アルペンスキー撮影記

毎年ヨーロッパアルプスを中心に開催される、アルペンスキーW-CUPの魅力を紹介していきます

shinichiro

関連サイト:Shinichiro Tanaka Photography

私とスキーとの出会いは、日本中がバブルに浮かれていた1980年代の後半でした。 それから20年、アルペンスキーWorld Cupの魅力にはまり毎年ヨーロッパアルプスを転々としながら撮影しています。 冬はほとんどアルペンスキーの もっと見る
  • 昨日のページビュー:185
  • 累計のページビュー:2907290
  • (09月23日現在)

最新の記事

キルデとララがクリスタルトロフィー獲得 W-CUP最終戦サンモリッツSG

天気予報は今日から日曜までずっと晴れ。 その予報とおりに快晴と言っていいサンモリッツ、男女SGが行われました。 注目はララ・グートのタイトル獲得と大混戦の男子SGチャンピオンの行方でした。 女子はゴール時点で2位のララがご覧のように「大丈夫かしら?」ポーズ。笑 撮影はGiovanniです。 18番ビブの彼女のあとにまだ6人いたからですが、ほぼタイトル獲得を確信したようなポーズです。......続きを読む»

ペーター・フィル種目別V W-CUP最終戦サンモリッツDH

今朝は数日前の天気予報とおりに小雪が舞ってました。 それでも夜中に降ったコース上の雪を朝からコース係が懸命に排雪し,なんとか30分遅れで最終戦男女滑降は行われました。 最終戦の勝者は地元スイスのベアト・フォイツとオーストリアのミルヤム・プックナー。 フォイツは4年ぶりのワールドカップ勝利で通算6勝目、プックナーはワールドカップ初優勝でした。 またまた初優勝、おめでとうございます!撮影......続きを読む»

ペーター・フィルがラップ W-CUP最終戦サンモリッツ

曇天下、ときおり強風がふきつけるなか、男女の滑降トレーニングランが行われました。 (写真は青空ですが、こちらの方向だけ「晴天」でした) 男子ラップは種目別トップのペーター・フィル。(スビンダルも同ポイントで現在トップ) 2位にベアト・フォイツ、3位にはクリストフ・インネルホッファーでした。 トップのペーター・フィルをわずか4ポイント差で追いかけるドミニク・パリスはコース前半の大きなバンクの......続きを読む»

コリーヌ・スッターがラップ W-CUP最終戦サンモリッツ

快晴のサンモリッツ、女子滑降トレーニングラン1回目が行われました。 ラップはコリーヌ・スッター。 未だ表彰台の経験はない、21歳の新鋭です。 2011-12シーズンからW杯に出場し、最初は技術系のみでしたが、2013-14シーズンから高速系に「転向」、高速系スペシャリストとしてW杯に参戦しています。 最高位は今季のバルディゼールDHの5位。 100分の1秒差で2位には総合優勝をほぼ決め......続きを読む»

ウェンディー・ホルドナーAC初優勝 W-CUPレンツァハイデ

濃霧のため、SLを先に10時から、SGを13時からに変更して行われた今シーズン最後の女子アルペンコンバインドは地元スイスのウェンディー・ホルドナーが勝利。 今季のストックホルムのシティーイベント、パラレルSLで初優勝していますが、通常のレースではこれがW杯初の勝利でした。 昨日に続いておめでとうございます! 2位にはミヒャエラ・キルヒガッサー、3位にはララ・グートが入りました。 表彰......続きを読む»

コーネリア・フッターW杯初優勝 W-CUPレンツァハイデSG

23歳、オーストリアのコーネリア・フッターがW杯初優勝を遂げました。 少し雲が漂うレンツァハイデでしたが、そこそこ気温も下がり、絶好のコンディションで女子スーパーGは行われました。 フッターは今季目覚ましく頭角を現してきた高速系を得意とする新鋭で、滑降を含めると今季6度表彰台を経験していますが、とうとう今日、7度目のポディウムが自身初の中央に立つ日となりました。 ワールドカップ初優勝おめで......続きを読む»

レンツァハイデ到着

レンツァハイデに到着しました。 車の気温計は4度ながら、ジャケットなくても散歩できるほど暖かい日差しが降り注いでいます。 インスブルック近くのアパートから3時間の移動中、オーストリアのラジオの毎時ちょうどのニュースは 「フクシマ」 と震災後の原発の現状を放送していました。 到着したプレスセンターのおじさんも私をよく覚えていてくれて、 「もう5年だね。あのときは多くのレーサーに画用紙に......続きを読む»

クリスタトロフィーの行方

昨年10月24日にセルデンで開幕した2015-16シーズンのワールドカップも男女ともにそれぞれあと2会場を残すのみとなりました。 男子は10日からノルウェーのクビットフィエールで滑降トレーニングラン開始で、土日でDHとSG。 女子はスイスのレンツァハイデで12,13日にSGとAC(SG+SL)。 そして翌週が最終戦、スイスのサンモリッツです。(DH SG Team戦 GS SL) 今週末......続きを読む»

ヘンリック・クリストッファーセン種目別優勝 W-CUPクラニスカゴラ

その瞬間はある意味、劇的でした。 2本目のゴール時点でラップタイムを奪って後続を待ったヘンリック・クリストッファーセン。 1本目でラップを奪ったマルセル・ヒルシャーが優勝しても、自らが2位になれば初のSL種目別優勝が決まります。 1本目2位につけたベテラン、ジュリアン・リゼルー、昨年の最終戦メリベルでは「一回転前転スタート」で一躍話題をさらいましたが、今日は第1旗門片足通過反則。 そ......続きを読む»

マルセル・ヒルシャーGS種目別優勝 W-CUPクラニスカゴラ

マルセル・ヒルシャーが12月のアルタバディア以来,久々のGS勝利をあげ、最終戦を残して、 2015-16シーズンのGS種目別優勝を決めました。 今朝7時、はらはらと舞い始めた小粒の雪は、結局レースが終わるまで降り続けました。 しかし、ポール脇はしっかり硬くパックされた下地が露出され、昨日よりは好条件の雪面状況でした。 今日のレースは1本目、2本目(スタート位置を下げた短縮コース)ともにラッ......続きを読む»

アレクシ・パンテュローGS4連勝 W-CUPクラニスカゴラ

快晴のクラニスカゴラ、1月末のガルミッシュGSキャンセル分のレースが行われました。 一昨日から降り続いた湿った雪がコースを覆い、多くの箇所で水と雪面硬化剤を撒いてのレースとなりました。 それでも所々は氷のツルッとした場所もあり、スタート直後のボサボサの雪から中間部分の氷やゴール前のグザグザ雪までめまぐるしく状況が変化する難しいコンディションとなりました。 勝者は湯沢苗場、アデルボーデンキャ......続きを読む»

雪のクラニスカ・ゴラ

クラニスカゴラに到着しました。 ここ数年では記憶にないほどの降雪で、コースにも雪はたっぷりのようです。 写真はプレスセンターやキャプテンミーティング会場のあるホテルコンパスのフロント。 明日金曜日はガルミッシュのキャンセル分GS、土曜日にGS、そして日曜にSLです。 3月に入っていよいよ、2015-16シーズンのワールドカップも佳境に突入ですが、一昨日リンゼイ・ボンが今季終了というニュー......続きを読む»

大越龍之介と長谷川絵美優勝 FEC白馬SL

今朝の車の上の降り積もった雪は40cmを軽くオーバーしていました。 日中の天気予報も降雪が心配されましたが、小雪舞う程度で昼前には青空もわずかにのぞき、昨日より冷え込んでマイナス気温下のレースとなりました。 優勝は大越龍之介と長谷川絵美。 掘れたコースでも実力者がしっかりと結果を残しました。 長谷川絵美はしっかりと2連勝を飾って好ポイントも獲得し、明日、ヤスナのワールドカップに向かい......続きを読む»

ドンヒュンと長谷川絵美優勝 FEC白馬SL

閏年、2月最後の日、「べちゃっと」した湿った雪が降る白馬で、ファーイーストカップスラロームが行われました。 優勝は韓国のユン・ドンヒュン選手と長谷川絵美選手。 冒頭の写真は2本目の長谷川絵美。上の写真は1本目、ユン・ドンヒュン。 長谷川は1本目こそ2番手でしたが、2本目逆転で2位に0.90秒つけ、6.62のポイントを獲得。 1本目9位から2本目でジャンプアップし、2位に入った中村舜選......続きを読む»

ノイロイター今季初勝利 W-CUP湯沢苗場

「奇跡は起きるものではない、起こすものである」 とは、スキージャーナル編集部、伊○さんの言葉ですが、たまたま今日の1本目は隣で撮っていたので、冒頭出だしの文に拝借いたしました。笑 上の写真は勝利を決めて観客に挨拶をするフェリックス。 バレンタインデーの今日は一週間前からずっと雨予報でした。 その予報は前日になってもまったく変わらず、そして朝も土砂降り手前の強い雨で、レースキャンセルを......続きを読む»

アレクシ・パンテュロー今季GS初勝利 W-CUP湯沢苗場

今朝、苗場のGSコースに入ったときには、今日のレースのキャンセルも覚悟しました。 冒頭の写真は優勝のアレクシ・パンテュロー。 天気は午後1時から50%の雨予報でしたが、理由はそれではなく、コースの雪はがあまりにもやわらかく、湿っていたのです。 レース途中で公平性があまりにも保てないという理由でキャンセルとなったマリボルの女子SLが頭をよぎっってしまうほどでした。 ゴールでガッツポーズ......続きを読む»

カルロ・ヤンカ今季初優勝 W-CUPチョンソンSG

カルロ・ヤンカが今季初勝利、ワールドカップ通算11勝目をあげました。スイス選手の優勝も今季初です。 昨日の夕方から夜まで降り続いた雪は今朝、すっかりきれいに整備され、マイナス10℃でからっと晴天に恵まれた絶好のレース日和でした。 写真は今季初のスイスチームの「表彰台集合写真」。「Iceman」の異名をとるカルロが笑ってます。笑 スーパーGは毎レース、トレーニングランのない一発勝負なので......続きを読む»

ケティル・ヤンスル、オリンピックコースを制す W-CUPチョンソン

ケティル・ヤンスルが今季ワールドカップ3勝目、通算で13勝目をあげました。 2位にはドミニク・パリス、3位にスティーブン・ナイマンでした。2年後のオリンピックのメダルは誰の手に渡るでしょうか。 記者会見でもナイマンは語っていましたが、チョンソンの雪質は乾燥していて硬く、ビーバークリークのものととてもよく似ているそうです。 私もそう思いますが、人工雪特有の硬さと乾燥で、ワックス選定には研......続きを読む»

ヤンスル再びラップ W-CUPチョンソン 平昌ピョンチャンオリンピックテストイベント

今日は心なしか、暖かく感じたトレーニングラン2回目、またもラップはケティル・ヤンスルでした。 そのヤンスルとゴンドラで乗り合わせたので、またコースの印象を聞いてみたところ、「オッケーだよ、ちょっと短いけどね」と特に不満はなさそうでした。 「雪質はビーバークリークに似ている」とは、毎回高速系のカメラ前走をつとめるハンス・クナウスさん。 アンドリュー・バイブレヒトは「最高時速は120km/hく......続きを読む»

ヤンスルがラップ W-CUPチョンソンDHトレーニングラン 平昌ピョンチャンオリンピックテストイベント

少し雲はあるものの、晴天に恵まれた今日のチョンソン、相変わらず気温はマイナス10℃を下回り、風も昨日より強く吹きつけ、体感温度はそこそこ低いものとなりました。 それでも地元の方々なのか、若いコース係、旗門員の人たちはインスペクション開始の2時間ほど前から旗門横やコース上で待機しながらコースを整備。頭が下がります。ヨーロッパではなかなかこんな光景はありません。 今日のラップはケティル・ヤンスル......続きを読む»

チョンソン着 W-CUPチョンソン 平昌(ピョンチャン)オリンピックテストイベント

快晴のチョンソン、気温はマイナス14℃、絶好のコンディションですが、今日のトレーニングランは昨晩のキャプテンミーティングで中止と決まっていました。 理由は明らかな準備不足。今後の好天も予想されることから無理をせずに第一回トレーニングランは明日に順延されました。 このコースで2年後にピョンチャンオリンピックの男女滑降、スーパーG、アルペンコンバインドが行われます。 誰もが初めてのコースなだけ......続きを読む»

クリストッファーセン4連勝 W-CUPシュラトミング

ヘンリック・クリストッファーセンがアデルボーデン、ウェンゲン、キッツビュール、そして今日のシュラトミングも勝ち、4連勝。破竹の快進撃です。 写真はピエール・マルコ・タッカさん撮影です。 13年連続でシュラトミングに通っていますが、今日は今までにない高温下でのレースとなりました。しっかりとインジェクションは入っていましたが、それも役に立たない暖かさで、相当荒れるレース展開が予想されました。 ......続きを読む»

クリストッファーセン3連勝 W-CUPキッツビュール

ヘンリック・クリストッファーセンが今日も勝ち、アデルボーデン、ウェンゲン、キッツビュールと毎週日曜日に3連勝、今季5勝目、種目別総合争いでも2位のヒルシャーに160ポイントもの差をつけました。 今日のハーネンカムSLコースは前述のように硬くツルツルのバーンに大きなうねりやねじれ、複雑な斜面変化に加え、難易度の高いセットが立ち、1本目は84人中、40人がコースアウトというまさに「サバイバルレース......続きを読む»

ペーター・フィルがシュトライフを制す スビンダル大けが W-CUPキッツビュール

降雪の合間をぬうように、キッツビュールハーネンカムレーネン滑降は予定から1時間遅れ、かつスタート位置をマウスファーレの少し上、本来のスタートから40m下げて行われました。 名物、ゴール前の斜め急斜面のトラバース部分、ハウスベルグカンテに入る前の左ターンでゲオルグ・シュトライトベルガー、ハンネス・ライヘルト、そしてスビンダルまでもがクラッシュ。 シュトライトベルガーとライヘルトはヘリコプター、......続きを読む»

スビンダルSG今季3勝目、パンテュロー3連覇 須貝龍SG+3.61秒 W-CUPキッツビュール

「ヒーロー、ヒーローになるとき、あーあー、それは今ーーー!」 この歌をメロディなし、文字だけでアーティストを言える方は私と同世代かちょっと上の方ですね。 今日、伝統のハーネンカムレーネンのゴールエリアでこの甲斐バンド1978年の曲が高らかに流れました。もちろん、日本語で。 そのなかをシュトライフを滑りきった須貝龍がラップのスビンダルと3.61秒差でゴール。 いま、高速系絶好調のスビンダルに......続きを読む»

マティア・カッセがラップ W-CUPキッツビュール

天候が心配された今日のトレーニングランですが、無事に行われ、47番スタートのマティア・カッセがラップ、2位に同じイタリアのクリストフ・インネルーホッファー、3位が一昨日のラップ、エイドリアン・テオーでした。(ビンセント・クリッケマイヤーは旗門不通過) 今日はハウスベルグカンテのトラバースで撮影しましたが、マティア・カッセの前のナトコ・ズルンチッチ・ディムまで撮ってのんびりと機材をザックにしまっ......続きを読む»

キッツウオッシュ W-CUPキッツビュール

今日の滑降トレーニングラン2回目は昨日、1回目のトレーニングランが完了した時点で中止が決まっていました。 天気予報通りに夜に入って雪が降り、今朝、車の屋根には20cmほどの湿った真っ白な雪がのっていました。 今日はまったく降雪はなく、晴れ間ものぞいていて気温もマイナス2.5℃。おだやかなキッツビュールの「休日」です。 こんな日の「最大のミッション」は冒頭の写真。 そう、Kitzwashで......続きを読む»

エイドリアン・テオーがラップ W-CUPキッツビュールDHトレーニングラン

ヨーロッパも異常な暖冬、雪不足で心配された今季のワールドカップ。 ここキッツビュールもゴール前の急斜面トラバースの名物ハウスベルグカンテに今年も雪がつかないのではと心配されていましたが、なんとか本来のコースでレースは行われそうです。 今朝のレンタカーの気温計はマイナス12.5℃。ウェンゲンに続き、やっとここのところだいぶ冷え込んできました。 今日の滑降トレーニングランのラップはエイドリアン......続きを読む»

ノルウェーAttacking Vikings ウェンゲン征服 W-CUP SL

ヘンリック・クリストッファーセンがSL第5戦ウェンゲンで今季4勝目をあげました。 これでアルペンコンバインド、ダウンヒル、スラロームとすべてノルウェー選手の勝利となりました。 冒頭の写真はマルコ・トラバッティさん撮影の2本目ゴールでゴールマットに激突して乗り上げるクリストッファーセン。 今日も降雪でした。コースはインジェクションがしっかり入って硬くしまっていましたが、レースが進むにつれ、と......続きを読む»

スビンダル、ウェンゲン滑降初制覇 W-CUP

アクセル・ルンド・スビンダルがラウバーホーンレーネンDHを初制覇し、今季6勝目をあげました。 朝から粒の大きな雪が降り続き、7時過ぎにはまだ行われていなかったコース上部のトレーニングランは中止が決定。 この時点でスタート位置はアルペンコンバインドの位置になり、短縮コースでのレースとなりました。 しかし、天気予報は一日中降雪で、今年の滑降は中止もやむなしかと思われました。 それでも毎日降雪......続きを読む»

1 3 5 6 7 8 9 24 25

このブログの記事ランキング

  1. 佐々木明、全日本チームから外れる
  2. 盛夏 男子ヘッドコーチ決定
  3. 湯浅直樹 距骨骨折(ひび)
  4. 湯浅直樹、自身最高16位でシーズンを終える W-CUP最終戦アスペン
  5. 湯浅直樹自身最高3位! マドンナ・ディ・カンピリオSL
  6. 日本ダウンヒル復活 FISおんたけDH
  7. 湯浅直樹の近未来
  8. クリストッファーセン今季初勝利 湯浅直樹復活 バルディゼールSL
  9. 湯浅直樹4位 ノイロイターV W-CUPボルミオ
  10. ノイロイター今季初勝利 W-CUP湯沢苗場

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
09
07
03
02
01
2016
12
11
10
03
02
01
2015
12
10
07
03
02
01
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
08
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss