アルペンスキー撮影記

月別アーカイブ :2017年02月

マルセル・ヒルシャー2個目の金 サンモリッツ世界選手権 男子SL

マルセル・ヒルシャーが今大会2つ目の金メダル、3つ目のメダルを獲得しました。 昨日と同じように真っ青な空、澄み切った空気のサンモリッツ、最終日の男子SLはヒルシャーがその強さを見せつけたレースとなりました。 銀はマニュエル・フェラー、オーストリアのワンツーフィニッシュ、そして銅はフェリックス・ノイロイターでした。 16番、ワールドカップを含めても今季一番若いビブの湯浅直樹は1本目、急斜......続きを読む»

湯浅直樹16番スタート、小山陽平出場ならず サンモリッツ世界選手権 男子SL

念のため、夜6時半から街中で行われるメダルセレモニーとビブドローに行ってきました。 誰か怪我で欠場しないかと期待しましたが、湯浅は登場することなく、クリストッファーセンは3番スタートとなりました。 アパートに戻ってスタートリストを確認すると、湯浅直樹は16番スタート。 小山陽平は残念ながら出場できませんでした。 これから夕食をとって、早めに寝ます。おやすみなさい。 ...続きを読む»

ミカエラ・シフリン3大会連続金 清澤恵美子38位 サンモリッツ世界選手権 女子SL

前回ビーバークリーク、および前々回シュラトミング世界選手権のSL金メダリスト、ミカエラ・シフリンが1本目ラップを奪いました。 今日は快晴のサンモリッツ、気温も程よく冷えています。 私の撮っていた急斜面の入り口3旗門目の左ターンはエッジのかからない選手が多く、ラインが落とされるなか、彼女はしっかりとスキーをグリップさせて滑ってきました。 42番スタートの安藤麻はこの4旗門後の左ターンでポール......続きを読む»

マルセル・ヒルシャー金 小山陽平42位 サンモリッツ世界選手権 男子GS

曇天のサンモリッツ、男子GSを制したのはマルセル・ヒルシャーでした。 2位には22番スタート、オーストリア第4の男、ローランド・ライツインガー、そして銅メダルはラルフ・クリスチャン・ハルゲン。 今季好調のパンテュローをはじめとするフランスGS部隊及び、イタリアGS部隊は一人も表彰台に上がれませんでした。 硬く氷結した箇所もいくつか見られ、幾度もの斜面変化に振られたセット、多くの選手が対......続きを読む»

テッサ・ウオーリー金 安藤麻35位 サンモリッツ世界選手権 女子GS

快晴のサンモリッツ、女子GS1本目は1番スタートのテッサ・ウオーリーがラップをとりました。 2位ソフィア・ゴッジャが+0.48秒 、3位ミカエラ・シフリンが+0.72秒でつけています。 32番スタートの安藤麻は4.13秒遅れの40位で2本目を滑ります。 20位との差は2.10秒で、平昌オリンピック出場選考基準には絶望的なタイム差ではありますが、2本目は自分の納得のいく滑りを見せて欲しいと思......続きを読む»

フランスチームが金 サンモリッツ世界選手権 チームイベント

今日も見事に晴れ渡ったサンモリッツ、チームイベントが行われ、フランスチームが金メダルを獲得しました。 冒頭の写真はアレクシ・パンテュロー。 惜しくも決勝で敗れて銀メダルはスロバキアチーム、銅はスウェーデンチームでした。 スロバキアは準決勝で地元スイスチームを負かす、男女ともに素晴らしい滑りを見せ、スウェーデンのハルギンとミューラーはゴール前緩斜面は両手でフラッグにパンチング逆手で入り、......続きを読む»

ルカ・エルニ、連日地元スイスに金もたらす サンモリッツ世界選手権 男子アルペン複合

昨日の男子滑降ベアト・フォイツに続き、今日の男子コンバインドも地元スイスのルカ・エルニが金メダルを獲得しました。 滑降で30位に滑り込み、回転での1番スタートの有利をフルに活かした形となりましたが、ルカの2番後に滑ったマルセル・ヒルシャーを100分の1秒かわすと、ゴールエリアは大歓声。 もうその時点で勝ったような騒ぎでした。 もちろん、ルカ自身初の世界選手権金メダル。 ワールカップでも過......続きを読む»

ベアト・フォイツとイリカ・ステューエックが金 サンモリッツ世界選手権 滑降

ベアト・ファイツが前回ビーバークリーク世界選手権銅メダルに続き、地元スイス、サンモリッツで滑降金メダルを獲得しました。 女子の後、13時30分から行われた男子滑降はコース上部が霧のため、コンビ滑降のスタート位置まで下げて行われました。 この男子滑降コースの名物、フリーフォールと呼ばれる超急斜面の直滑降によるスタートはなし。 それにより、スタート直後はいかに早くトップスピードに乗せるかでもタ......続きを読む»

男子滑降は延期 サンモリッツ世界選手権

男子滑降はコース中間部の濃霧のため、スタート時間を延ばしに延ばした挙句、12時開始予定が14時15分に中止、延期が決定しました。 男子滑降がどの日になるのか、明日、女子滑降と2レース行われるのか、今日の夕方のキャプテンミーティングで決まるでしょう。 冒頭の写真はインスペクションするパトリック・クン。朝はこんなにいい天気だったのに、残念です。 ...続きを読む»

ウェンディー・ホルドナー金 サンモリッツ世界選手権 女子AC

地元スイスのウェンディ・ホルドナーが今世界選手権初の金メダルを自国にもたらしました。 ワールカッップでもシティーイベントを除くと昨年3月のレンツァハイデコンバインドが初優勝と言ってよく、その時は珍しく私も女子の単独開催レースを撮っていました。 今季ワールカッップはSLで6度の表彰台、種目別でも3位につけ好調ですが、今一歩、優勝に手が届かなかっただけに今日の金メダルの喜びはひとしおでしょう。 ......続きを読む»

イリカ・ステューヘックがラップ サンモリッツ世界選手権男女DHトレーニングラン

今朝のサンモリッツはどんよりと重い雲が垂れ込めた曇天、と思いきや、リフトでコースを上がってみると、コース中盤から上は真っ青な空の晴天。 ご覧のように雲海が見事でした。 このまま10時30分開始予定の女子DHトレーニングランが行われれば、雲海に飛んでいくような写真が撮れたかもしれませんが、さすがにコース下部、雲海の中は視界が効かずに1時間待って11時30分にスタート。 今日のラップはスロ......続きを読む»

エリック・グエイ金 2017サンモリッツ世界選手権 男子SG

エリック・グエイが2011ガルミッシュ世界選手権滑降に続き、世界選手権2度目の金メダルを獲得しました。 曇天下のサンモリッツ男子スーパーG、このような日は撮影場所決めに困ります。 何せ、ゴールが標高2040mで森林限界を超えているのでしょう、コース脇に一本も木がなく、青空が臨めない日は選手の背景が真っ白で、写真に「強さ」が出ません。 おまけに冒頭の写真、もっと大暴れのアクションを予想してい......続きを読む»

ニコル・シュミッドホッファー金メダル 2017サンモリッツ世界選手権 女子SG

2017サンモリッツ世界選手権の開幕戦、女子SGは伏兵中の伏兵、オーストリアのニコル・シュミッドホッファーが金メダルを獲得しました。 彼女のこと知らなかったの?私はよく知ってましたよ、という方には再び?笑、「アルペンスキーワールカップおたく」の称号を文句なく差し上げます。笑 過去にワールカップの表彰台は2度、いずれもコルティナ・ダンペッツォのSGとDHでそれぞれ2位と3位となっていますが、勝......続きを読む»

サンモリッツ世界選手権

いよいよ今日からサンモリッツ世界選手権が始まります! と、言いたいところですが、今日の男女滑降トレーニングランはキャンセル模様。 コース上部は時折、強風が吹きつけ視界も悪く、おまけにコースには昨日からの降雪が少々溜まっています。 決定はもう少し待たなければなりませんが、おそらく今日はお休みでしょう。 明日は女子SG。 ここまで4戦中、3勝と好調のララ・グートと種目別2位につけ、昨年のこ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconshinichiro

私とスキーとの出会いは、日本中がバブルに浮かれていた1980年代の後半でした。
それから20年、アルペンスキーWorld Cupの魅力にはまり毎年ヨーロッパアルプスを転々としながら撮影しています。
冬はほとんどアルペンスキーの撮影に費やし春から秋は様々なスポーツの撮影や山岳写真などを撮っています。
1968年東京生まれ フリーランスフォトグラファー
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2894870

(07月25日現在)

関連サイト:Shinichiro Tanaka Photography

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 佐々木明、全日本チームから外れる
  2. 盛夏 男子ヘッドコーチ決定
  3. 湯浅直樹 距骨骨折(ひび)
  4. 湯浅直樹自身最高3位! マドンナ・ディ・カンピリオSL
  5. 日本ダウンヒル復活 FISおんたけDH
  6. 湯浅直樹、自身最高16位でシーズンを終える W-CUP最終戦アスペン
  7. クリストッファーセン今季初勝利 湯浅直樹復活 バルディゼールSL
  8. 湯浅直樹の近未来
  9. 湯浅直樹4位 ノイロイターV W-CUPボルミオ
  10. ノイロイター今季初勝利 W-CUP湯沢苗場

月別アーカイブ

2017
07
03
02
01
2016
12
11
10
03
02
01
2015
12
10
07
03
02
01
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
08
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss