アルペンスキー撮影記

佐々木明、全日本チームから外れる

このエントリーをはてなブックマークに追加

shinichiro-329617.jpg

さきほど、来季男子トップチームの大まかな陣容が報道されました。

佐々木、皆川が強化指定外れる/アルペン
http://www.sanspo.com/sports/news/20120622/ski12062220090000-n1.html

共同通信の記事です。近頃、社長の引責辞任までの問題となった例の時事通信が最も信頼をよせる?情報もとです。間違いはありません。(私の戦友です!)

男子ヘッドコーチには新たに岩谷高峰氏が起用され、クリスチャン・ライトナー氏もチームに残るとのこと。

選手はB指定に湯浅直樹。C指定は記事にはありませんでしたが、おそらく大越龍之介と石井智也が入るのでしょう。

(指定の基準が厳しくなったのは以前のブログで触れていますので過去ブログをご参照ください)http://www.plus-blog.sportsnavi.com/shinichiro/article/396

http://www.ski-japan.or.jp/official/saj/articles/info_20120116_01.html

そして、佐々木明は全日本チームから外れることとなりました。

確かに2011-12シーズンはワールドカップSL全戦に出場するも(最終戦除く)、一度も2本目に進むことができず、成績はありませんでした。

2003年の1月19日、ウェンゲンで65番スタートから2位という鮮烈なデビューを飾って以来、成績のないシーズンはもちろん今季が初めてではありますが、30歳という年齢も考慮にあるのか、厳しい措置となりました。

日本トップ選手が全員出場した3月の全日本選手権では優勝し、FISのSLポイントも湯浅に次ぐ日本人2位の彼にとっては屈辱だと思います。

ワールドカップ出場権は湯浅のほかに国枠がひとつ残されていますので、なんとか出場への道を模索してほしいと切に願います。

まだまだ、トップシーンを去るのは早すぎます。

もちろん、明をおびやかす大越と智也の成長にも期待したいのですが、できればワールドカップ前にその都度タイムレースを行い、国枠を誰が使って出場するのかを納得いく形で決めていってほしいと思います。

現在、日本人2位のFISポイントを持ち、過去ワールドカップ2位3回の日本人最高の実績を持っている佐々木明は、たとえチームから外れたとしても、全日本チームの練習に参加し、タイムレースに参加し、ワールドカップ出場権を争う場に立つ権利を十分すぎるほどに有すると思うのは私だけではないでしょう。

誤解を恐れずに言うならば、大越や智也の成長は大いに期待したいのですが、いざワールドカップのレースコースに立ったときに、どちらが2本目進出の可能性が高いと思うかと問われれば、私は迷うことなく佐々木明を挙げるでしょう。

もちろん、大越と智也と比較するところまで明の成績が落ちてきたということでもあるのですが、日本や韓国でどんなに好成績をあげようと、ワールドカップのピステは別物で、経験と実績が大きくものを言う世界だと私は思います。

アルペンスキーは素人ではありますが、毎年、ワールドカップの全SLコースに立って、出場するほとんどの選手を写真に納めている私にとって、その思いは言葉では表現できないながら、確固たる思いでもあるのです。

まだ佐々木明がワールドカップを去るのは早すぎる。私はそう考えます。

そして、公平な形で出場選手を決め、国枠を存分に使って100分の1秒でも速い結果を残した選手をワールドカップに送り出してほしいと思います。

とにかく、明にも大越にも智也にもワールドカップ出場のチャンスを与え続けていってほしいと切に願います。

新ヘッドコーチである岩谷氏がどのような方針でどのようなチームをつくっていくのか、シーズン前にお話をお伺いできるチャンスがあれば、このブログでもお届けしたいと思います。

冒頭の写真は3月11日、クラニスカ・ゴラ(スロベニア)、ワールドカップSLの佐々木明




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

佐々木明、全日本チームから外れる

しばらくのあいだ、ブログを放置しておりました。

そろそろ再開いたします!

来週の開幕戦、行きますよ!!

佐々木明、全日本チームから外れる

お疲れ様です。
あと10日あまりになったのに動きがありませんね。。。
今年は開幕戦どうされるのでしょうか?

佐々木明、全日本チームから外れる

若手への切り換えという意図も厳しい決断ながら、理解できないわけではありません。しかし、ソチでメダルを獲るために資金を集中するという方策は間違っていると思います。
オリンピック至上主義にはマスコミも大いに荷担しているわけですが、そのマスコミのはじっこで、私は「アルペンスキーワールドカップ至上主義」を宣伝し続けていきたいと思います!

佐々木明、全日本チームから外れる

確かに、まだまだ彼ははやいです!

佐々木選手の復活に期待しましょう!!!

こんな記事も読みたい

カスタムフェア☆松本&長野会場【スキークロス 福島のり子】

6月♪23日24日【札幌アルペン】

think【クロスカントリースキー レンティング陽】

ブロガープロフィール

profile-iconshinichiro

私とスキーとの出会いは、日本中がバブルに浮かれていた1980年代の後半でした。
それから20年、アルペンスキーWorld Cupの魅力にはまり毎年ヨーロッパアルプスを転々としながら撮影しています。
冬はほとんどアルペンスキーの撮影に費やし春から秋は様々なスポーツの撮影や山岳写真などを撮っています。
1968年東京生まれ フリーランスフォトグラファー
  • 昨日のページビュー:175
  • 累計のページビュー:2895044

(07月25日現在)

関連サイト:Shinichiro Tanaka Photography

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 佐々木明、全日本チームから外れる
  2. 盛夏 男子ヘッドコーチ決定
  3. 湯浅直樹 距骨骨折(ひび)
  4. 湯浅直樹自身最高3位! マドンナ・ディ・カンピリオSL
  5. 日本ダウンヒル復活 FISおんたけDH
  6. 湯浅直樹、自身最高16位でシーズンを終える W-CUP最終戦アスペン
  7. クリストッファーセン今季初勝利 湯浅直樹復活 バルディゼールSL
  8. 湯浅直樹の近未来
  9. 湯浅直樹4位 ノイロイターV W-CUPボルミオ
  10. ノイロイター今季初勝利 W-CUP湯沢苗場

月別アーカイブ

2017
07
03
02
01
2016
12
11
10
03
02
01
2015
12
10
07
03
02
01
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11
10
08
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss