アルペンスキー撮影記

湯浅直樹の近未来

このエントリーをはてなブックマークに追加

「世界で湯浅にしかできない滑りがある」

そう始まる24日朝刊の記事を読まれた方も多いのではないでしょうか。

湯浅直樹、久々のW杯一桁順位は「復活」の見出しとともに毎日、産経などの師走の全国紙のスポーツ面を堂々と飾りました。

以前にも幾度かこのブログで紹介した私の「戦友」である共同通信の戸部氏の執筆ですが、日本全国、多くの新聞社のスポーツ担当がその価値を認めての大きな掲載となりました。

記事内容を読んでいただくと、ソチオリンピック、そして平昌オリンピックのことをからめ、アルペンスキーW杯というもの自体をよくご存知ない読者の方々にもわかりやすく書かれています。

もちろん、私はワールドカップで勝つことはオリンピックや世界選手権で勝つことよりも難しく価値あるものと考えているひとりなので、どうしてもオリンピックをからめて書かざるを得ない日本のマイナースポーツの「宿命」のようなものは報道する側が変えていかなければならないものだろうと考えています。

いずれにせよ、この12月2戦の活躍で「復活」を「宣言」できる滑りを見せてくれた湯浅直樹はその滑りが報道されることによって、さらに新たなファンを獲得し、より日本でのアルペンスキーの認知度向上に貢献していくことでしょう。

あらためて大きな感謝と、2017年の期待を込めて

私は「今年もクリスマスプレゼントをどうもありがとう! 2017年もどうぞよろしくお願いします。」という気持ちです。

冒頭の写真は2本目、ラップを逃して悔しがる湯浅直樹。

レース後、開口一番は「勝ちたい!」でした。

「自分としてはコツコツやってきて、(良い)感覚を得て一つ一つビルドアップしてきたつもりですが、現時点であれだけの差があって、追いつきたいんですけど、まだもう一皮むける必要があるなと思う。強敵かなと」

湯浅自身が認めるだけでなく、日本で映像をご覧になっているアルペンスキーファンのみなさまもお感じになっていらっしゃるでしょう。

今、SLでヘンリック・クリストッファーセンとマルセル・ヒルシャーの滑りは抜きん出ており、この2人は「別格扱い」の次元と言っても差し支えないレベルです。

「命をかけてやっていますが、本当に死んでもいいからというつもりで滑ったとしても、勝てるかどうかわからない相手なので、逆にここで吹っ切れた気がしないでもない。次からも思う存分アタックして、なおかついい滑りができないとやっぱりあいつらには届くどころか、軽くあしらわれて、あの2人の戦いを枠の外で見ているしかないんだなっていう気持ちでいっぱいなので」

それでも、湯浅は36番スタートの1本目、トップ、クリストッファーセンとのタイム差は0.72秒差の8位。

第一計時は16.96秒で16.98秒のヘンリックを0.02秒上回るラップタイムだった。

これは湯浅自身、過去2番目のトップとのタイム差で、1本目の中間計時でラップを出すのは初めてのことだった。

(1本目過去最小のタイム差は2011年3月クラニスカ・ゴラで20番スタートから0.52秒差の8位につけたとき。この時のラップはスウェーデンのアクセル・ベック。湯浅は2本目のゴール目前でコースアウトし、優勝はマリオ・マットだった。ちなみに3位表彰台に立った2012年のマドンナは1本目2.06秒差の26位だった)

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

浅田真央の不振は残念ではあるが【スポーツ えっせい】

本郷理華選手、自分に負けるな!貪欲に這い上がれ!全日本フィギュア2016【フィギュアスケートを楽しく観たいから】

ポスト羽生結弦は宇野昌磨【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconshinichiro

私とスキーとの出会いは、日本中がバブルに浮かれていた1980年代の後半でした。
それから20年、アルペンスキーWorld Cupの魅力にはまり毎年ヨーロッパアルプスを転々としながら撮影しています。
冬はほとんどアルペンスキーの撮影に費やし春から秋は様々なスポーツの撮影や山岳写真などを撮っています。
1968年東京生まれ フリーランスフォトグラファー
  • 昨日のページビュー:174
  • 累計のページビュー:2921042

(11月17日現在)

関連サイト:Shinichiro Tanaka Photography

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 佐々木明、全日本チームから外れる
  2. 盛夏 男子ヘッドコーチ決定
  3. 湯浅直樹 距骨骨折(ひび)
  4. 湯浅直樹、自身最高16位でシーズンを終える W-CUP最終戦アスペン
  5. 日本ダウンヒル復活 FISおんたけDH
  6. 湯浅直樹自身最高3位! マドンナ・ディ・カンピリオSL
  7. 湯浅直樹の近未来
  8. クリストッファーセン今季初勝利 湯浅直樹復活 バルディゼールSL
  9. 湯浅直樹4位 ノイロイターV W-CUPボルミオ
  10. ノイロイター今季初勝利 W-CUP湯沢苗場

月別アーカイブ

2017
10
09
07
03
02
01
2016
12
11
10
03
02
01
2015
12
10
07
03
02
01
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
08
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss