アルペンスキー撮影記

月別アーカイブ :2008年01月

フィッシャースキーのあな

無事、シュラトミングからチューリッヒに着きました。 6時間、眠気をこらえながら安全運転で着ましたが、途中インスブルックもとても暖かく、昼間はセーター1枚で歩ける陽気でした。 チューリッヒのホテルに着いたら、偶然、渡辺靖彦選手と会いました。着いたばかりのところで、これから来月半ばまでスロヴェニアのFISレースを中心にまわるそうです。がんばってポイントをあげてきて欲しいですね。 さて、......続きを読む»

5万の大観衆

雨はインスペクションが始まる頃には雪に変わり、次第に小降りになっていきました。 5万の大観衆はインスペクションの1時間以上も前からコースサイドに陣取り、2本目が終わるまで、選手たちに大歓声を送り続けました。 1本目の途中から雪が強くなってきても、大観衆は身動きひとつしませんでした。 そんな伝統のナイターレースを制したのは地元オーストリーのマリオ・マットでした。1本目ラップの......続きを読む»

今朝のシュラトミングは雨

今朝のシュラトミングは雨です。 ちょっと気分は凹みますね。(しかし、へこむって新しい意味の日本語、市民権を得ましたね)。 明は25番、賢太郎26番、湯浅38番、生田62番のスタートですがコースコンディションが心配です。 昨晩は友人のドイツカメラマンに誘われて、VIPディナーに行ってきました。もちろん、たまたまチケットがあっただけで普段はほとんどプレスディナーにも行かない私は、普......続きを読む»

あの人はいま ワールドカップ キッツビュール篇

今日は移動日。 撮影は途中の風景だけだったので、「あのひとは今 キッツビュール篇」をお送りします。 マルクス・ヴァスマイヤー。キッツビュールのダウンヒルでカメラ前走をしていました。もちろん、地元ドイツのガルミッシュでもダウンヒルのときは前走しています。 ハンス・クナウス。この方も前走です。このひとたちの場合、滑りながらカメラを持ち、さらに口元にはマイクがあってコースの解説を......続きを読む»

グランジェ連勝

グランジェが連勝、スラローム今季通算3勝目をあげました。 圧倒的な強さです。 タイム差は2位以下とそれほどありませんが、滑るたびに自信を増しているのでしょう。 危なげない確実な滑りが、1本目でラップを奪うと、2本目で逆転はないように思わせてしまうのです。 ウェンゲンから彼の写真ばかりになっているので、今日は違う写真を。 フィッシャーの来季SLモデルが登場しました。 穴あき......続きを読む»

ディディエ・キューシュ今季初優勝

ディディエ・キューシュがダウンヒル今季初優勝をキッツビュールのハーネンカムレースであげました。 2位にはボディ・ミラー。昨日の表彰台独占に続きまたもやヘッド勢がワン・ツーフィニッシュです。 今日は曇天で気温も高く、ときおり霧もでてダウンヒルには心配な天気でしたが、雪面硬化剤をまいてなんとかレースにこぎつけました。 観衆は見た感じですが例年よりちょっと少なめ。それでも、地元オ......続きを読む»

ヘルマン・マイヤー表彰台に復帰

マルコ・ビュッフェルが雄叫びをあげました。 キッツビュールのスーパーGは、リヒテンシュタインの大ベテラン、今年37歳になるマルコが勝ちました。おそらくワールドカップ勝利の最年長記録更新でしょう。 表彰台の一番上に立ったマルコは、ほんとに、ほんとにうれしそうでした。いつも表彰式では喜びを素直にあらわす彼ですが、今日はさらに特別でした。 そして、2位にはヘルマン・マイヤー。 ......続きを読む»

あのひとは今。ワールドカップ篇

今日は朝方から非常に湿った雪が降り、天気予報が的中。昨日の夕方に早々とキャンセルの決定を下した大会運営サイドの判断は、ウェンゲンに負けず劣らす大正解でした。 こういう日は、町の散策とプレスセンターでのネットサーフィンで時間をつぶすのですが、Macの新製品を眺めるのにも飽きたので、今季のトピックスをいくつか。 懐かしのひとシリース、あの人はいま。アルペンスキーワールドカップ篇。 ......続きを読む»

キッツビュールのマウスファーレ

曇天のキッツビュールでダウンヒルトレーニングラン2回目が行われ、スイスのディディエ・デファーゴがラップ、2位にキューシュ、4位にアルブレヒトとスイス勢が上位を占めました。 何度もしつこく書きますが、ここキッツビュールのダウンヒルコースは「誰がここでダウンヒルやろうと言い出したの?」と聞きたくなるくらい、危険で恐ろしいコースです。 その象徴はスタート直後のマウスファーレと呼ばれる先......続きを読む»

キッツビュール ダウンヒルトレーニングラン

少し雲はありましたが、青空のキッツビュールでダウンヒルトレーニングラン1回目が行われました。 ここキッツビュールのコースはワールドカップのコースのなかでも「一番怖い」コースであることは間違いありません。 私はこのコースのスタートバーを切ってコースに飛び出して行く勇気に、賞賛を惜しみません。 学生時代にテレビで見ていてもコースの凄さを感じていたのですが、実際にそのコースに立ってみて、......続きを読む»

ボディ・ミラー、キッツビュールで総合トップか?

さきほど、キッツビュールに着きました。 ウェンゲンから車で6時間、途中でガソリンを入れ、オーストリーの高速道路10日間チケットを買い、トイレに行った以外はノンストップで走らせました。 移動のときはお気に入りの音楽をずっと聴きながら、覆面パトカーやねずみ取りに注意して運転します。特に注意しているのはスピードを抑え気味に走る事。こちらでは絶対に事故を起こしたくないのでいつも気を使っています。......続きを読む»

ウェンゲン・ダウンヒル ボディ連覇

ボディ・ミラーが昨年に続き、伝統のラウバーホーンレースを連覇しました。 2位にはディディエ・キューシュ。ボディに0秒65つけられましたが、ヘッドが1,2フィニッシュを飾りました。 今回のウェンゲンの一週間は昨年のキャンセル続きとは打って変わり、トレーニングラン3回を含め、すべて予定通りに開催できました。これも運営サイドの判断の迅速さが生んだ勝利でしょう。 今日も21,500......続きを読む»

大雪のウェンゲン スラローム

昨日の勝者、グランジェが連勝しました。 今日のウェンゲンは朝から湿っぽい大雪でしたが、コースは固く問題はなかったと思います。 私自身、大いに期待していた日本チームは惨敗でした。 一本目の撮影ポジションはスタートが見える位置でした。明や賢太郎は特に失敗もなくおりていったので、当然2本目は残るものと思っていました。 原因はなんでしょう。全くわかりません。 ただ、グラ......続きを読む»

ウェンゲン スーパーコンビ

昨年暮れのアルタバディアで勝ったジャン・バピティス・グランジェが今日の勝者でした。 本命のダニエル・アルブレヒトや珍しくスラロームでゴールに辿り着いたボディ・ミラーが追いすがりましたが、スラロームの好調をそのまま結果に結びつけた形となりました。 ウェンゲンのスーパーコンビはコース設定からも過去の成績からもスラローマー有利と言えるでしょう。 ダウンヒルはスタート位置が下がって......続きを読む»

スラロームが土曜日に変更

昨日は小雪舞うなか行われたトレーニングラン2回目、今日は再び快晴のなか3回目のトレーニングランが行われました。 ここ近年では3回もトレーニングランができるのはめずらしいことで、昨日まで出場していた選手の多くがベテランを中心にお休みでした。 そんな中、ヘルマン・マイヤーは出場しましたが、タイムはトップのボディ・ミラーに4秒79離されるという惨憺たるものでした。 ヘルマンは昨年......続きを読む»

ウェンゲン・ダウンヒルトレーニングラン

今日は快晴のウェンゲンでダウンヒルトレーニングランが行われました。 当初の予定では明日からトレーニングラン開始でしたが、水曜日からの天気予報が悪いということで前倒しで行われました。 コースは昨年よりずいぶんと雪が多く、今年はスラロームキャンセルの心配もなさそうです。気温もようやくマイナスになり、一安心といったところです。 ここウェンゲンは選手もみな登山電車で移動します。 朝、イン......続きを読む»

アデルボーデン スラローム

マリオ・マットが今季初優勝をとげました。 ベンヤミン・ライヒと熾烈な争いを繰り広げた昨シーズン、結果的にはわずか0秒97の差でスラロームの年間総合優勝を逃した悔しさを今年は晴らすものと期待していましたが、ようやく年が変わって優勝しました。 苦戦を強いられた今季前半を吹き飛ばすような笑顔でした。 わが日本チームも次につながる結果を残しました。 湯浅直樹が今季初めて順位を残し......続きを読む»

謹賀新年 アデルボーデンより

新年あけましておめでとうございます。 今年は6日までお休みでまだ正月気分の方が多いのでしょうね。 ですがワールドカップは今日、ここアデルボーデンのGSで今年の闘いの火ぶたが切られました。 今年最初の勝者はマーク・ベルトー。 ちょうど一年前、このブログを始めたときにワールドカップ初優勝したのが彼でした。今年はGSでも勝って地元での強さを見せつけると同時に、名実ともにトップレ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconshinichiro

私とスキーとの出会いは、日本中がバブルに浮かれていた1980年代の後半でした。
それから20年、アルペンスキーWorld Cupの魅力にはまり毎年ヨーロッパアルプスを転々としながら撮影しています。
冬はほとんどアルペンスキーの撮影に費やし春から秋は様々なスポーツの撮影や山岳写真などを撮っています。
1968年東京生まれ フリーランスフォトグラファー
  • 昨日のページビュー:409
  • 累計のページビュー:2874568

(03月30日現在)

関連サイト:Shinichiro Tanaka Photography

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 佐々木明、全日本チームから外れる
  2. 盛夏 男子ヘッドコーチ決定
  3. 湯浅直樹 距骨骨折(ひび)
  4. 湯浅直樹自身最高3位! マドンナ・ディ・カンピリオSL
  5. 日本ダウンヒル復活 FISおんたけDH
  6. クリストッファーセン今季初勝利 湯浅直樹復活 バルディゼールSL
  7. 湯浅直樹4位 ノイロイターV W-CUPボルミオ
  8. 湯浅直樹の近未来
  9. ノイロイター今季初勝利 W-CUP湯沢苗場
  10. 湯浅直樹 リハビリ開始

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
03
02
01
2015
12
10
07
03
02
01
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
08
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss