常勝紅鹿

【鹿島】こんな終わり方ってあるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

良い試合を、願わくば勝利を。
そういう期待を打ち砕かれた。

大迫の退場判定にも腹が立ったが、ファン・ソッコという選手の侮辱的なプレーにも腹が立った。こんな戦い方をしなくても、広島の戦力なら十分鹿島を上回ることができただろうし、先取点でさえ取っていた。
この後味の悪さは本当に不要だったと思う。


ただ、首位横浜を追撃しつづけ、最後に逆転を果たした広島、そして横浜を倒し、ACL出場権を得た川崎、終盤に上位陣との戦いで素晴らしい活躍を見せたセレッソ、これらのチームは本当に賞賛に値すると言える。
得点、失点を見る限り、広島は優勝にふさわしい。来年こそ、Jリーグ代表チームにふさわしい戦いをACLで見せてほしい。

敗れはしたが、横浜がリーグを活気づけていたことは間違いない。中村、中澤、マルキーニョスらベテラン選手たちがお手本のようなプレーを見せたと思う。


審判の高慢な振る舞い以外、この終盤の激闘は2シーズン制では味わえない最高の雰囲気だった。鹿島が、ボロボロになりながらも、そこに割って入ったことは、一サポーターとして誇らしく思う。1シーズン制がもっともふさわしいのだと、改めて感じさせてくれる展開だった。

ただ、来年度以降、鹿島で優勝を達成された広島相手には、一度も負けてはならない、そういう覚悟で戦ってほしい。この敗戦は屈辱であり、鹿島サポーターにずっと記憶されると思う。

今シーズンの振り返りはまた後日…。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
鹿島アントラーズ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【鹿島】こんな終わり方ってあるか?

熊サポ20年様

コメントいただきありがとうございます。
試合後は私自身、悪夢を見ているようでしたが、しかし日増しに「広島は優勝チームにふさわしかったな」と強く思うようになりました。鹿島はホームチームの戦い方ができてませんでしたし、天皇杯の時とほとんど同じ展開でした。チーム全体のレベルが違ったと思います。
カードの問題は不幸でしたが、カードがなければ勝てていたとはまったく思いません。
また、遠くから足を運んでいただいてありがとうございました。広島には新スタジアムができそうですね。機会があれば、そちらの素晴らしいスタジアムも拝見することができればと思います。またの対戦、そしてその際の好ゲームを期待してやみません。

【鹿島】こんな終わり方ってあるか?

ciao様

ご丁寧にありがとうございます。
幸か不幸か私は自分自身もサッカー経験者ですが、ルールブックにとやかくあるかどうかを論じることに意味はないと思います。また、サッカーを語る上でルールブックの詳細を頭に叩き込む必要なども毛頭ないと思います。「何かを知らないと物事を語る資格はない」などという考え方は、少なくとも私はとりません。
何かとあればルールブックやFIFAの何らかの規約といった細則を持ち出してくる方をしばしばお見かけするのですが、そしてそうした方が「~も知らずに議論しているの?」と冷笑しているのもよく目にしますが、場違いだと思います。
ルールブックになんとあろうが、それをその場で判断・解釈するのは審判ですし、それをさらに観客や選手たちが解釈します。その過程で、「ああもとれる」「こうもとれる」といういくつもの解釈の可能性が生じること「くらいは理解してください。」
あのプレーが「大きなチャンス」であったかの点で、少なくともあなたと東城氏の「解釈」が一致しただけのことで、私があなたにご高説をたまわる必要はとくに感じませんでした。

【鹿島】こんな終わり方ってあるか?

熊サポ現地組でした。ソッコのプレイには、お~いソッコ!いらん事すんな~!という声があがっておりました。
今まであんな事なかったんですが、テンパってたのかな・・(にしてもないですが)すいませんでした・・
大迫選手についてですが1枚目はちょっと厳しい判定だったと思います。2枚目は仕方ないかなと思いますが気迫あるプレーでした。悪く言えば少し軽率だったかなと。後ろからですし・・
余談ですが、帰りの東京駅で鹿島サポのお兄さんに実にさわやかにお疲れ様でした!と声を掛けて頂きました。
やはり名門はサポも素晴らしいと感動したと同時に、試合後に我を忘れて大騒ぎし過ぎた事を少し反省しました。
それにしてもスタジアム良かったです!うらやましい・・
来年も行きます!その時はお手柔らかに・・

【鹿島】こんな終わり方ってあるか?

http://www.jfa.or.jp/match/rules/pdf/gudelines_11_2013.pdf

競技規則のpdfファイルをJFAの公式サイトから拾ってきました。このファイルの63ページ(ページ表記では123ページ)の、「反スポーツ的行為に対する警告」の部分をご覧ください。

takazintetumaruさんの説明の通り、大迫の2枚目は極めて妥当な判定だと思います。
「戦術的な目的で、相手競技者に干渉する、また大きなチャンスとなる攻撃の芽を摘むファウルを犯す。」という項目に該当します。

ファールの位置からして決定機阻止ではないですが、ボールホルダーが中盤を抜けフリーで前を向いており、広島としては人数の揃ったカウンターを発動するチャンス(鹿島としてはピンチ)でした。
それを後ろからファウルで止めた(この場合タックルの激しさは関係ない)と判定された以上、イエローを受けても仕方ないでしょう。
コメント欄にある「決定機の阻止」ならそもそも一発退場ですし、あくまで「決定機になりそうな形を潰した」ことに対する警告なんです。

90分通した中であんまり安定しないジャッジだと思いましたが、少なくとも大迫の2枚に関しては正しいです。
ジャッジに対して語るのもサッカーの面白さですが、長年応援するチームを持つサポーターなら少なくとも競技規則の適用くらいは理解してください。
昨日今日サッカーを初めて観た方ではないんですよね?

こんな記事も読みたい

【詳細採点】 シーズン累計ランキング(第2節~第33節)【川崎フロンターレ採点簿】

ヴィッセル神戸 '13シーズン総括 -1 (今季手に入れたモノ)【Vissel Kobe 主観】

【J2】2013年度J2試合別入場者数ベスト10【JapanFootballNews】

【鹿島】岩政退団【常勝紅鹿】

あなたが愛した鹿島は  - ありがとう 岩政大樹 -【鹿野苑】

岩政退団報道~衝撃と感謝~【情熱を真紅の鹿と共に】

優勝争いも気になりますが・・・【スポーツ徒然草】

【鹿島】 vs C大阪 充孝の執念!【常勝紅鹿】

ブロガープロフィール

profile-iconshikao

鹿島アントラーズを愛する元茨城県民。
Jリーグや日本代表のサッカーをもっと面白く見るには、を日々考えています。
  • 昨日のページビュー:85
  • 累計のページビュー:1706524

(01月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【鹿島】独断と偏見の2017年J1順位予想
  2. 【鹿島】鹿島歴代外国人選手ベスト10を考えた
  3. 【鹿島】続々移籍話
  4. 【鹿島】 vs 新潟 ひどい試合に
  5. 鹿島歴代フォワードベスト10を考えた
  6. 【鹿島】 vs 鳥栖 「無様」の一言
  7. 移籍、20代後半という難しさ【鹿島】
  8. 【鹿島】徐々に、2014年を展望
  9. 【鹿島】こんな終わり方ってあるか?
  10. 【鹿島】今、Jリーグの移籍情報が熱い

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
2014
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss