アルペンスキー撮影記

ペーター・フィルが逆転でDH種目別王者 W-CUPアスペン最終戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

快晴のアスペン、今季最終戦の緒戦、ダウンヒルは男子がドミニク・パリス、女子はイリカ・ステューヘックが勝利しました。

女子は「有終の美」を飾ったイリカが文句なく、自身初のDH女王となりました。

表彰式でも終始笑顔で、涙は無しの勝者。初の種目別チャンピオン、おめでとうございます!

写真右がイリカ。左は種目別2位のソフィア・ゴッジャ。

今季は滑降開幕戦レイクルイーズから3連勝で波に乗り、4度の優勝、3位2度と安定した成績で初の栄冠を射止めました。来季以降も楽しみな選手の登場です。

男子は2位にペーター・フィルに対し昨日のトレーニングランと同じ11位に沈んだケティル・ヤンスル、これで勝負あり。

33ポイント差のヤンスルのリードは逆転され結局23ポイント差でペーター・フィルが2年連続での滑降チャンピオンとなりました。

34歳のベテラン、今季は一度も勝利がなく、4度の2位での栄冠獲得です。

クレバーで安定した滑りがクリスタルトロフィーをもたらしたと言えるでしょう。おめでとうございます。

明日はSG。

男子はすでにケティル・ヤンスルの種目別チャンピオンが決まっていますが、女子はイリカ・ステューヘックとティナ・ワイラーターの一騎打ちでその差15ポイントです。

もちろん、勝った方が種目別女王を手中にしますが共に初の栄冠になるだけに、熾烈な戦いとなるでしょう。

それでは、また明日!

下記にも今日の写真を掲載しておりますので、どうぞご覧いただき、ページに「いいね」をよろしくお願いいたします!

Shinichiro Tanaka Photography



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

アスペン到着【アルペンスキー撮影記】

3月12日・ジャンプ女子W杯最終戦 オスロ大会 高梨沙羅・単独での歴代最多勝利に王手!【0 to zeroのhorizon】

男子モーグル世界選手権 堀島行真選手 優勝【harachirythm】

ブロガープロフィール

profile-iconshinichiro

私とスキーとの出会いは、日本中がバブルに浮かれていた1980年代の後半でした。
それから20年、アルペンスキーWorld Cupの魅力にはまり毎年ヨーロッパアルプスを転々としながら撮影しています。
冬はほとんどアルペンスキーの撮影に費やし春から秋は様々なスポーツの撮影や山岳写真などを撮っています。
1968年東京生まれ フリーランスフォトグラファー
  • 昨日のページビュー:174
  • 累計のページビュー:2921042

(11月17日現在)

関連サイト:Shinichiro Tanaka Photography

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 佐々木明、全日本チームから外れる
  2. 盛夏 男子ヘッドコーチ決定
  3. 湯浅直樹 距骨骨折(ひび)
  4. 湯浅直樹、自身最高16位でシーズンを終える W-CUP最終戦アスペン
  5. 日本ダウンヒル復活 FISおんたけDH
  6. 湯浅直樹自身最高3位! マドンナ・ディ・カンピリオSL
  7. 湯浅直樹の近未来
  8. クリストッファーセン今季初勝利 湯浅直樹復活 バルディゼールSL
  9. 湯浅直樹4位 ノイロイターV W-CUPボルミオ
  10. ノイロイター今季初勝利 W-CUP湯沢苗場

月別アーカイブ

2017
10
09
07
03
02
01
2016
12
11
10
03
02
01
2015
12
10
07
03
02
01
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
08
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss