アルペンスキー撮影記

月別アーカイブ :2014年03月

全日本選手権雑感

札幌の夜は関係者の方々と楽しいお酒で、私のシーズン最後の締めくくりにふさわしい夜でした笑。 全日本選手権は石井智也、大越龍之介、長谷川絵美選手の優勝で幕を閉じましたが、水がまかれた手稲のコースはワールドカップに十分匹敵する好条件のバーンでした。 今季のヨーロッパは比較的温暖だったため、SLのコースで言うならば、手稲の固さを上回ったと言えるワールドカップのコースは12月のバルディゼ......続きを読む»

大越龍之介、長谷川絵美優勝 全日本選手権テイネ

男子は大越龍之介が全日本選手権SL初優勝。女子は長谷川絵美が一昨日のGSに続きSLも制覇し二冠を獲得しました。 今日はやっと晴れた手稲でしたが、レース中はガスが出たり、小雪がまったり、めまぐるしく天候が変わりました。 コースもカリカリに固いところあり、ボソボソになっているところありで、雪面の状況変化にすばやい対応が必要なレースとなりました。 今日の引退は武田竜選手。......続きを読む»

石井智也初制覇 全日本選手権札幌テイネ

石井智也が全日本選手権を初制覇しました。 今日も降雪の手稲。昨日よりは気温が上がり、絶え間ない降雪とガスで何度もレースは中断しました。 バーンは昨日に続きカメラマンのスキーではエッジのかからないところも多く良好でしたが、少し湿った降雪がコース脇には山盛りで、コースを外れると大きなタイムロスとなりました。 1本目は武田竜、石井智也、成田秀将の順に「北照高校の先輩順」に......続きを読む»

長谷川絵美2度目の制覇 全日本選手権札幌テイネ

長谷川絵美がワールドカップ選手の貫禄をみせ、全日本選手権GS、2回目の制覇を成し遂げました。 今日の札幌テイネハイランドは真冬の寒さ。スタート付近の気温はマイナス7度。 今季は寒くて大変だったという日が記憶になく、1月もソチも3月も暖かかったため、今日の寒さは堪えました。笑 絶え間なく降り続ける雪と時折強く吹き上げる風の影響で視界も非常に悪く、固く凍ったバーン以外は選手にと......続きを読む»

ヒルシャー・フェニンガー総合優勝 W-CUP最終戦

2013-14ワールドカップ最終戦、最後のレースは湿っぽい降雪のなか行われました。 気温も高かったためコンディションは最悪に近く、ゴール近くの男子SLコースはレースが進むにつれ、モーグルコースのようになってしまいました。 それでもSL種目別チャンピオンを争ったマルセル・ヒルシャーとフェリックス・ノイロイターは熱い戦いをみせてくれました。 共にトレーニングをする「僚友」の争い......続きを読む»

テッドとシフリン勝利 W-CUP最終戦レンツァハイデ

今日は男女とも、アメリカデー。 ミカエラ・シフリンが最終戦も2位に1.44秒の大差で勝って、2年連続SL種目別優勝に自ら花を据えれば、テッド・リゲティも1本目ラップのノイロイターを2本目でかわして逆転勝利、今季GS通算5勝目をあげました。 4位に入ったマルセル・ヒルシャーと総獲得ポイントは同点となりましたが、優勝回数で2回のヒルシャーを上回ったテッドが2年連続で種目別クリ......続きを読む»

快晴のレンツァハイデ W-CUPチーム戦

今日も快晴のレンツァハイデ、高速系と技術系レースのあいだの「中休み」としてのチーム戦にはもったいない好天です。 出場選手で「有名どころ」はグランジェとキルヒガッサーくらいであとはどのチームも若手中心の構成。 追記:失礼しました。シフリンもジュリア・マンクーゾもマティアス・ハルギンも出てました。 おまけに今日はコース内にメディアは立ち入り禁止。何故かは知りませんが、(知ろうともし......続きを読む»

パンテュローとララが勝利 W-CUP最終戦レンツァハイデ

連日の快晴のもと、最終戦スーパーGは絶好のコンディションで行われました。 女子は昨日に続きララ・グットが連勝。自身初のSG種目別女王の座につきました。 男子はなんと、最終スタートのアレクシ・パンテュローが「全選手総まくり」でワールドカップSG初優勝。W-CUP通算7勝目をあげました。 これでSL、GS、SC、SG、そしてシティーイベントのPSLも勝っているので残す未......続きを読む»

マティアス・マイヤーとララ・グット勝利 W-CUP最終戦レンツァハイデ

昨年とうって変わって今年は快晴のレンツァハイデ、ダウンヒルの男女最終戦が行われました。 勝者はソチ五輪金メダリストのマティアス・マイヤーとその五輪では金メダルをとれなかった地元スイスのララ・グット。 逆転でダウンヒル種目別Vを狙ったフェニンガーは6位に終わり、80ポイント差あったマリア・ヘフル・リシュには及びませんでした。 滑りを撮り終わって急いでゴールエリアまで降......続きを読む»

W-CUP2013-14シーズン最終戦レンツァハイデ

いよいよ2013-14シーズンの最終戦がスイス、レンツァハイデで始まりました。 今日は男女同一コースでのダウンヒルトレーニングラン。 ラップはこのコースを得意とするエイドリアン・テオーとアンナ・フェニンガーでした。 ダウンヒル男子はすでにアクセル・ルンド・スビンダルに種目別王者は決まっていますが、女子はトップのマリア・ヘフル・リシュとフェニンガーが80ポイント差。 こ......続きを読む»

ノイロイターV 佐々木明ラストラン W-CUPクラニスカゴラSL

フェリックス・ノイロイターが今季SL3勝目、W-CUP通算9勝目をあげました。 今日も1本目のコースコンディションは良好でしたが、2本目は気温の上昇で荒れも見られました。それでも、3月の気温の高い日のレースとしては雪面硬化剤をまくこともなく、いいコンディションだったように思います。 1本目でラップを奪ったソチ五輪の金メダリスト、マリオ・マットは2本目のゴール直前であふれて......続きを読む»

テッド・リゲティ3連勝 W-CUPクラニスカ・ゴラGS

テッド・リゲティがクラニスカ・ゴラGS3連勝。サンモリッツ、ソチオリンピックと続いても3連勝を飾りました。 昨日同様、気温は高く春の陽気ではありましたが、1本目は陽の上がりきらない9時30分スタート。北向き斜面は日陰で、インジェクションを入れて固められたバーンコンディションは良好でした。 2位にはベニー・ライヒ。2012年2月のクラン・モンタナSG優勝以来、2年ぶりの表彰台となり......続きを読む»

クラニスカ・ゴラ到着

クラニスカ・ゴラに到着しました。 春のような陽気で、スキーウエアはいらない!って感じです。 写真左上がGSスタートで右下がゴール。ご覧のように、コース上の雪の量に関しては心配なさそうですが、なにせ気温が高いので12時30分開始の2本目のコース状況が心配です。 GSは現在、種目別トップのマルセル・ヒルシャーを2位パンテュローが95ポイント差、3位リゲティが100ポイント差で追......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconshinichiro

私とスキーとの出会いは、日本中がバブルに浮かれていた1980年代の後半でした。
それから20年、アルペンスキーWorld Cupの魅力にはまり毎年ヨーロッパアルプスを転々としながら撮影しています。
冬はほとんどアルペンスキーの撮影に費やし春から秋は様々なスポーツの撮影や山岳写真などを撮っています。
1968年東京生まれ フリーランスフォトグラファー
  • 昨日のページビュー:240
  • 累計のページビュー:2906906

(09月21日現在)

関連サイト:Shinichiro Tanaka Photography

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 佐々木明、全日本チームから外れる
  2. 盛夏 男子ヘッドコーチ決定
  3. 湯浅直樹 距骨骨折(ひび)
  4. 湯浅直樹、自身最高16位でシーズンを終える W-CUP最終戦アスペン
  5. 湯浅直樹自身最高3位! マドンナ・ディ・カンピリオSL
  6. 日本ダウンヒル復活 FISおんたけDH
  7. 湯浅直樹の近未来
  8. クリストッファーセン今季初勝利 湯浅直樹復活 バルディゼールSL
  9. 湯浅直樹4位 ノイロイターV W-CUPボルミオ
  10. ノイロイター今季初勝利 W-CUP湯沢苗場

月別アーカイブ

2017
09
07
03
02
01
2016
12
11
10
03
02
01
2015
12
10
07
03
02
01
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
08
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss