アルペンスキー撮影記

盛夏 男子ヘッドコーチ決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

かなりごぶさたいたしておりました。

知らないあいだにこのブログのデザインもかなり変わっておりました。(苦笑)

最終戦メリベルから帰国後はすぐに春の選抜に甲子園へ、その後も大学野球、高校野球、プロ野球、そして陸上の撮影とゆっくりする暇もなくせっせと活動しております。

「出版不況」のおり、雑誌の仕事があるのは本当にありがたいことです。

「スポーツカメラマン業界」は2001年頃から本格的にフィルムからデジタルへの移行が始まりました。

その勢いは加速度的に進行し、プロ向けのラボ(現像所)は瞬く間に閉鎖に追い込まれ、日本のフィルムメーカーの筆頭、富士フィルムも今や民生商品で力を入れているのは化粧品です。

ここ15年の間に、プロ用デジタルカメラの使用率はスポーツの世界では100%と言いきっていいでしょう。もうフィルムカメラを現場で見ることはなくなりました。

インターネットの普及で新聞や雑誌の紙媒体も同じ憂き目にあうと以前から様々なところで言われてはいますが、その変化の速度はフィルムからデジタルほど急速ではないようで、逆に最近ではネットと紙媒体の「棲み分け」が構築されつつあるのではないかと私は感じています。

スポーツ写真のなかで細かく言えば、ネットや新聞で使われる写真と雑誌で使われる写真は異なる部分も大いにあり、「写真の違いがわかる」多くの読者に向け、「専門雑誌でしか表現できない写真」を目指して私も日々、撮影していきたいと思っています。

私事で恐縮ですが、今冬には自身2回目の写真展をキヤノンギャラリー銀座と札幌、名古屋でそれぞれ開催いたします。

もちろんアルペンスキーの写真のみで構成し、大きなパネルで迫力ある見せ方をしたいと考えており、微力ではありますが、来年2月13、14日の苗場ワールドカップ開催の盛り上げに一役買えればと思っております。

開催日程などはまたこのブログでお知らせいたしますので、お時間のある方はぜひ一度足をお運びいただき、ナマの写真プリントをご覧いただけたら幸いです。

さて、その2015-16シーズンのワールドカップ日程も先月に決まりました。

例年とおり、オーストリアのセルデンで10月24日に開幕し、11月はレビ、その後北米シリーズと定期の会場をまわりますが、12月22日には昨年に続きイタリアのマドンナ・ディ・カンピリオでのSLの開催が決まりました。

マドンナはその後も常設となる予定で、3年後の2018年まで、昨年から含めると5年連続での開催予定となっています。

湯浅直樹の初、そして現状唯一の「表彰台の地」であるので、「3位よりさらに上へ」の期待も毎年のように高まって楽しみですね。

写真は湯浅直樹、2012年12月18日、ワールドカップ3位、マドンナ・ディ・カンピリオ。

マドンナでの活躍もそうですが、来季はもちろん、苗場での勇姿にも期待したいところです。それも第一シード入りしての「凱旋レース」となるのが理想ですが、それにはシーズン初戦、レビから確実に二桁ポイントを獲っていく必要があるでしょう。

例年、「エンジンのかかりが遅い」湯浅なので、このオフシーズンのトレーニングがスタートダッシュできるかどうかの鍵を握り、秋の遠征でどれだけ滑り込めるかが大きなポイントとなりそうです。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【ノスタルジックビュー】NHLドラフトの注目ポイント【@nhltokyo】

【ノスタルジックビュー】NHLアワードの注目ポイント【@nhltokyo】

ISU communicationsから2015-2016シーズンのルールを確認する【俺は本当はデブじゃない】

ブロガープロフィール

profile-iconshinichiro

私とスキーとの出会いは、日本中がバブルに浮かれていた1980年代の後半でした。
それから20年、アルペンスキーWorld Cupの魅力にはまり毎年ヨーロッパアルプスを転々としながら撮影しています。
冬はほとんどアルペンスキーの撮影に費やし春から秋は様々なスポーツの撮影や山岳写真などを撮っています。
1968年東京生まれ フリーランスフォトグラファー
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2921042

(11月18日現在)

関連サイト:Shinichiro Tanaka Photography

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 佐々木明、全日本チームから外れる
  2. 盛夏 男子ヘッドコーチ決定
  3. 湯浅直樹 距骨骨折(ひび)
  4. 湯浅直樹、自身最高16位でシーズンを終える W-CUP最終戦アスペン
  5. 日本ダウンヒル復活 FISおんたけDH
  6. 湯浅直樹自身最高3位! マドンナ・ディ・カンピリオSL
  7. 湯浅直樹の近未来
  8. クリストッファーセン今季初勝利 湯浅直樹復活 バルディゼールSL
  9. 湯浅直樹4位 ノイロイターV W-CUPボルミオ
  10. ノイロイター今季初勝利 W-CUP湯沢苗場

月別アーカイブ

2017
10
09
07
03
02
01
2016
12
11
10
03
02
01
2015
12
10
07
03
02
01
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
08
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss