アメリカ経由ヨーロッパ行き

「指導者」か「教育者」か

このエントリーをはてなブックマークに追加

 サッカーファンにとっては熱~い夏になっていることと思います。なんせEURO2016、コパアメリ・センテナリオ、そしてこれからやってくるオリンピックと…。サッカー見るために夜更かしをして寝不足の方々もいらっしゃるかと思います。それくらいサッカー目白押しといった具合です。本当にたった今、ドイツがイタリアをPK戦までもつれる激戦を制し、準決勝に駒を進めたところです。僕も毎試合は見れないものの見れるときに試合を見ており、この夏のサッカーを楽しんでいます。

 今年の自分のサッカーはどうかというと、出場機会も少なく選手としてはあまりよい状況でないというのが現状です。出ても最後の5,6分くらいでなかなか長い時間での出場機会を得ていません。ただチームの状態は良く、混戦ながらリーグ戦でも2位をキープし、勝てばグッと上へ、負ければグッと下がれるともいえる混戦模様ですが、そんな中でも安定した力を発揮できているというのが今年のうちの強さです。とにかく守備が良い、やはり守備が良いチームは勝ち点をしぶとく拾えることができます。

 そんな自分にとってはややもどかしい状況下でも自分がチームにとってやれることはあるし、年齢なんて関係なくバンバントレーニングしてるし、いつでも行けるぞという状態をいつも作っている毎日です。こんなに試合に出れないシーズンが僕にとっては過去10年以上で初めてって言うくらいで、あの試合に出れなかった若い時代があったもののこんな状況でもその若いときに負けないくらいいつ試合に出ても良いようにトレーニングをしてその時を虎視眈々と狙っています。時に自分に対して悔しく思い、夜中にふと思い立っては近所の坂をダッシュしに出かけることもあります。

 ただそんな今の僕の状況下でも、冷静に周りを見ています。例えば今の状況下でも、監督が僕のようなベテランをどう扱うのかとか、試合に出ていない選手たちにどういったコミニケーションでもって選手たちを扱うのかといったことを身をもって学んでいることです。どういった選手にはこういった言葉が効果的で、この選手にはもっと発破をかけて、とか。自分の立場から身をもって学ぶことや、見てて感じることが多々あります。

 もちろん試合に出たいのは当たり前の話で、1選手として猛烈に試合に出るために努力はするのですが、僕はいつでもどんな状況でも今までやってきた自分に誇りを持ち「プロの中のプロ」として振る舞いたい。この振る舞いこそが“プロのサッカーマン”にとっては大事で、その人の真価が問われる部分であります。前々回あたりのブログで「人や物の価値」について書きましたが「価値で悩んでいたら名誉を考えなさい。」そう僕に指南してくれた素晴らしい方もおります。今は自分が考え描いている自分のこれからの将来“未知の領域”に思いを張り巡らせ、一人の人間としての自分の価値を見出そうとしております。今のこの経験が将来の自分に素晴らしい思いをさせてくれることを知っているからこそ、そんな毎日が実は充実した物となっているのもまた事実、今の僕が生きるサッカー人生であります。 

 まあそんな毎日を送っている僕ですが、実はサッカー選手の傍らサッカーコーチも少し行っていて、それはデンバー日本語補習学校の子供たちを対象にサッカー教室を開いたり、時にパーソナルトレーニング(個人指導)で子供を教えたりもしています。そんな中先日14歳の子に個人レッスンを行いました。その子は真面目で、サッカー好きで、僕らの試合も見に来てくれて、なおかつ親子2人ドライブで2時間かけてレッスンを受けに来るほどの強い気構えのある子でした。そんなに遠いところから僕のレッスンを受けに来るのだからと僕もしっかり準備をしそのレッスンに臨みました。結果的にどうやら大変満足して頂いたようで、その子のお母さんからその夜長文のお礼のメールが送られてきました。その中の一文に、

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

EURO2016よりも熱い一戦【モンゴルから世界へ! FC墨田ウランバートルの挑戦!】

湿気の先に待ってた歓喜【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

大塚裕土選手 in 名寄「”本気で夢を持つ” トップアスリートから学ぶスポーツ講演会&スポーツ教室」2日目。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

シンガポールカップ準々決勝第2戦(vsゲイラン・インターナショナル)Singapore Cup Quarter Final 2nd leg, vs Geylang International FC【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

知識と正しさを更に深める【ステップアップセミナー】 ☆第3講☆【TeamAOYAMAブログ】

「Team manager」としてのサッカー監督 -EURO2016のワンシーンから見えた監督の責任-【World SPORTS Analysis】

第52回石巻ライノスラグビースクール【第5回石巻ライノス松戸ラグビースクール交流会②】【Dream Rider  西山淳哉】

松戸ジュニアラグビー練習会2016-20【Dream Rider  西山淳哉】

ブロガープロフィール

profile-iconshinharada

原田慎太郎/Shintaro Harada

現在アメリカのColorado Springs Switchbacks(USL Pro)に所属。2007シーズンより渡米し、センターバック、センターハーフ両ポジションで高い戦術眼を生かしプレーする。渡米以来、4年連続でリーグベスト11を獲得。2010シーズンはリーグベスト11とともに最優秀DF賞獲得、リーグMVPにノミネートされた。日本では横浜Fマリノスをはじめ、複数のチームに所属しJ.LeagueやJFLでタイトルを獲得した。
  • 昨日のページビュー:28
  • 累計のページビュー:318873

(12月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. “批判する”というスポーツ文化
  2. やっとスタートライン
  3. 目には見えないリーダーシップ
  4. 多彩なサッカー選手
  5. 確率論最強説~統計と集計の大きな違い~
  6. 「価値」有りか、無しか…
  7. 摩擦を起こせ!
  8. 赤と黒の歴史、アディダスプレデター
  9. 過ぎたるは猶(なお)及ばざるが如し
  10. 社会性

月別アーカイブ

2016
09
07
05
04
02
2015
05
04
03
01
2014
09
07
06
05
04
2013
10
07
06
05
04
2012
08
06
05
04
03
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss