常勝紅鹿

【鹿島】 vs 蔚山現代。GL突破決定!!2011年に止まった時計を進めよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

ACL グループE 第5戦

蔚山現代 0-4 鹿島アントラーズ

52, 金崎 54, ペドロ・ジュニオール 67, 金崎 90, レオシルバ

アウェーで4得点して大勝。裏のカードでムアントンも勝利したため、最終節(ホームでのムアントン戦)を待たずしてグループステージ突破が決定した。グループステージを突破するのは2011年以来。震災を挟みながらもGLを無敗で突破したあの年である。

試合は断片的にしか見れていない。何とも評しがたいが、磐田戦と逆の意味で「スコアほどの差が無かった」試合だった。 蔚山は前半から圧力をかけて攻めてきたし、チャンスを多く作り出していた。前半を見た方々の誰が、後半に鹿島が4得点できると思っただろうか。 1点目は土居のシュートを相手GKがはじいたところを金崎が押し込んだ。鮮やかな得点ではないが、均衡を破るのはこういった泥臭いゴールだろう。だからそれでいい。素晴らしい先制点だった。 2分後、中央を突破したペドロ・ジュニオールが鋭いシュートを決めて追加点。仙台戦で魅せたPJが覚醒しつつあるのか。 3点目は不思議な得点だった。相手GKがバックパスのトラップにやや戸惑い、浮かせた球を蹴る形になったが、これが空振り気味となり、プレスをかけに行った金崎のもとへ。それを鮮やかにねじ込んだ。プレスをかけに行った金崎をまず称賛したいが、相手にとっては心を折るような致命的なミスだった。 4点目は中央からのレオシルバの強烈ミドルだった。これもシュートをまず称えたいが、コース自体は正面だっただけに、GKもノーチャンスというわけではあるまい。

要するに、この点差、勝利を生んだのは泥臭さとシュートへの意欲に他ならないと思う。「あとは決めるだけ」という崩し切ってからの得点ももちろん素晴らしいが、プレスをかけることで相手がミスをしたり、シュートを打つことでそれが思いがけないところにこぼれたりし、そこからも得点が生まれ得る。いずれの場合も1点に変わりない。得点のパターンは多いに越したことはない。

最後に他の試合ながら2チームを称えたい。 まずは鹿島同様突破を決めた浦和レッズだ。ホームでWSWに6-1と大勝した。浦和はこれで5試合で18得点。ソウルや上海上港など強豪ひしめくグループで一試合平均3点以上というのは驚異的な数字であり、アジアの全グループで最高の数字である。今年の浦和の強さ、そしてタイトル獲得への並々ならぬ熱意を感じる。Jリーグのクラブの成績として誇らしく思うと同時に、リーグや、願わくばACLで当たることを考えると脅威である。

もう1チームは鹿島と同グループのムアントン・ユナイテッドだ。ACLの開幕前、ムアントンをグループ一番のカモと見なす意見が散見された。ところが蓋を開けてみればこれまで3勝2分でグループ首位。東ブロックの4グループ中でこれまで無敗なのはこのムアントンと広州だけだ。今日もブリスベンをホームで3-0で葬り去った。もとより実力のあるクラブなのだろうが、第二節で鹿島を破ったことが彼らの勢いを強めた感は否めない。平日開催であるにもかからわずムアントンのスタジアムには多くの人が訪れ、素晴らしい雰囲気を生み出している。 「タイ侮りがたし」、これが日本のサッカーファンの共通認識になる日は近いし、もしその日が近くならないなら、それは日本サッカーの衰退の始まりになるだろう。

しかし、Jリーグ王者として、アウェーでの借りを返さないまま、GLを2位で終えるのが良いだろうか? 第6節、鹿島が底力を見せつけ、タイを圧倒する必要があるのではないか? 突破が決まったとはいえ、僕はまだ、GLで鹿島がやり残していることがあると思っている。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
鹿島アントラーズ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【鹿島】 vs 蔚山現代。GL突破決定!!2011年に止まった時計を進めよう

kuu様

コメントありがとうございます。鳥栖戦後の返信になってしまってすみません。
立ち上がりのところで相手を見極める、という方針は悪くないと思いますが、したたかにセットプレーを狙っても良いと思います。シュートにも至れず、単純に奪われて反撃を受ける、というのがどうしても目立ちます。
ホームでのムアントン戦は是非ともリベンジしてほしいですね。やはりJリーグは強い、とアジアに示す意味でも首位通過を期待したいです。

【鹿島】 vs 蔚山現代。GL突破決定!!2011年に止まった時計を進めよう

こんにちは
シーズン前は不評でしたが、ハイパーピンクは縁起物になりそうですね。ラッキーなことが多いですし、勝率100%です。
なにはともあれACLグループステージを無事に突破できてほっとしました。

〇チームの入り
テレビ観戦だったのですが、解説の都並さんが「鹿島は前半15分まではあいてを見極めてる。」おっしゃっていたました。相手からすれば前半20分までは鹿島の守備はそこまで強固ではないということですね。全くもってそのとおりだと思います。逆を言えば前半20分と後半たちあがりの相手のはじめのチャンスを防げれば勝機はあるということです。
選手もいってますがどうもはいり方がうまくいかず、ミスも多いので修正したいとこです。
なにはともあれ相手の状況がガンバと戦ったアデレードに似ていたので、しっかり勝ててよかったです。
得点や永木のミドルも見事でした。 おそらく鳥栖戦はレオシルバをベンチスタートにして小笠原がスタメンになると思います。 そして今日は(鹿島にとって)鬼門の週末、県立カシマサッカースタジアムでの試合です。 気合を入れてほしいですね。アツの怪我が癒えないのが厳しいところです。どんな形でもいいので勝利してほしいです。


〇浦和の奮戦
Jリーグの仲間としては頼もしい限りなのですが対戦あいてとなると脅威ですね。ターンオーバーもうまくいってるようで去年よりさらに強くなったと思います。 私の知る限りでは浦和史上最強チームではないかと(2006、2007年の伝説のチームと比べてどうでしょうか。)
スキがないわけではないですが、鹿島と比べればかなりすくないのではと思います。

〇ムアントン
正直プレシーズンマッチでバンコク・ユナイテッドにボコボコにされてから嫌な予感はしていたのですが、バンコク以上に強さに安定感があります。 でもACLではJリーグ以上にホームの利はあるのでリベンジしたいですね。 金森、PJ、などスピードのある選手を前半だけで出し切る感じでやってもらって後半はじめからFW2枚替えでもいいのではないかと思います。

 
セレッソ戦のようにロングカウンターから植田が外されて豊田にニアに決められる場面がすぐに想像できて怖いです。なんとか今日も勝ちを拾って欲しいです。

【鹿島】 vs 蔚山現代。GL突破決定!!2011年に止まった時計を進めよう

amazante様

ご指摘ありがとうございます。そのとおりでしたね。失礼いたしました。

「【鹿島】 vs 蔚山現代。GL突破決定!!2011年に止まった時計を進めよう」へのコメント

いちゃもんつけるようですみませんが、川崎も無敗です。

こんな記事も読みたい

VS蔚山 0-4 ○【鹿浜応援blog】

試合後の独り言「完勝!!連勝!!!」2017リーグ第8節 柏レイソル2-0横浜FM@日立台【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

【浦和レッズ】ガンバ大阪応援旗問題。浦和レッズだからこそできることとは。【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

柴崎岳 今夏鹿島復帰報道について【鹿浜応援blog】

【所感】植田について【考える足】

VS磐田 0-3 ●【鹿浜応援blog】

負ける時の典型的な試合。しかし、ホームで弱い。 鹿島 0-3 磐田【二つの歓喜をもう一度!】

【鹿島】 vs 磐田。大敗。【常勝紅鹿】

ブロガープロフィール

profile-iconshikao

鹿島アントラーズを愛する元茨城県民。
Jリーグや日本代表のサッカーをもっと面白く見るには、を日々考えています。
  • 昨日のページビュー:631
  • 累計のページビュー:1647807

(09月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【鹿島】独断と偏見の2017年J1順位予想
  2. 【鹿島】鹿島歴代外国人選手ベスト10を考えた
  3. 【鹿島】続々移籍話
  4. 【鹿島】 vs 新潟 ひどい試合に
  5. 【鹿島】 vs 鳥栖 「無様」の一言
  6. 鹿島歴代フォワードベスト10を考えた
  7. 移籍、20代後半という難しさ【鹿島】
  8. 【鹿島】徐々に、2014年を展望
  9. 【鹿島】こんな終わり方ってあるか?
  10. 【鹿島】今、Jリーグの移籍情報が熱い

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
2014
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss