常勝紅鹿

【鹿島】 対広州の第2戦で真価を発揮したい

このエントリーをはてなブックマークに追加

ACLラウンド16の第1戦で、鹿島は広州にアウェーで0-1で敗れた。 内容的には圧倒されてしまったが、スコア的には下を向くようなものではない。ホームでの第2戦で十分逆転できる。

第2戦の戦い方だが、奇策に頼らず、最も経験のあるメンバーでスタメンを組んでほしい。もちろん、怪我人が多く、組める選択肢も多くは残されていないが、ここで新しい選手や試合にほとんど出ていない選手を起用しても、突然うまくいくとは思えない。ましてや相手はアジアでトップクラスのクラブだ。付け焼刃は効かないだろう。

GK:クォン・スンテ DF:伊東 三竿健 昌子 山本 DMF: 小笠原 永木 OMF: 鈴木  土居 FW:  金崎  PJ

今考えられる、もっとも安定したスタメンはこんな感じだろうか。鈴木、金崎、PJを総動員して前線でのポゼッションと高さで勝負したい。 レアンドロや中村、さらには久保田や小田、梅鉢といった選択肢もあるが、まずは安定し、戦い慣れたメンバーでスタメンを組むべきだと思う。次戦までに怪我から復帰できる選手がいるならばそれは別だが。

怪我人が多く、負け続きで、かつ第1戦を落としていて、と、状況は確かに悪い。広州有利とみるのは当然だろう。 だが、下馬評が悪いのはいつものことだ。昨年のCSも浦和相手に初戦で敗れ、かなり厳しい状況から逆転を果たした。自分たちよりも強いクラブとやる方が、今の鹿島はひょっとしたら生き生きとするのではと思うくらいだ。

あと、個人的にはそろそろクォン・スンテの活躍にチームが報いてほしい。川崎戦も広州戦も、敗戦したとは言え、彼の活躍は際立っていた。広州戦での彼の活躍がなければ、もっと絶望的な形で第2戦に臨むことになったはずだ。

この偉大な新しいGKのためにも、チーム全体で勝利を捧げてほしい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
鹿島アントラーズ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【鹿島】 対広州の第2戦で真価を発揮したい

kuuu様

コメントありがとうございます。そしていつものように、返信が遅くなり申し訳ございませんでした。
広州戦第二戦はまだ出先で、結果だけ確認しました。残念でたまりませんし、直後の監督解任もショッキングでした。石井監督については、また別の機会に振り返れたらと思います。
今が正念場なのかもしれないですね。確かに怪我人も多く、チームの雰囲気は良くないですが、その中で耐え忍んで戦えていると思います。ただそこに一瞬のほころびがあり、ポカッと空間ができてしまっていて、そこを突かれてしまう。90分相手を寄せ付けないことは不可能で、どこかで押し込まれる時間帯があるのは仕方ないのですが、そこで脆さが出てしまう。厳しいですね。
そして、攻撃なら攻撃で、相手を打ち砕けるだけの破壊力がなかなかありません。浦和は初戦の二失点を
延長戦も含め三得点で覆しました。FWだけでも金崎、PJ、鈴木、金森などを擁している鹿島ですから、攻撃面の活性化は我々に不可能なはずはありません。
監督解任は一種のカンフル剤になると思います。大岩新監督も鹿島のサッカーを知り尽くしている人ですから、とにかく選手たちに自信を取り戻させてほしいです。まずは1点、そして1勝、千里の道も一歩より、だと思います。

【鹿島】 対広州の第2戦で真価を発揮したい

こんにちは
uの字が一つ増えましたがkuuです。

悔しいですね。チームとして全力を出してこの結果ならまだ納得できるのですが、肝心な時に石井監督の悪い癖がでましたね。 まるで呪われているような公式戦3戦連続での負傷交代は同情しますがただでさえトラップが下手なPJをあの凸凹ピッチにいれてもなにもできないのはわかると思うんですが・・・
大吾とナオが戻りましたので勝てるかはわかりませんが、いい試合はできると思います。

〇守備
スンテを中心によく頑張りました。 レアンドロの印象が悪くみえますが反対サイドのショウマの運動量がいろいろおかしいので悪く見えるだけです。 ただ全体の守備はセットプレーやクロスの対応でマークをちょくちょく外しているので修正し、さらに個人ではショウマとレアンドロの個の守備力をすこしでも上げて欲しいですね。 2人はコーナーフラッグ付近までよく守備をしてくれますがそもそもその前段階で奪えていてもおかしくないケースが多いです。

〇広州も苦しい
結果だけみると順風満帆(公式戦4連勝、リーグ首位)ですが過密日程と長距離移動が彼らを苦しめるのは確実です。 こちらは中6日、あちらは中3日なうえ、航空機の直通便を使っても日本にくるだけで5時間はかかります。 しかも当日の予想気温は最高29度、最低16度。 海風がふいているので実際はもっと寒く感じると思います。 これを警戒してか週末はターンオーバーをしたようですが5人しか変えなかったうえ、アランを30分使ってしまいました。 確実にあちらの足は止まります。

〇やることは変わらない
とにかく前半失点しないことですね。2-0でかつのは厳しいかもしれませんが1-0で延長に持ち込むのは十分可能です。練習風景をみるとサポーターは全力で応援してくれています。わたしも鹿島神宮にお参りしたあとに参戦します。

最後にいいデータをご紹介します。 今年のACLホーム戦は3試合7得点1失点、毎試合複数得点で全勝しています。 スコラーリ監督にカシマスタジアムの恐ろしさを思い出させてあげましょう。

では長文雑文失礼いたしました。

こんな記事も読みたい

史上初の中国勢対決はホームの上海上港が先勝飾る【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

【ルヴァン杯 第6節】 vsヴィッセル神戸~ヤバイ。【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

5/24アルビレックス新潟VSヴァンフォーレ甲府【ルヴァン杯第6節】【アルビレックス新潟シンドローム】

一点差あれば十分?広州恒大がホームで先勝【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ほぼ完敗といえる敗戦。 鹿島 0-1 広州【二つの歓喜をもう一度!】

VS広州 1-0 ●【鹿浜応援blog】

【鹿島】 vs 川崎。厳しい戦いは我々が望んだもの。下を向いてはいけない【常勝紅鹿】

ACLのために、今日の試合は仕方がないと自分に言い聞かせる。 鹿島 0-3 川崎【二つの歓喜をもう一度!】

ブロガープロフィール

profile-iconshikao

鹿島アントラーズを愛する元茨城県民。
Jリーグや日本代表のサッカーをもっと面白く見るには、を日々考えています。
  • 昨日のページビュー:321
  • 累計のページビュー:1687193

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【鹿島】独断と偏見の2017年J1順位予想
  2. 【鹿島】鹿島歴代外国人選手ベスト10を考えた
  3. 【鹿島】続々移籍話
  4. 【鹿島】 vs 新潟 ひどい試合に
  5. 鹿島歴代フォワードベスト10を考えた
  6. 【鹿島】 vs 鳥栖 「無様」の一言
  7. 移籍、20代後半という難しさ【鹿島】
  8. 【鹿島】徐々に、2014年を展望
  9. 【鹿島】こんな終わり方ってあるか?
  10. 【鹿島】今、Jリーグの移籍情報が熱い

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
2014
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss