アルペンスキー撮影記

マルセル・ヒルシャー大逆転勝利 キッツビュールSL

このエントリーをはてなブックマークに追加

マルセル・ヒルシャーが1本目1.02秒遅れの9位から大逆転勝利、ワールカップ通算42勝目をあげました。キッツビュールSLは2013年以来の勝利です。

今日も雲ひとつない快晴でしたが、程よく冷え込みコースはカリカリ、ツルツル状態。

コースは全体的に左足下りの片斜面。その斜面変化に合わせて難易度の高いセットが立ちました。

1本目、ここまで無敵を誇っていた3番スタートのヘンリック・クリストッファーセンがコースアウト。

それに引きずられるかのように、アンドレ・ミューラー、マンフレッド・メルグ、マティアス・ハルギン、パトリック・ターラーと5人もコースアウトし、第一シードの3分の1がレース開始まもなく消えました。

結局、1本目で27人が消えるサバイバルレースとなりましたが、湯浅直樹はウェンゲンの悪い流れを引きずることなく、しっかりと13位に入って2本目に進みました。

結局、2本目で順位を落として19位となりましたが、昨季までとは違い、「失敗の連鎖」に迷いこまないところは評価できるレースだと私は思います。

今日の12ポイントでスターティングリストは25位を確保。今季スタンディングも15位となっています。

明後日は得意のシュラトミング。

「湯浅直樹の近未来」で描いたようにはいきませんでしたが、得意のコースで表彰台に上がるようなことがあれば、世界選手権は第一シードで滑る可能性もあります。

湯浅直樹の近未来

大逆転Vのマルセル・ヒルシャーにあと一歩と迫ったのはデーブ・ライディング。

1本目ラップを奪い、プレッシャーのかかる中、しっかり2本目を滑りきり自身初の表彰台2位となったのは立派の一言です。

今日も多くの観客を集めたキッツビュール、2本目はマルセル・ヒルシャーの圧巻の滑りによる逆転勝利で盛り上がりは最高潮でした。

私は記憶にない5日間連続の雲ひとつない晴天下の第77回のハーネンカムレーネンは5万人の観客を大いに満足させたことでしょう。

明日は移動日。今晩はカメラマン仲間と食事して気持ちを休め、ゆっくり寝て、火曜日のナイトレースに備えたいと思います。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

マルセル・ヒルシャー大逆転勝利 キッツビュールSL

そうですね、私もライディングが表彰台に上がるなんて数年前には思いもしませんでした。
今日は湯浅に期待します!

マルセル・ヒルシャー大逆転勝利 キッツビュールSL

ライディングの表彰台、こんな日が来るんだなって、感動してました。
コロシロフと5、60番台をウロウロしている時は正直二人共、どこまでいけるのかな?と
イギリスと言えば日本では雪なし県のようなものなので、どうしてるのかと思えば
人工芝スキー場が練習場だったり
自分のホームページの大きく書いた自動車に乗ってスポンサー探しをしたり
日本以上にスキーがマイナー競技の中で、好きなスポーツのために人生を捧げている感じがしてました
イギリスのアルペンもソチでフリースタイルがメダル取ったので予算をもらってるのにサポートはほどんどないらしく
次世の選手達のために平昌での活躍を目指しているようです。

なので湯浅選手今日はが頑張って欲しいです!

こんな記事も読みたい

ドミニク・パリス、2度目のシュトライフ制圧 キッツビュール滑降【アルペンスキー撮影記】

ジャンプ女子W杯・第10戦蔵王 伊藤が日本で3勝目! 50勝目前の高梨は0.8差で2位!【0 to zeroのhorizon】

マティアス・マイヤー、キッツビュール初制覇 SG【アルペンスキー撮影記】

ブロガープロフィール

profile-iconshinichiro

私とスキーとの出会いは、日本中がバブルに浮かれていた1980年代の後半でした。
それから20年、アルペンスキーWorld Cupの魅力にはまり毎年ヨーロッパアルプスを転々としながら撮影しています。
冬はほとんどアルペンスキーの撮影に費やし春から秋は様々なスポーツの撮影や山岳写真などを撮っています。
1968年東京生まれ フリーランスフォトグラファー
  • 昨日のページビュー:185
  • 累計のページビュー:2884004

(05月08日現在)

関連サイト:Shinichiro Tanaka Photography

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 佐々木明、全日本チームから外れる
  2. 盛夏 男子ヘッドコーチ決定
  3. 湯浅直樹 距骨骨折(ひび)
  4. 湯浅直樹自身最高3位! マドンナ・ディ・カンピリオSL
  5. 日本ダウンヒル復活 FISおんたけDH
  6. 湯浅直樹、自身最高16位でシーズンを終える W-CUP最終戦アスペン
  7. クリストッファーセン今季初勝利 湯浅直樹復活 バルディゼールSL
  8. 湯浅直樹の近未来
  9. 湯浅直樹4位 ノイロイターV W-CUPボルミオ
  10. ノイロイター今季初勝利 W-CUP湯沢苗場

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
03
02
01
2015
12
10
07
03
02
01
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
08
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss