アルペンスキー撮影記

湯浅直樹 リハビリ開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

shinichiro-459219.jpg

湯浅直樹と会ってきました。

テレビ局やその他の報道関係の取材を一切断っているなか、私と「戦友」にだけ、時間をくれました。

もちろん、断っているのには理由があります。

現状の本人の感覚では、このあとのリハビリでケガが回復し、1ヶ月後のソチのスタートバーの前に立てるようになるとは明確には言えないからです。

心境を聞かれても、リハビリに集中するだけ、今やれることをやるだけで、1ヶ月後はわからないとしか言いようがないからです。

正直、「五分五分です」。


湯浅直樹はこれからしばらくインスブルックに滞在し、リハビリに専念します。そして経過をみてランニング等のトレーニングを再開することになります。

ソチにも行きます。でもそれは、レースに出るということとイコールではありません。

すべてはこれからの1ヶ月の回復具合にかかっています。


私は正直、オリンピック出場よりも、彼の身体のほうが心配です。

今まで数えきれないくらいの無理をしてきた彼ですが、今回は「ほんとうに無理をしないように」というのが私の今の気持ちです。


今晩は湯浅直樹からいくつかの「プレゼント」ももらいました。

オリンピックとはまったく関係のないことですが、来季以降がワクワクするような話をしてくれました。

本当に私は幸せだと思います。45歳にもなるおっさんを、こんなにも夢中にさせ、気持ちを熱くさせる選手は他にいないと思います。

その「プレゼント」の内容は時期がきたらまた、このブログで発表いたします。

湯浅直樹ファンのみなさま、念じてください、祈ってください。
「オリンピックに出場できますように」ではなく、「ケガが早く治りますように」と。

再追記:共同通信伝

アルペンスキー男子のエースでソチ冬季五輪代表の湯浅直樹(スポーツアルペンク)が22日、骨折した右足首の手術(20日)後、初めて心境を語り「(執刀医には)とても小さな確率で五輪に出られると言われたが、自分は(間に合うと)120パーセント信じないといけない。五輪には出る」と早期回復へ強い意欲を示した。

 同日にインスブルックで患部を屈伸させるなど、トレーニング施設でのリハビリを開始。足の甲からくるぶしまでが腫れ、指の感覚が鈍い状態だが痛みはないという。約2週間リハビリを続け、骨の接合具合を再検査する。

 2006年トリノ五輪7位入賞の湯浅は、昨季のワールドカップ(W杯)男子回転で3位に入るなど、ソチではメダルを狙える実力をつけた。2月22日の男子回転を見据え「イメージはいい。W杯の最近2レースは調子が悪かったけど、こうなってしまったことで逆に一区切りできた。(出場できれば)このフラストレーションをうまく爆発させられると思う」と活躍を誓った。(共同)

再々追記: 湯浅直樹でブログ 「土俵際」
http://ameblo.jp/naoki-yuasa1321/entry-11755899421.html#cbox


追記:

まだまだラストレースというわけではありませんが、明の勇姿をワールドカップの舞台で見ることができるのは、もうそう多くはありません。金曜のハーネンカムレーネンは見逃せませんよ!

共同通信伝

アルペンスキー男子の第一線で長く活躍し、ワールドカップ(W杯)回転で日本選手最高の2位に3度入った実績を持つ32歳の佐々木明(ICI石井スポーツ)が22日、ソチ冬季五輪に挑む今季限りで引退する意向を明らかにした。山岳スキーのプロに転身する。

 「世界のトップにいるまま引退できる人はそう多くない。アスリートとして、そうした舞台にいるうちにキャリアを終えられるのはとても幸せ」と心境を明かした。今季の残りのW杯回転には出場する予定。

 北海道出身。182センチの長身と類いまれなスキーセンスに恵まれ、ダイナミックな切れ味鋭い滑りで、2000年代に日本のエースとして世界のトップと互角の戦いを演じた。03年1月に21歳でW杯2位に入り、06年にも志賀高原大会(長野)を含めて2度2位になった。アルペン日本勢の2位は佐々木と1988年の岡部哲也だけで、複数回は佐々木しかいない。

 過去3大会の五輪の回転は10年バンクーバー五輪の18位が最高成績で、世界選手権は01年と13年に19位になった。(共同)

アルペンスキー日本代表・佐々木明の手記

「僕に幸せな時間を与えてくれたアルペンスキーを今季で引退します。世界一の舞台で多くの仲間、サポート企業、ファン、そして家族に支えられて戦えた。幸運だった。体力も挑戦する気持ちも衰えていない。自分にとってスキーとはどういうものかと考える時間がとても多くなったことが、引退を決めた理由かも。

 物心ついたころから両親にスキーという遊びを与えてもらった。僕にとってかけがえのない遊びで、何よりスキーをすることが最高の喜びだった。

 どうなれば「スキーヤー」と胸を張って言えるのか、10年以上考えています。それは多くの人に楽しんでもらい、刺激を与え、未来ある子どもたちに一つの道を示すこと。アルペンは自分が思い描くスキーヤー像に近づけてくれた。

 アルペンを真剣にやってきたけど、スキーという遊びが自分のルーツ。この後にどんな人生が待っているのか。とても興奮する。ルーツを大事に、最高のスキーヤーへ成長したい。硬く圧雪されたコースではなく、世界中の未開地で大きな斜面を滑り降りることに次の4年は集中したい。

 五輪は4度目です。いつも優勝を目標に競技をしています。今、自分が置かれている状況は分かっている。どんな状況でも勝ちにしがみつき、全力を出し切るのが僕に与えられた義務だと思う」




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

湯浅直樹 リハビリ開始

いい笑顔をくれました。なんか、こんな顔見てると、大丈夫な気になってきちゃいますよね。笑

ワールドカップでの明の勇姿、あとわずかです。しっかりと、見逃さないようにしてくださいね!

湯浅直樹 リハビリ開始

無理をしちゃう男ですからね

あと1か月切りました
信じましょう

明君の雄姿がもう少しで見れなくなるかと思うと寂しいですね
今日もしっかりテレビで見ます

湯浅直樹 リハビリ開始

イイ笑顔を見てチョット安心できました。
ありがとうございま~~~す。

こんな記事も読みたい

【ノルディック複合W杯】 今週末の大会は渡部暁斗選手の活躍に期待 【FOX SPORTS WINTER】

祝☆全国大会出場&1月23日【札幌アルペン】

欧州フィギュア リプニツカヤ優勝 圧巻演技にExciting!【日替わりExciting!】

ブロガープロフィール

profile-iconshinichiro

私とスキーとの出会いは、日本中がバブルに浮かれていた1980年代の後半でした。
それから20年、アルペンスキーWorld Cupの魅力にはまり毎年ヨーロッパアルプスを転々としながら撮影しています。
冬はほとんどアルペンスキーの撮影に費やし春から秋は様々なスポーツの撮影や山岳写真などを撮っています。
1968年東京生まれ フリーランスフォトグラファー
  • 昨日のページビュー:185
  • 累計のページビュー:2907290

(09月23日現在)

関連サイト:Shinichiro Tanaka Photography

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 佐々木明、全日本チームから外れる
  2. 盛夏 男子ヘッドコーチ決定
  3. 湯浅直樹 距骨骨折(ひび)
  4. 湯浅直樹、自身最高16位でシーズンを終える W-CUP最終戦アスペン
  5. 湯浅直樹自身最高3位! マドンナ・ディ・カンピリオSL
  6. 日本ダウンヒル復活 FISおんたけDH
  7. 湯浅直樹の近未来
  8. クリストッファーセン今季初勝利 湯浅直樹復活 バルディゼールSL
  9. 湯浅直樹4位 ノイロイターV W-CUPボルミオ
  10. ノイロイター今季初勝利 W-CUP湯沢苗場

月別アーカイブ

2017
09
07
03
02
01
2016
12
11
10
03
02
01
2015
12
10
07
03
02
01
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
08
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss