アルペンスキー撮影記

マルセル・ヒルシャー他を圧倒 W-CUPクラニスカ・ゴラGS

このエントリーをはてなブックマークに追加

マルセル・ヒルシャーが2位のクリストッファーセンに0.97秒もの大差をつけて1本目トップに立ちました。

パンテュローはコース中盤でコースアウト。

マテュー・フェブラも1.38秒遅れの7位で、ほぼ、GSチャンピオン争いは勝負あり。

小雨降るコンディションでマルセルが2本目にどんな滑りを見せてくれるでしょう、楽しみですね。

2本目は20人滑ったところでコース上部濃霧のため中断、その後もノイロイターが滑った直後に1度中断しながら、何とかレースは成立しました。

「ぜんぜん前が見えない」というゼスチャーをゴールで見せる選手が多い中、マルセルは慎重なラインながらも、その決めたラインに全力でアタックするかのような好走をみせ、1本目のリードを失いながらも何とか逃げ切り、今季5勝目、W-CUP通算44勝目を挙げました。

そして最終戦を残して、GS種目別チャンピオンを今日、決めました。3年連続の戴冠です。

また、総合チャンピオンも残り5レースを残して今日決定。総合6連覇はもちろん、6度目の総合優勝はマーク・ジラルデリを抜き、単独トップとなりました。

ワールドカップ50周年の記念すべきシーズン、その歴史に大記録を刻むことになりました。

彼を讃えるにふさわしい言葉はなかなか簡単に出てきませんね。

サブプレスセンターでの記者会見では、

「多くの人たちに感謝します、そして大きな怪我もなくここまでこれて、丈夫な身体と自分の気持ちにも賞賛をしたい、ガールフレンド、家族、チームスタッフ、皆さんに感謝です」

と話しました。相変わらず優等生発言ですね。笑

さて、レース後は小雨だった雨がサブプレスセンターのビニールテント屋根を強く叩くようになってきました。明日のSLのコース状況が心配になります。

もちろん、数日前にインジェクションを打ち込んではあるものの、今日コース内を横滑りした限りではその効果はあまりなく、ザラメ雪で明日のコースも荒れそうです。

湯浅には明日は何とかポイントを取って、最終戦アスペンでの第一シードを手中にして欲しいと思います。日本からも応援よろしくお願いいたします!



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

クラニスカ・ゴラ到着【アルペンスキー撮影記】

【札幌校舎スキー部】インカレ男子総合準V、女子総合3位に【東海スポーツ】

ピョンチャン五輪採用競技 日本ミックスダブルスカーリング選手権2017開幕! 世界への切符をつかむのは!?【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconshinichiro

私とスキーとの出会いは、日本中がバブルに浮かれていた1980年代の後半でした。
それから20年、アルペンスキーWorld Cupの魅力にはまり毎年ヨーロッパアルプスを転々としながら撮影しています。
冬はほとんどアルペンスキーの撮影に費やし春から秋は様々なスポーツの撮影や山岳写真などを撮っています。
1968年東京生まれ フリーランスフォトグラファー
  • 昨日のページビュー:303
  • 累計のページビュー:2894635

(07月23日現在)

関連サイト:Shinichiro Tanaka Photography

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 佐々木明、全日本チームから外れる
  2. 盛夏 男子ヘッドコーチ決定
  3. 湯浅直樹 距骨骨折(ひび)
  4. 湯浅直樹自身最高3位! マドンナ・ディ・カンピリオSL
  5. 日本ダウンヒル復活 FISおんたけDH
  6. 湯浅直樹、自身最高16位でシーズンを終える W-CUP最終戦アスペン
  7. クリストッファーセン今季初勝利 湯浅直樹復活 バルディゼールSL
  8. 湯浅直樹の近未来
  9. 湯浅直樹4位 ノイロイターV W-CUPボルミオ
  10. ノイロイター今季初勝利 W-CUP湯沢苗場

月別アーカイブ

2017
07
03
02
01
2016
12
11
10
03
02
01
2015
12
10
07
03
02
01
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
08
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss