アルペンスキー撮影記

マルセル・ヒルシャー金 小山陽平42位 サンモリッツ世界選手権 男子GS

このエントリーをはてなブックマークに追加

曇天のサンモリッツ、男子GSを制したのはマルセル・ヒルシャーでした。

2位には22番スタート、オーストリア第4の男、ローランド・ライツインガー、そして銅メダルはラルフ・クリスチャン・ハルゲン。

今季好調のパンテュローをはじめとするフランスGS部隊及び、イタリアGS部隊は一人も表彰台に上がれませんでした。

硬く氷結した箇所もいくつか見られ、幾度もの斜面変化に振られたセット、多くの選手が対応に苦労していました。

世界選手権初出場の小山陽平は60番スタートから1本目5.19秒遅れの53位。

コーチによれば、ちょっと完走を目指した消極的な滑りだったようですが、小雪舞い視界が悪くなった2本目は順位を上げ、トータルで42位、結果を残して終えました。

ゴール後、彼の話を聞く機会はありませんでしたが、何とか自分の中で得るものがあるといいなと思います。

今日も無事に撮影を終えて、アパートに戻りましたが、間一髪の経験をしました。

2本目のインスペクションに合わせてスイスのロイック・メイラッド選手とリフトに乗っていたところ、

「シュルシュルッ!」と細い大蛇のようなものが前方から迫ってきてリフトのフードに「バカーン」と大きな音を立てて激突。

また「シュルシュルッ!」と音を立てて後方に落ちて行きました。

私とメイラッドは「ウオーーー」と大声を出してびっくり! 

リフトのフードのおかげで体に当たることなく無事でした。

どうやら2本目インスペクション開始前の航空ショーばりの飛行機が低空飛行でテレビの空中ケーブルを引っ掛けたらしく、それが風に流れてリフトケーブルに絡まり落ちてきたようでした。

復旧は思いの外早く、15分程度でリフトは運転再開しましたが、ハーネスをつけた作業員が必死に鉄塔に登って、絡まったケーブルを除去していなければもっと2本目のスタート時間は遅れていたでしょう。

写真は停止したリフトから。下でケーブルを片つける人が見えます。

飛行機6機?はそのまま、逃げるように中途半端な航空ショーで去って行きました。あー、危なかった。

何せ、私たちの2つ前の搬機にはマルセル・ヒルシャーも乗っていましたからね。ドローン落下といい、思いもよらぬことがあるので、さらに明日以降も注意して撮影に臨みます!

明日は清澤恵美子、安藤麻両選手の出場する女子SLです!

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

アイスホッケー男子のレーティング(2016年末)【konakalab】

テッサ・ウオーリー金 安藤麻35位 サンモリッツ世界選手権 女子GS【アルペンスキー撮影記】

ジャンプ女子W杯・第18戦 高梨沙羅が歴代最多の53勝に到達! 伊藤有希は最長不倒で2位! 【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconshinichiro

私とスキーとの出会いは、日本中がバブルに浮かれていた1980年代の後半でした。
それから20年、アルペンスキーWorld Cupの魅力にはまり毎年ヨーロッパアルプスを転々としながら撮影しています。
冬はほとんどアルペンスキーの撮影に費やし春から秋は様々なスポーツの撮影や山岳写真などを撮っています。
1968年東京生まれ フリーランスフォトグラファー
  • 昨日のページビュー:185
  • 累計のページビュー:2907290

(09月23日現在)

関連サイト:Shinichiro Tanaka Photography

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 佐々木明、全日本チームから外れる
  2. 盛夏 男子ヘッドコーチ決定
  3. 湯浅直樹 距骨骨折(ひび)
  4. 湯浅直樹、自身最高16位でシーズンを終える W-CUP最終戦アスペン
  5. 湯浅直樹自身最高3位! マドンナ・ディ・カンピリオSL
  6. 日本ダウンヒル復活 FISおんたけDH
  7. 湯浅直樹の近未来
  8. クリストッファーセン今季初勝利 湯浅直樹復活 バルディゼールSL
  9. 湯浅直樹4位 ノイロイターV W-CUPボルミオ
  10. ノイロイター今季初勝利 W-CUP湯沢苗場

月別アーカイブ

2017
09
07
03
02
01
2016
12
11
10
03
02
01
2015
12
10
07
03
02
01
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
08
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss