アルペンスキー撮影記

湯浅直樹 距骨骨折(ひび)

このエントリーをはてなブックマークに追加

湯浅直樹の怪我は、非常に深刻なものでした。

右足距骨の骨折(ひびが入っていた)でした。

1月20日、インスブルックの病院で緊急手術となりました。今頃は手術台の上だと思います。

キッツビュールはもちろん、シュラトミングも欠場。

常識的に考えれば、あと1ヶ月後に迫ったソチオリンピックも無理でしょう。

もちろん、出場の可能性はゼロではありませんが。

多くのファンのみなさま、ショックだと思います。

でも、湯浅本人が一番、落胆していると思います。みなさまの温かい励ましをどうぞ、彼のブログなどにお寄せください。

その励ましの一言、一言が彼のこれからの大きな力となります。

それは4年前と同じです。

まだソチオリンピック開幕前にこんなことを言うのは気が早すぎますが、なんとしてもピョンチャンオリンピックまでは現役を続行してもらい、4年後のオリンピックで湯浅ヒストリーをクライマックスにもっていってもらうことを私から本人に強く、強くお願いしたいと思います。

また詳しい新たなことがわかりましたら、このブログでお知らせいたします。


明日のキッツビュール、74回ハーネンカムレーネンのトレーニングラン1回目はキャンセルとなりました。

キッツビュールのコースは遠目に見る限り、滑るコースの場所だけに無理矢理、雪がつけてあり、あとは春のような景色のシュトライフです。

雪は「ない」と言ったほうが「正確」な状況です。


追記:昨晩、手術後の状況を取材した私の「戦友」による記事を下記に転載いたします。

(末尾の「共同」とは、共同通信の略称で、日本唯一の通信社です。余談ですが、日本には時事通信社という会社もありますが、共同通信社とは人員、取材力に雲泥の差があり、「報道のプロ」とはお世辞にも言えるような会社ではありません)

ソチ冬季五輪アルペンスキー男子回転でメダル獲得が期待される30歳の湯浅直樹(スポーツアルペンク)が20日、インスブルックの病院での精密検査で右足首の骨折が判明し、手術を受けた。経過は良好という。21日にもリハビリを開始し、2月22日にこの種目が行われる五輪出場を目指す。

 19日のワールドカップ(W杯)回転第5戦で転倒し、痛めた。日本男子チームの岩谷高峰ヘッドコーチは「足の内側にある距骨にひびが入っていた」と説明し、湯浅は手術前に「ソチもあやしいかもしれないけど医者を信じてやるしかない」と話していた。

 手術の成功を受けて岩谷コーチは「五輪はスタートできそう」と楽観的な見方を示した。五輪前のW杯2戦は欠場する。

 湯浅は昨季W杯回転第3戦で自己最高の3位に入った。今季も第3戦で自身2番目の好成績となる4位になり、20日に五輪代表入りが発表されたばかりだった。(共同)

さらに追記:共同通信伝

ソチ冬季五輪アルペンスキー男子代表で、骨折した右足首の手術を受けた30歳の湯浅直樹(スポーツアルペンク)が21日、インスブルックでリハビリを開始。

 2月22日の五輪回転でメダル獲得が期待される湯浅は1月19日のワールドカップ(W杯)回転第5戦で転倒し、負傷。右内側くるぶし下の距骨にひびが入っており、20日に2本のボルトで補修する手術を受けた。

 昨季W杯回転第3戦で自己最高の3位に入り、今季も第3戦で自身2番目の好成績となる4位になった。20日に五輪代表入りが発表されたばかりだった。

再々追記:

ソチ冬季五輪アルペンスキー男子回転でメダル獲得が期待される30歳の湯浅直樹(スポーツアルペンク)が20日、インスブルックの病院で骨折した右足首の手術を受けた。経過は良好で、21日には退院してリハビリの準備を始める見通しとなった。

 日本男子チームの岩谷高峰ヘッドコーチは「実際のリハビリはあす(22日)からになる。患部を少しずつ動かすことから始め、その範囲を広げていく」と説明した。2月22日に男子回転が行われる五輪出場を目指す。

 1月19日のワールドカップ(W杯)回転第5戦で転倒し、痛めた。右内側くるぶし下の距骨に入ったひびを、2本のボルトで補修する処置を受けた。同コーチは「五輪はスタートできそう」との見方を示した。五輪前のW杯2戦は欠場する。

 昨季W杯回転第3戦で自己最高の3位に入り、今季も第3戦で自身2番目の好成績となる4位になった。20日に五輪代表入りが発表された。(共同)

再再々追記:

 アルペンスキー男子のエースでソチ冬季五輪代表の湯浅直樹(スポーツアルペンク)が21日、骨折した右足首の手術を受けたインスブルックの病院を退院した。2月22日に行われる五輪男子回転の出場に向けて、経過は良好という。

 退院前には軽いリハビリを行い、松葉づえを突きながら廊下の歩行や階段の上り下りなどをした。所属チームの関係者は「手術後24時間も経過していないのに、と驚くばかり」と早い回復ぶりを説明した。

 今後はインスブルックのトレーニング施設でリハビリを続け、状況を見て雪上練習の開始時期を決める。

 湯浅は1月19日のワールドカップ(W杯)で負傷した。右内側くるぶし下の骨にひびが入り、20日に2本のボルトで補修する処置を受けた。(共同)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

湯浅直樹 距骨骨折(ひび)

みなさま、ショックでしょうし、心配でたまらないですよね。私もそうです。

でも、もう彼自身は「前を向いて」立ち上がっています。先のことはわかりませんが、応援する我々も前を向いてしっかり大地を踏みしめて、前進しましょう!

湯浅直樹 距骨骨折(ひび)

お久しぶりです。
このニュースはショックでした。。
キッツ楽しみにしていたのに。。。
とはいえ、今はドバイに居るので実際にLIVEで見ることは不可能となり雪とは関係の無いこの国で中継を見るのも困難です。
4年ぶりのオリンピック。。。
待ちに待ったオリンピック。。。。
まずは治療に専念して欲しいですね。。

湯浅直樹 距骨骨折(ひび)

取材ご苦労様です
湯浅選手は更にパワーアップして戻って来ます。
そう信じて応援し続けます。

湯浅直樹 距骨骨折(ひび)

ショックですねぇ

本人が一番ショックでしょうけど

医者を信じてやるしかないとのことなので、信じましょう

こんな記事も読みたい

ロシア・フィギュア男子代表が大迷走状態に【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

【ノルディック複合W杯】 「トリプル」はフレンツェルが完全優勝 【FOX SPORTS WINTER】

1月21日23日【札幌アルペン】

ブロガープロフィール

profile-iconshinichiro

私とスキーとの出会いは、日本中がバブルに浮かれていた1980年代の後半でした。
それから20年、アルペンスキーWorld Cupの魅力にはまり毎年ヨーロッパアルプスを転々としながら撮影しています。
冬はほとんどアルペンスキーの撮影に費やし春から秋は様々なスポーツの撮影や山岳写真などを撮っています。
1968年東京生まれ フリーランスフォトグラファー
  • 昨日のページビュー:201
  • 累計のページビュー:2907106

(09月22日現在)

関連サイト:Shinichiro Tanaka Photography

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 佐々木明、全日本チームから外れる
  2. 盛夏 男子ヘッドコーチ決定
  3. 湯浅直樹 距骨骨折(ひび)
  4. 湯浅直樹、自身最高16位でシーズンを終える W-CUP最終戦アスペン
  5. 湯浅直樹自身最高3位! マドンナ・ディ・カンピリオSL
  6. 日本ダウンヒル復活 FISおんたけDH
  7. 湯浅直樹の近未来
  8. クリストッファーセン今季初勝利 湯浅直樹復活 バルディゼールSL
  9. 湯浅直樹4位 ノイロイターV W-CUPボルミオ
  10. ノイロイター今季初勝利 W-CUP湯沢苗場

月別アーカイブ

2017
09
07
03
02
01
2016
12
11
10
03
02
01
2015
12
10
07
03
02
01
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
08
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss