アルペンスキー撮影記

平昌オリンピック派遣推薦基準

このエントリーをはてなブックマークに追加

しばらくのご無沙汰でした。

今夏の甲子園での撮影も終わりました。今年も多くのドラマとスター選手の誕生に沸いた15日間。たくさんのパワーを若者にもらいました。

さて、月もかわって、いよいよ来月末には2017-18シーズンのワールドカップ開幕戦が迫ってきました。

多くの選手が南半球や欧州の氷河でトレーニングを積み、今シーズンの飛躍を期しているこの時期、怪我なく無事に開幕を迎えられることを祈りたいと思います。

先月半ばに左足首を骨折したマルセル・ヒルシャーも、ギブスをしたまま器具トレーニングをこなしている写真を自身のSNSにアップしています。総合6連覇の絶対的王者の早期復帰を望みたいですね。

さて先日、全日本スキー連盟のHPに平昌オリンピック派遣推薦基準の「2017年8月28日SAJ理事会承認」版がアップされました。

 2016/2017シーズン及び2017/2018シーズンにおける世界レベルの評価対象競技会にて、下記のいずれかの成績を収めた選手。ただし、成績は当該種目のみの基準とする。    (1)8位以内の成績を1回以上    (2)20位以内の成績を2回以上(2シーズン合計)

という基準は昨年と変わりませんが、【全日本選手権に関する附則】という項目が追加され、 第96回全日本スキー選手権大会アルペン競技を第23回オリンピック冬季競技大会の選手選考大会とし、各種目の優勝者の派遣をJOCへ推薦する。

2017年12月26日(火) 男子大回転1名       2017年12月27日(水) 女子大回転1名       2017年12月28日(木) 男女回転 各1名 

※同着優勝の場合は、その時点での“オリンピックFISポイントリスト”の上位選手を優先する。      対象選手)平成29年8月8日時点でオリンピック・クオリフィケーションに基づくオリンピッククオータ配分リスト“オリンピックFISポイントリスト”で500位以内かつ140ポイント以下の選手。

 補足)・出場種目は大回転並びに回転種目とし、優勝した当該種目のみオリンピックへの出場を認める。        ・優勝者が諸事情で出場を辞退又は出場資格がない場合でも繰り上げ選考及び選手交代は行わない。        ・ワールドカップにおいて既存の基準をクリアする選手が出た場合には、その選手を優先し、複数名いる場合で出場枠を超過した場合は、平成30年1月22日時点の該当種目のワールドカップポイントの上位者とする。  

となりました。

時事通信も下記のように報じています。 五輪代表、一部は今秋決定へ=アルペン女子は3大会ぶり派遣―スキー連盟

8/28(月) 21:46配信

 全日本スキー連盟(SAJ)は28日、東京都内で理事会を開き、来年2月の平昌五輪の代表選考について、連盟が定めた派遣推薦基準の成績を満たした一部選手についてはシーズン本格化前の今秋にも代表に選ぶ方針を決めた。通常は年明けの1月に発表されていた。SAJの皆川賢太郎競技本部長は理事会後、「(有力選手には早めに)保証を与え、きっちり準備を行っていただきたい」と述べた。早ければ10月末か11月上旬に一部代表が発表される。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

やはり、本田真凛の作戦なのか?SP曲目変更。【猫と観るスポーツ】

フィギュアスケート Road To 平昌 女子金メダリストロシアの二人が平昌断念【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

開幕に向けラストスパート!!【「夢へ翔け上がれ!」東北フリーブレイズ】

ブロガープロフィール

profile-iconshinichiro

私とスキーとの出会いは、日本中がバブルに浮かれていた1980年代の後半でした。
それから20年、アルペンスキーWorld Cupの魅力にはまり毎年ヨーロッパアルプスを転々としながら撮影しています。
冬はほとんどアルペンスキーの撮影に費やし春から秋は様々なスポーツの撮影や山岳写真などを撮っています。
1968年東京生まれ フリーランスフォトグラファー
  • 昨日のページビュー:174
  • 累計のページビュー:2921042

(11月17日現在)

関連サイト:Shinichiro Tanaka Photography

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 佐々木明、全日本チームから外れる
  2. 盛夏 男子ヘッドコーチ決定
  3. 湯浅直樹 距骨骨折(ひび)
  4. 湯浅直樹、自身最高16位でシーズンを終える W-CUP最終戦アスペン
  5. 日本ダウンヒル復活 FISおんたけDH
  6. 湯浅直樹自身最高3位! マドンナ・ディ・カンピリオSL
  7. 湯浅直樹の近未来
  8. クリストッファーセン今季初勝利 湯浅直樹復活 バルディゼールSL
  9. 湯浅直樹4位 ノイロイターV W-CUPボルミオ
  10. ノイロイター今季初勝利 W-CUP湯沢苗場

月別アーカイブ

2017
10
09
07
03
02
01
2016
12
11
10
03
02
01
2015
12
10
07
03
02
01
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
08
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss