アルペンスキー撮影記

ステファノ・グロス、ダントツラップ W-CUPクラニスカ・ゴラSL ミヒャエル・マット初優勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

小雨がポツポツと降るクラニスカ・ゴラ、1本目はステファノ・グロスが2位ミヒャエル・マットに1.15秒もの大差をつけるダントツのトップタイムを出しました。

3位にマルセル・ヒルシャー、1.47秒差。これは2本目の猛ラッシュ、100%全開の滑りが見れるかもしれませんね。

我らが湯浅直樹は2.73秒遅れの12位につけました。2本目は何とか一桁順位を確保して欲しいと思います。

40番のユン・ドンヒュンを撮ってコースの端っこを降りてきましたが、ゴール前の急斜面はボコボコと言っていいほど掘れていました。

2本目、もしかしたら「どんでん返し」もあるかもしれません。湯浅のジャンプアップに期待しましょう!

2本目はほぼ雨も上がりましたが、コース状況は1本目と変わらず、掘れが目立つバンピーでタフなレースとなりました。

多くの選手が1本目のリードを失って下位に沈みましたが、1本目2位につけたミヒャエル・マットが大逆転でステファノ・グロスを下し、ワールドカップ初優勝を遂げました。

おめでとうございます!

湯浅直樹の2本目はゴールで待ち構えていました。

他の選手より勢い良くスタートしすぎたと思った直後、このセットの「危険箇所第一弾」と私が考えていたヘアピンにもろにハマってしまい、コースアウト。

世界選手権の雪辱を果たせず悔しい結果となりました。「リベンジ」は最終戦に持ち越しです。

SL種目別優勝も今日決定。マルセル・ヒルシャーがクリストッファーセンからクリスタルトロフィーを奪い返しました。

さあ、男子レースは残すは最終戦のみとなりました。

種目別はSGもすでにケティル・ヤンスルに決まっていますので、滑降種目別優勝争いは彼とペーター・フィルとの一騎打ちが楽しみです。

私は明日帰国し、アスペンまでちょっと休憩いたします。それではまた最終戦で。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ステファノ・グロス、ダントツラップ W-CUPクラニスカ・ゴラSL ミヒャエル・マット初優勝

表彰台の写真を見て、ふと思いました。
ドイツ人がイタリア製でイタリア人がドイツ製、そしてオーストリア人がフランス製。笑

こんな記事も読みたい

小笠原歩のチームが優勝、世界選手権へ! ピョンチャン五輪出場への道は!?(日本ミックスダブルス・カーリング2017)【0 to zeroのhorizon】

明暗が分かれたノルディックスキー世界選手権2017【スポーツ えっせい】

マルセル・ヒルシャー他を圧倒 W-CUPクラニスカ・ゴラGS【アルペンスキー撮影記】

ブロガープロフィール

profile-iconshinichiro

私とスキーとの出会いは、日本中がバブルに浮かれていた1980年代の後半でした。
それから20年、アルペンスキーWorld Cupの魅力にはまり毎年ヨーロッパアルプスを転々としながら撮影しています。
冬はほとんどアルペンスキーの撮影に費やし春から秋は様々なスポーツの撮影や山岳写真などを撮っています。
1968年東京生まれ フリーランスフォトグラファー
  • 昨日のページビュー:453
  • 累計のページビュー:2874160

(03月29日現在)

関連サイト:Shinichiro Tanaka Photography

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 佐々木明、全日本チームから外れる
  2. 盛夏 男子ヘッドコーチ決定
  3. 湯浅直樹 距骨骨折(ひび)
  4. 湯浅直樹自身最高3位! マドンナ・ディ・カンピリオSL
  5. 日本ダウンヒル復活 FISおんたけDH
  6. クリストッファーセン今季初勝利 湯浅直樹復活 バルディゼールSL
  7. 湯浅直樹4位 ノイロイターV W-CUPボルミオ
  8. 湯浅直樹の近未来
  9. ノイロイター今季初勝利 W-CUP湯沢苗場
  10. 湯浅直樹 リハビリ開始

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
03
02
01
2015
12
10
07
03
02
01
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
08
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss