アメリカ経由ヨーロッパ行き

Quality of....

このエントリーをはてなブックマークに追加

 先程までヨーロッパリーグの決勝戦を観戦しておりました。チェルシーvsベンフィカ。それは興味深いカードで、試合も見ていて面白いものでした。僕自身こっちに来てから中々フットボールを見れなかったもので、今日久々に試合を丸々観戦したといった感じでした。チェルシーはやはりチェルシーでした、ベンフィカのほうが良く見えても最終的にはチェルシー。92分にCKから得点をされて負ける、しかもビッグタイトルのかかる決勝ともなれば、それはそれはベンフィカにとっては辛い敗戦でしょうね。ラファ・ベニテス監督は最初はすっごくファンから批判されていたのにいまやもう英雄なのかな。ここでまた来期もラファ・ベニテス監督のチェルシーが見たいって思っているのは僕だけではないような気がしますよ。やっぱり“持ってる監督”ですね。

 今日のその試合を見て改めて思ってのですが、フットボールほど国のアイデンティティによってスタイルが大きく異なるスポーツはないですよね。イングランドにはイングランドのフットボールがあり、スペインにはスペインのフットボール、アメリカにはアメリカのサッカーがあります。僕が今年からたくさんのオランダ人と関わっていますが、彼らは彼らで食卓のものを選手に見立て戦術の話をすることが大好き。いわゆる“ダッチフットボール”です。こういったスタイルは、もはや不変で、国のアイデンティティがそうそう簡単に変わるわけはありません。それが世界のフットボールシーンを盛り上げ、面白くしているのは間違いありません。イングランド人は「なぜスペイン人はパスをあんなにまで回すのだろうか?」と不思議に思い、スペイン人は「なぜイングランド人はあんなに早く前へプレーするのだろうか?」と不思議に思っているのですから笑。本当に興味深いものです。そして僕にも僕の考えがあり、それはまた追っていつか書きたいと思っております笑。

 チームの方はというと、先週末のリーグ戦と昨日のカップ戦の初戦を勝利しまたいい感じになってきました。自分自身も、体も調子よく、センターバックからセンターミッドフィルダー(ボランチ)と出場しており、今週末のアウェイで古巣ピッツバーグとの試合が楽しみです。先週末にはアシストも決め、チームにも両ポジションで溶け込みつつあるといったところです。どちらのポジションでも高い“クオリティ(質)”でチームを助けられたら本当に良いことだと思っております。チームメートも僕を助けてくれていまして、新たなチームで新たな良いチームメートに出会いました。

 こだわりどころは、“Quality”です。なんにでもそうですが、Quality of playとか、Quality of lifeとか、どの局面でもやはりこのクオリティが欠かせませんよね。良い質の、良いプレー。20歳だろうが32歳だろうがこれを高めるのに関係ありません。どんどん突き詰め高めて行くクオリティ。けど自分自身少し感じることは、プレーでのクオリティもそうですが、生活でのクオリティも高めなければならないと感じております。それによってプレーでのクオリティも高められたらなお良いですよね。徐々に新たな地でも生活に慣れてきましたので、少しずつこの“Quality of life”を高める必要性を感じています。そしてそれがなんなのか、今自分の中で分かっているつもりです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

テレビ至上主義【サッカー馬鹿!】

【柏レイソル】ACL決勝トーナメント全北戦勝利(´∀`)【カンプ・ノウと日立台と東京ドーム return】

進化し続けるヘナト【ナビスコ第6節(HOME)大宮A戦レビュー】【J特】【青と黒の勇者たちと共に】

ブロガープロフィール

profile-iconshinharada

原田慎太郎/Shintaro Harada

現在アメリカのColorado Springs Switchbacks(USL Pro)に所属。2007シーズンより渡米し、センターバック、センターハーフ両ポジションで高い戦術眼を生かしプレーする。渡米以来、4年連続でリーグベスト11を獲得。2010シーズンはリーグベスト11とともに最優秀DF賞獲得、リーグMVPにノミネートされた。日本では横浜Fマリノスをはじめ、複数のチームに所属しJ.LeagueやJFLでタイトルを獲得した。
  • 昨日のページビュー:12
  • 累計のページビュー:318846

(11月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. “批判する”というスポーツ文化
  2. やっとスタートライン
  3. 目には見えないリーダーシップ
  4. 多彩なサッカー選手
  5. 確率論最強説~統計と集計の大きな違い~
  6. 「価値」有りか、無しか…
  7. 摩擦を起こせ!
  8. 赤と黒の歴史、アディダスプレデター
  9. 過ぎたるは猶(なお)及ばざるが如し
  10. 社会性

月別アーカイブ

2016
09
07
05
04
02
2015
05
04
03
01
2014
09
07
06
05
04
2013
10
07
06
05
04
2012
08
06
05
04
03
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年11月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss