アルペンスキー撮影記

梅雨の猛暑

このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨の真っ只中のはずの東京、猛暑です。

先週末から各県で本格的に高校野球の地区大会が始まりました。今年は例年にも増し、灼熱の太陽のもとでの撮影が多そうです。

私はもうすでにこんがりと黒く焼けてはおりますが、これから更に黒さに磨きがかかることでしょう。笑 暑さに負けないよう、高校生の若さに圧倒されないように今夏も頑張りたいと思います。

例年梅雨の時期に行われるスキー各店のフェアもほぼ終盤に差し掛かり、熱心なスキーヤーの皆様は今年も色々と道具を調達されたことと思います。

今冬も早い時期にまとまった降雪を期待して、祈りながら迎えましょう。

さて、今季、2017-18シーズンは2月9日から25日まで、韓国のピョンチャンで第23回冬季オリンピックが開催されます。

アジアでの世界レベルのビックイベント総合冬季大会となると、1998年の長野オリンピック以来、20年振りとなります。

韓国でのアルペンスキー認知度は日本よりも更に低いようではありますが、今でも長野でのヘルマン・マイヤーのDH大転倒からのSG、GS制覇の神がかった活躍が印象に残っているように、オリンピックならではの、感動的なドラマを期待してやみません。

その感動的なストーリーの中心に日本人選手がいてくれるのが我々の夢ではありますが、現段階で、SAJが定めた派遣推薦基準、

「16/17および17/18シーズンの世界選手権およびW杯で8位以内1回以上、または20位以内2回以上」

をクリアしているのは湯浅直樹ただ一人です。

前回の2014年ロシア、ソチオリンピックも佐々木明と湯浅直樹2人だけの出場で、前々回2010年バンクーバーオリンピックから2大会連続で女子の出場はかないませんでした。

昨季の成績は、女子のエース、長谷川絵美はW杯キリントンGS26位が唯一の順位で、若手の有望株、安藤麻はW杯での2本目進出はありませんでした。

そこから見ると、かなりの「ブレイクスルー」がなければ、今季W杯で20位以内を2回は相当厳しい状況です。もちろんそれは湯浅以外の男子選手にも言えることです。

SAJが定めた派遣推薦基準ですが、妥当という意見をお持ちのかたも当然いらっしゃるでしょう。アルペンだけ20位以内2回と他の競技より優遇されているというのもその理由になるのかもしれません。

一度、定めたことですので、この基準を変えるのはなかなか困難を極めることは重々承知の上ですが、オリンピックのコース上でGSとSLを撮影すると感じることがあります。

スタート順が50番くらいになると、W杯で撮ったことのある選手がいなくなり、60番を過ぎると、素人目にも滑りのレベルが極端に下がります。

更にそこから10人も滑るとそこから先はW杯では聞いたことのない国の選手が何十人と滑ることになるのがオリンピックです。

90番を超えると、SLのコース下部にいると、待てど暮らせど誰も来ないなんてこともあり、転ばすに完走しただけでゴールエリアは大拍手なんて光景も見れたりします。

もちろん、日本のアルペン競技はもっとレベルが高く、そのようなレベルの選手はオリンピック出場には値しないとみなさんも考えるでしょう。

ただ、滑りのおぼつかないW杯で聞いたことのない国、雪が降らない国の選手がなぜオリンピックのアルペンスキー競技に出場するのか、考えてみることは重要なことのように私は思います。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

Welcome to FREEBLADES!! パート2【「夢へ翔け上がれ!」東北フリーブレイズ】

Welcome to FREEBLADES!!【「夢へ翔け上がれ!」東北フリーブレイズ】

FREEBLADESイベント情報!!【「夢へ翔け上がれ!」東北フリーブレイズ】

ブロガープロフィール

profile-iconshinichiro

私とスキーとの出会いは、日本中がバブルに浮かれていた1980年代の後半でした。
それから20年、アルペンスキーWorld Cupの魅力にはまり毎年ヨーロッパアルプスを転々としながら撮影しています。
冬はほとんどアルペンスキーの撮影に費やし春から秋は様々なスポーツの撮影や山岳写真などを撮っています。
1968年東京生まれ フリーランスフォトグラファー
  • 昨日のページビュー:174
  • 累計のページビュー:2921042

(11月17日現在)

関連サイト:Shinichiro Tanaka Photography

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 佐々木明、全日本チームから外れる
  2. 盛夏 男子ヘッドコーチ決定
  3. 湯浅直樹 距骨骨折(ひび)
  4. 湯浅直樹、自身最高16位でシーズンを終える W-CUP最終戦アスペン
  5. 日本ダウンヒル復活 FISおんたけDH
  6. 湯浅直樹自身最高3位! マドンナ・ディ・カンピリオSL
  7. 湯浅直樹の近未来
  8. クリストッファーセン今季初勝利 湯浅直樹復活 バルディゼールSL
  9. 湯浅直樹4位 ノイロイターV W-CUPボルミオ
  10. ノイロイター今季初勝利 W-CUP湯沢苗場

月別アーカイブ

2017
10
09
07
03
02
01
2016
12
11
10
03
02
01
2015
12
10
07
03
02
01
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
08
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss