

マルセル・ヒルシャーがオーレGSから連勝、アルタバディアも昨年から連勝、今季通算4勝目をあげました。 2位のテッド・リゲティには1.45秒もの大差をつけ、もう手をつけられない強さです! 昨シーズンのテッドと立場が逆になりました。 今日の100ポイントで14位のヤンスルに総合でも70ポイント差に詰めました。明日のマドンナで逆転する可能性も高いです。 滑りの写真はアレッサンドロ・トラパッ......続きを読む»

ケティル・ヤンスル高速系「独走」W-CUPバルガルディナSG

バルガルディナSGはケティル・ヤンスルが今季4勝目、ここまでの高速系レースすべてで1位か2位という「独走」状態継続です。 2位には地元イタリアのドミニク・パリスが昨日に続き表彰台、3位にはベテラン、ハンネス・ライヘルトでした。 昨日の勝者、「ミスターバルガルディナ」スティーブン・ナイマンはコースアウト。得意のコースでの連勝とはなりませんでした。 表彰撮影はアレッサンドロ・トラパッティさ......続きを読む»

スティーブン・ナイマン バルガルディナDH3勝目

おとといのラップ、スティーブン・ナイマンがバルガルディナDH3勝目をあげました。 ワールドカップ3勝はすべてここバルガルディナ。「Mr. Val Gardena」の名を欲しいままにしました! それも3位のドミニク・パリス以下を1.15秒以上置き去りにする圧勝。2位には今季好調のケティル・ヤンスルが0.31秒差で入りました。 冒頭の私の撮っていたところでは、それほどダントツの速さを感じなかっ......続きを読む»

スティーブン・ナイマンがラップ W-CUPバルガルディナ

一昨年の「サスロング」ダウンヒル勝者、スティーブン・ナイマンがトレーニングラン1回目のラップをとりました。 写真はキャメル・ジャンプを飛行するナイマン。50mは飛んでます!! 曇天のバルガルディナ、コース上は少し湿った雪質でしたが、荒れるようなことはなく、無事にトレーニングランを消化できました。 先週一週間、65機の降雪機を昼夜問わず稼働し、なんとか開催にこぎつけたバルガルディナ。 イン......続きを読む»

バルガルディナ到着

イタリア・バルガルディナに到着しました。 昨日はオーレからストックホルム経由でミュンヘン泊。今朝、レンタカーでインスブルックを通過してブレンナー峠を越え、イタリアに入りました。 道中はずっと雨。気温も4℃〜9℃くらいと寒かったオーレに比べればかなり暖かいです。 雪がなく開催が危ぶまれたバルガルディナとアルタバディアは開催可否判断を2度のばし、ようやく日曜日に開催決定を下しました。 ただ、......続きを読む»

ヒルシャー、オーレ連勝

マルセル・ヒルシャーが今季3勝目、W-CUP通算26勝目をあげました。 今季もビーバークリークSGのコースアウトを除くと、すべての出場レースで表彰台にあがる圧倒的な強さをシーズン序盤から続けています。 今日はGSチャンピオンで彼の最大?のライバルであるテッド・リゲティが一昨日のリベンジとばかりに1本目3位に入ってヒルシャーに肉薄しましたが、2本目ゴール前でコースアウト。マルセルを脅かす存在に......続きを読む»

マリア・ピエティラ・ホルムナー勝利 W-CUPオーレSL

今朝の車の気温計はマイナス13℃。 冷え込んだ晴天下(といっても薄暗いですが)、コースも固くしまって好条件でレースは行われました。 地元スウェーデンのマリア・ピエティラ・ホルムナーが2位マゼを0.06秒振り切り、W-CUP通算3勝目をあげました。3位にはハンスドッターも入り、ちょっと観客の少ないゴールエリアも盛り上がり、めでたし、めでたしでした。笑 長谷川絵美は1本目40位で2本目進出......続きを読む»

初の男女GS「ダブルヘッダー」W-CUPオーレ

女子GSと男子GSの「ダブルヘッダー」はやっぱり疲れました。笑 毎年、3月の最終戦は女子GSと男子SLの組み合わせで「ダブルヘッダー」がありますが、選手は多くてもそれぞれ30人なので、「フル」での撮影は初の経験でした。 おまけに男子GSは私にとって「初」のナイター。 ワールドカップ史上でも男子GSのナイター開催は初めてだったかもしれません。 男子GSはマルセル・ヒルシャーが今季2勝目、女......続きを読む»

オーレ到着

スウェーデン、オーレに着きました。 昨晩、ストックホルムの空港に着いたのは夜の10時すぎだったので、ノーベル賞授賞式の雰囲気はまったく感じることなく、そそくさと空港近くのホテルに一泊しました。 ただいま、お昼の1時前。 ちょっと薄暗く、ずっと夕方か早朝かといった感じの12月のオーレです。 下の写真は最寄り空港オスタション着陸直前の景色。くどいようですが、朝の9時30分です。 ゴール近辺......続きを読む»

オーレで男女GSとSL開催

師走に入り東京も朝晩はだいぶ寒さを感じるようになってきました。 先週は男子ビーバークリーク、女子レイクルイーズでワールドカップが行われ、勝者は以下の通りです。 男子DH第2戦 ケティル・ヤンスル(DH2連勝、高速系開幕から3連勝)2位ベアト・フォイツ SG第2戦 ハンネス・ライヘルト 2位ヤンスル 3位パンテュロー GS第2戦 テッド・リゲティ(ビーバークリークGS4連勝) 女子DH第1戦 テ......続きを読む»

長谷川絵美28位 W-CUPアスペンSL

写真撮影はアレッサンドロ・トラパッティさん。 昨日のアメリカ、アスペンでのW-CUP女子SL第2戦、長谷川絵美選手が今季ワールドカップ出場3レース目にして初の順位を残しました。 自身ワールドカップ3度目のポイントゲット。次は20位台の壁を超えることももちろんですが、一戦一戦、確実に2本目に進めるようになってほしいですね。 優勝はベテラン、マリス・シールド。 ニコル・ホスプ。失礼! シフリン......続きを読む»

今週末はアスペン、レイクルイーズでW-CUP 長谷川絵美2本目に進めず

明日からはもう師走ですね。 時の経つのは早いものです。1歳のときに感じる1年の長さを1とすると、年齢分の1づつ時の感覚が短くなっていくそうで。(これは前にもこのブログに書きましたね) 10月末のセルデン、今月中旬のレビと技術系種目は男女とも開幕しましたが、昨日はカナダ・レイクルイーズで男子高速系、ダウンヒルが開幕しました。 2014-15男子ダウンヒル開幕戦の勝者はケティル・ヤンスル。 ......続きを読む»

ヘンリック・クリストファーシェンSL初戦を制す W-CUPレビ

今朝は気温があがってマイナス5℃。昨日の寒さで慣れたせいか寒さをそれほど感じない日曜日となりました。 それでも昨日に続く曇天で、霧も少々。視界の悪いなかでのレースとなりました。 1本目ラップを奪ったのは「いつも通り」、マルセル・ヒルシャー。 それでも2位につけたヘンリック・クリストファーシェンは0.06秒差と僅差でした。 25番スタートの湯浅直樹は昨日も一昨日も滑ることなく、腰の痛みをお......続きを読む»

ティナ・マゼ復活のノロシ W-CUPレビSL

今朝のホテル前の気温計はマイナス11℃。女子SL開幕戦はかじかんだ手を振りながらの撮影となりました。 天気もどんよりと今にも雪が降り出しそうな曇天。薄暗さがさらに寒さを増長してくれました。 1本目ラップを奪ったのは13番スタートのティナ・マゼ。昨季のSL種目別女王ミカエラ・シフリンは1.71秒遅れの14位と思わぬ出遅れとなりました。 滑りの写真はGiovani撮影です。 2本目は小雪......続きを読む»

レビ到着

タラップから降り立つと、気温マイナス15℃。久々にキリットした寒さを感じました。 昨晩はヘルシンキ泊まりで今朝キッティラに空路移動、レビに到着しました。 通年は私の利用したフィンエアーの他に、昔はBlue1という名だったスカンジナビア航空が飛んでいるのですが、なぜか今年はこの時期にキッティラに飛ぶ便はなく、横6席シートの中型?飛行機は満席でした。 太陽の位置が低いので、日中は常に夕方のよう......続きを読む»

マルセル・ヒルシャー、セルデン初V W-CUP開幕戦

「ミスターGS」テッド・リゲティのセルデン4年連続Vはなりませんでした。 昨日とうって変わって快晴の男子開幕戦。昨日のレース後に少し降った雪もきれいに除雪され、ハードバーンが露出した絶好のコンディションとなりました。 1本目でラップタイムを奪ったマルセル・ヒルシャーがそのまま、2本合計で2位のフリッツ・ドッファーに1.58秒もの大差をつけてセルデン初優勝を飾りました。 冒頭の写真は1本目の......続きを読む»

シフリンとフェンニンガーが同タイム優勝 セルデンW-CUP開幕戦

2014-15シーズンの開幕戦は、「またまた」同タイムでミカエラ・シフリンとアンナ・フェンニンガーが優勝しました。 「またまた」というのは、先シーズンのオリンピックでの女子DH同タイム優勝、(ティナ・マゼとドミニク・ジシン)や、同タイム銅メダルなどありましたからね、トップの力の拮抗した戦いは見応えがりました。いや、撮りごたえがありました。 上のゴールで喜ぶアンナの写真はGiovani撮影......続きを読む»

明、「鬼攻め」出版パーティー

昨晩は明の「鬼攻め」出版記念パーティーで銀座に行ってきました。 報知新聞でも報じられています。 佐々木明氏、自伝の内容も攻めた「ガチンコです」 冒頭の写真は、猪谷千春氏との2ショットです。岡部哲也さん、木村公宣さんもお見えになり、豪華なパーティーとなりました。 プレゼントで「〜魂削って〜鬼攻め」にサインを入れていただいたので、これから機内で熟読したいと思います。 思わぬ、あーあのとき実はそ......続きを読む»

1 2 3 4 6 8 9 10 24 25

このブログの記事ランキング

  1. 佐々木明、全日本チームから外れる
  2. 盛夏 男子ヘッドコーチ決定
  3. 湯浅直樹 距骨骨折(ひび)
  4. 湯浅直樹、自身最高16位でシーズンを終える W-CUP最終戦アスペン
  5. 湯浅直樹自身最高3位! マドンナ・ディ・カンピリオSL
  6. 日本ダウンヒル復活 FISおんたけDH
  7. 湯浅直樹の近未来
  8. クリストッファーセン今季初勝利 湯浅直樹復活 バルディゼールSL
  9. 湯浅直樹4位 ノイロイターV W-CUPボルミオ
  10. ノイロイター今季初勝利 W-CUP湯沢苗場

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
09
07
03
02
01
2016
12
11
10
03
02
01
2015
12
10
07
03
02
01
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
08
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss