アルペンスキー撮影記

月別アーカイブ :2015年02月

春到来 2014-15シーズンも終盤戦

世界選手権から帰国して数日ゆっくり休んだあとは、水泳や大学野球部の取材撮影をこなしていました。 標高の高いところで撮影に専念した濃密なビックイベントのあとは、スキーから離れて気分的にしばしの休息が必要でした。 しかし、ワールドカップレーサーはそんなこと言ってられません。 先週は間髪入れず男子ザールバッハ、女子マリボルでワールドカップが行われ、それぞれマティアス・マイヤーが2連勝、アンナ・フ......続きを読む»

ジャン・バティス・グランジェ金ふたたび 2015ビーバークリーク世界選手権男子SL

ジャン・バティス・グランジェが世界選手権の表彰台中央にカムバックしました。 2015ビーバークリーク世界選手権最終日男子SLは曇天下1本目が行われ、2本目は降りしきる雪のなか行われました。 1本目ラップを奪ったのはマルセル・ヒルシャー。2位にコロシロフがつけ、現状では「順当」な1本目でした。 しかし、1本目で100人中43人がコースアウトするまさにサバイバルレース。われらの湯浅直樹もそのう......続きを読む»

ミカエラ・シフリン金 2015ビーバークリーク世界選手権女子SL

ミカエラ・シフリンが前回シュラトミングに続き2大会連続で金メダル、昨日のテッドに続き連日アメリカを沸かせました。 今日も快晴のビーバークリーク、コースは硬くしまりコンディションは良好でした。 1本目で2位のフリーダ・ハンスドッターを0.40秒はなしたシフリン、2本目は猛追を受けた形となりましたが逃げ切って自身2度目の世界選手権金メダルとなりました。 オリンピックでも金でしたので、これで20......続きを読む»

テッド・リゲティ、アメリカに初の金をもたらす 2015ビーバークリーク世界選手権男子GS

テッド・リゲティが地元アメリカに今大会初の金メダルをもたらしました。 今日は雲ひとつない、「ドぴーかん」のビーバークリーク、コースもエッジのかからないツルツルのところもあり、絶好のレース日和となりました。 1本目でラップを奪ったのはマルセル・ヒルシャーでしたが、5位につけたリゲティまで0.24秒という僅差のリードで勝負は2本目へ。 午後2時15分からのクライマックスは、リゲティがただ一人1......続きを読む»

アンナ・フェンニンガー2個目の金 2015ビーバークリーク世界選手権女子GS

アンナ・フェンニンガーが今大会2個目の金メダルを獲得しました。 2日間の「休暇」あけの女子GS、雲が多めで少しだけ気温が下がったなかで行われました。 高速系は男女別コースでしたがGSからは同一コースで行われます。今日のバーンも硬くしまりながらも、ひっかかりのある雪質でした。 1本目ラップを奪ったフェンニンガーは2位のキルヒガッサーに0.81秒の大差をつけ、大きなミスがなければ勝負ありの状況......続きを読む»

ティナ・マゼ2冠 2015ビーバークリーク世界選手権女子SC

ティナ・マゼが今(こん)世界選手権でDHとあわせ、二冠獲得です! 女子SCは今日も快晴のビーバークリークで行われ、滑降でラップのティナ・マゼがSLでもそのまま逃げ切り自身4個目の世界選手権金メダル。銀には自身6個目のメダル、ニコル・ホスプ、そして銅は自身2個目のメダル、ミカエラ・キルヒガッサーでした。 表彰の写真はマルコ撮影です。 ティナはSGも銀なので、ここまで全競技でメダルを獲得。......続きを読む»

マルセル・ヒルシャー金 2015ビーバークリーク世界選手権男子SC

マルセル・ヒルシャーが自身2度目の金メダル、SCは初Goldをとりました。 今朝は雲が多めでしたが午後には快晴となったビーバークリーク、絶好のレース日和でした。 2位には自身初の世界選手権メダル、銀のケティル・ヤンスル。銅のテッド・リゲティは自身6個目の世界選手権メダルを獲得です。 DHでラップを奪ったケティル・ヤンスル。(表彰の写真はマルコ撮影です) ヒルシャーに3秒16差はさすが......続きを読む»

パトリック・クン初メダル金! 2015ビーバークリーク世界選手権男子DH

パトリック・クンが世界選手権初メダル、Goldをゲットしました! 雲が多めの晴れのビーバークリーク、気温も少々高めでしたが絶好の滑降日和となりました。 このコース、直近のワールドカップでも勝っている優勝候補、ケティル・ヤンスルは15位に沈み、地元アメリカのトラビス・ガノンが銀、クンの僚友、ベアト・フォイツが銅で、ガノン、フォイツも初の世界選手権メダル獲得となりました。 それにしても、3......続きを読む»

ティナ・マゼ金 2015ビーバークリーク世界選手権女子DH

ティナ・マゼが自身3個目の世界選手権金メダルをゲットしました。 今日も快晴のビーバークリーク、女子DHは地元アメリカのリンゼイ・ボンに期待が集まりましたが、ティナに1.65秒はなされての5位は「勝負あり」でした。 銀メダルはアンナ・フェンニンガー。SGとの2冠まであとわずか0.02秒でした。そして銅メダルはララ・グッド。美人さん3人が表彰台に並びました。 女子DHはなかなかいい撮影ポジ......続きを読む»

ハンネス・ライヘルト自身初の金メダル 2015ビーバークリーク世界選手権男子SG

快晴のもと行われた2015ビーバークリーク世界選手権男子SGはハンネス・ライヘルトが自身初の世界選手権金メダルを獲得しました。 このあとまた追記します。(ボディのクラッシュも撮りました!) これから女子DHトレーニングラン2回目を撮りにいきます! 追記: 2位にはカナダのダスティン・クック、こちらも自身初のメダル、銀メダルです。そして銅はエイドリアン・テオーでこちらも自身、世界選手権初メダ......続きを読む»

男子SGは中止 2015ビーバークリーク世界選手権

今日予定されていた男子SGは悪天候のため中止となりました。 といっても、レース開始1時間前に撮影ポイントについて、この程度の小雪ならできるだろうと思っていました。 でも、昨晩に降ったであろう雪がコース内に大量に溜まり、排雪が間に合わず、このままレースを行うと非常に危険な状況でした。 日本の自衛隊連れてくれば、オンタイムでできたであろう今日のSG。 なぜか、今日は使われない女子DHコースをデラ......続きを読む»

アンナ・フェンニンガー金 ビーバークリーク世界選手権女子SG

2015ビーバークリーク世界選手権、金メダル第一号は昨季の総合女王アンナ・フェンニンガーでした。 彼女は2011ガルミッシュ世界選手権SC以来の世界選手権金メダル2個目です。 ゴールでは万歳したあとに倒れこんで喜びを表しました。 ゴールの撮影はマルコ・トラパッティさんです。 銀メダルは0.03秒差でティナ・マゼ、銅にリンゼイ・ボン、0.15秒差でした。 表彰もマルコ撮影です。 ......続きを読む»

2015ビーバークリーク世界選手権開幕

2015ビーバークリーク世界選手権、初日の今日は女子DHトレーニングランが行われました。 予定の10時30分開始を降雪により13時30分まで延ばして、無事1回目のトレーニングランを消化できました。 インスペクションは8時30分から9時30分で、選手たちは長時間、集中を強いられる一日となりました。 ラップは地元アメリカ、ステイシー・クック。2位に同タイムでララ・グットとノルウェーのランヒル・......続きを読む»

ビーバークリーク世界選手権

ビーバークリークに到着しました。 31日の夕方に成田を発ち、同日昼過ぎにはデンバー着、そこからレンタカーで夕方5時前には無事アパートに到着しました。 今回のアパートでごいっしょさせていただくのはアルペンスキーカメラマンの大先輩おふたり、薬師洋行さんと村山眞史さんです。 昔話も伺いながら楽しい2週間を過ごしたいと思います。 冒頭の写真はデンバー空港からの道中、Highway の電光掲示板。......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconshinichiro

私とスキーとの出会いは、日本中がバブルに浮かれていた1980年代の後半でした。
それから20年、アルペンスキーWorld Cupの魅力にはまり毎年ヨーロッパアルプスを転々としながら撮影しています。
冬はほとんどアルペンスキーの撮影に費やし春から秋は様々なスポーツの撮影や山岳写真などを撮っています。
1968年東京生まれ フリーランスフォトグラファー
  • 昨日のページビュー:624
  • 累計のページビュー:2871924

(03月25日現在)

関連サイト:Shinichiro Tanaka Photography

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 佐々木明、全日本チームから外れる
  2. 盛夏 男子ヘッドコーチ決定
  3. 湯浅直樹 距骨骨折(ひび)
  4. 湯浅直樹自身最高3位! マドンナ・ディ・カンピリオSL
  5. 日本ダウンヒル復活 FISおんたけDH
  6. クリストッファーセン今季初勝利 湯浅直樹復活 バルディゼールSL
  7. 湯浅直樹4位 ノイロイターV W-CUPボルミオ
  8. 湯浅直樹の近未来
  9. ノイロイター今季初勝利 W-CUP湯沢苗場
  10. 湯浅直樹 リハビリ開始

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
03
02
01
2015
12
10
07
03
02
01
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
08
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss