アルペンスキー撮影記

テッサ・ウオーリー金 安藤麻35位 サンモリッツ世界選手権 女子GS

このエントリーをはてなブックマークに追加

快晴のサンモリッツ、女子GS1本目は1番スタートのテッサ・ウオーリーがラップをとりました。

2位ソフィア・ゴッジャが+0.48秒 、3位ミカエラ・シフリンが+0.72秒でつけています。

32番スタートの安藤麻は4.13秒遅れの40位で2本目を滑ります。

20位との差は2.10秒で、平昌オリンピック出場選考基準には絶望的なタイム差ではありますが、2本目は自分の納得のいく滑りを見せて欲しいと思います。

追記:隣村で行われている、男子GS予選、10番スタートの小山陽平は1本目36位。明日の出場は国枠があり間違いないところではありますが、もう少し順位を上げてくれるでしょう。

快晴のまま行われた2本目は結局、テッサ・ウオーリーが逃げ切り、金メダル。

前々回、シュラトミング世界選手権でのGSゴールド以来、2度目の金メダル獲得です。

そういえば、同じような万歳写真をゴールで撮ったのを思い出しました。

肩の脱臼であまり上がらない右手で何とか撮っていたのが今ではいい思い出です。苦笑。

銀はミカエラ・シフリン、GSでは自身初のメダルです。

銅は自身初、ソフィア・ゴッジャ。SLにも出場するオールラウンダーで今シーズン、急激に力をつけGSからDH、ACまで表彰台に9度上がっている「昇り竜」です。ワールドカップ初勝利も時間の問題でしょう。

安藤麻は2本目に順位を上げ35位。

自身初の世界選手権で記録を残しました。SLでも自分の力を発揮した滑りをして欲しいと思います。

今日はレース直後、脱兎のごとく山を降り、日本チームの撮影を行いました。

男子は湯浅直樹、小山陽平、女子は清澤恵美子と安藤麻、計4選手です。

長谷川絵美がこの中にいないのが残念ではありますが、日本では白馬国体でその実力をまざまざと見せつけたようですね。

小山陽平は予選2本目で順位を上げ、29位。すいません、まだ明日の男子GSへの出場は確定ではありませんでした。この後のキャプテンミーティングではっきりします。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ジャンプ女子W杯・第18戦 高梨沙羅が歴代最多の53勝に到達! 伊藤有希は最長不倒で2位! 【0 to zeroのhorizon】

高梨沙羅、複雑な2シーズン連続W杯総合優勝決定【スポーツ えっせい】

ジャンプ女子W杯・第17戦 高梨沙羅は総合優勝を決めるも、伊藤有希に敗れる…歴代最多優勝の記録は次戦にもちこし!【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconshinichiro

私とスキーとの出会いは、日本中がバブルに浮かれていた1980年代の後半でした。
それから20年、アルペンスキーWorld Cupの魅力にはまり毎年ヨーロッパアルプスを転々としながら撮影しています。
冬はほとんどアルペンスキーの撮影に費やし春から秋は様々なスポーツの撮影や山岳写真などを撮っています。
1968年東京生まれ フリーランスフォトグラファー
  • 昨日のページビュー:131
  • 累計のページビュー:2921172

(11月18日現在)

関連サイト:Shinichiro Tanaka Photography

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 佐々木明、全日本チームから外れる
  2. 盛夏 男子ヘッドコーチ決定
  3. 湯浅直樹 距骨骨折(ひび)
  4. 湯浅直樹、自身最高16位でシーズンを終える W-CUP最終戦アスペン
  5. 日本ダウンヒル復活 FISおんたけDH
  6. 湯浅直樹自身最高3位! マドンナ・ディ・カンピリオSL
  7. 湯浅直樹の近未来
  8. クリストッファーセン今季初勝利 湯浅直樹復活 バルディゼールSL
  9. 湯浅直樹4位 ノイロイターV W-CUPボルミオ
  10. ノイロイター今季初勝利 W-CUP湯沢苗場

月別アーカイブ

2017
10
09
07
03
02
01
2016
12
11
10
03
02
01
2015
12
10
07
03
02
01
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
08
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss