アルペンスキー撮影記

スウェーデン貫禄勝ち W-CUP最終戦アスペン チーム戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も春の陽気のアスペン、チームイベントが行われました。

優勝はスウェーデンチーム。

レース前から「メンツ勝ち」と言えるくらい、豪華なメンバーを揃えての圧勝でした。

ハンスドッター、ピエトラ・ホルムナー、ハルギン、ミューラーと、もうチーム戦は慣れたもので、ハルギンとミューラーはお得意の「ダブルパンチ」も見せ、レースを盛り上げてくれました。(冒頭の写真)

今日はアルペンコンバインドの表彰も行われ、パンテュローとステューヘックがクリスタルトロフィーを手にしました。

男子ACは今季2戦のみで、サンタカテリナで勝利し、ウェンゲンで20位のアレクシ・パンテュローが2年連続での種目別チャンピオンです。

種目別2位のニルス・ヒンターマンは現れず。それもそのはず、今日はスイスでのナショナルジュニア選手権SGで2位となっていました。

女子は3戦で優勝、2位、3位のイリカ・ステューヘックがDHに続き2つ目のクリスタルトロフィーを獲得しました。

明日は女子SL、男子GSが行われます。

事実上、女子の総合チャンピオンはミカエラ・シフリンに決まっていますが、明日、数字上も彼女のビッグトロフィー獲得が決まることでしょう。

それではまた明日。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ティナ・ワイライターが逆転で種目別女王に W-CUP最終戦アスペン【アルペンスキー撮影記】

ペーター・フィルが逆転でDH種目別王者 W-CUPアスペン最終戦【アルペンスキー撮影記】

アスペン到着【アルペンスキー撮影記】

ブロガープロフィール

profile-iconshinichiro

私とスキーとの出会いは、日本中がバブルに浮かれていた1980年代の後半でした。
それから20年、アルペンスキーWorld Cupの魅力にはまり毎年ヨーロッパアルプスを転々としながら撮影しています。
冬はほとんどアルペンスキーの撮影に費やし春から秋は様々なスポーツの撮影や山岳写真などを撮っています。
1968年東京生まれ フリーランスフォトグラファー
  • 昨日のページビュー:182
  • 累計のページビュー:2907471

(09月24日現在)

関連サイト:Shinichiro Tanaka Photography

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 佐々木明、全日本チームから外れる
  2. 盛夏 男子ヘッドコーチ決定
  3. 湯浅直樹 距骨骨折(ひび)
  4. 湯浅直樹、自身最高16位でシーズンを終える W-CUP最終戦アスペン
  5. 湯浅直樹自身最高3位! マドンナ・ディ・カンピリオSL
  6. 日本ダウンヒル復活 FISおんたけDH
  7. 湯浅直樹の近未来
  8. クリストッファーセン今季初勝利 湯浅直樹復活 バルディゼールSL
  9. 湯浅直樹4位 ノイロイターV W-CUPボルミオ
  10. ノイロイター今季初勝利 W-CUP湯沢苗場

月別アーカイブ

2017
09
07
03
02
01
2016
12
11
10
03
02
01
2015
12
10
07
03
02
01
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
08
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss