常勝紅鹿

日本 vs タイ。4発粉砕でも課題を見出したい

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本 vs タイ

4-0

08, 香川 19, 岡崎 57, 久保 83, 吉田

まず何より、すばらしい結果だ。このブログではハリルホジッチがUAE戦、タイ戦に臨むメンバーを発表した際、不満を書き連ねた。 そうした不満が間違いだとは思わないが、ハリルホジッチ監督がこうして結果を残してみせたことをとにかく称えたい。

日本代表はタイ相手に大勝を繰り返してきた。2004年の中国でのアジア杯では4-1、2008年のW杯予選ではホームで4-1、アウェーで3-0で勝利してきた。スコアだけならば、タイと日本の差はより開いたように見えるが、実際はタイサッカーの発展に脅威を感じた観客、視聴者も多かったのではなかろうか。ゴール前の混戦、川島のセーブ、PKなどがあったことを考慮すると、失点なく試合を終えられたのは運が良かったと言えるのかもしれない。それくらいタイの攻撃は機能していた、言い換えれば日本の守備は杜撰だった。

もっともそれを感じたのは、波状攻撃を浴びているシーンが多かったところだ。クリアしても敵に渡るばかりで、敵の攻撃が終わらない。中盤ではタイに圧倒されてしまっていた。パスは遅れ、ズレていたのでことごとくインターセプトされた。サウジやUAEといった厳しい相手なら引き締まる気持ちが、タイが相手だと「これくらいでいいか」と緩んでしまうのだろうか。

ともかく、スコアに反して日本は終始ペースを奪われていた。2004年以来で最もタイに苦しめられた試合となった。この点は反省材料として残さなければならない。

もう一点、選手交代についても私は監督の意図に同意できなかった。試合は押されているとはいえ、57分の時点で3-0。もっと点を取りに行くにせよ、大胆な選手交代もアリな状況だった。そこで投入されたのは本田、清武、宇佐美の、要するに監督お気に入りの面々だった。新しい若い戦力を試してみるよりも、本田や宇佐美ら欧州でくすぶっている選手たちの「リハビリ」こそが重要である、という監督の意図が如実に示された。欧州勢には手厚い措置だが、コーナーを蹴った清武を除けば、本田や宇佐美が得点に絡むことはなかった。 昌子や遠藤が出てたらもっと守備は安定したかな、宇佐美でなく小林が出てたら得点したかな、そう想像をめぐらせた。

重ね重ね、試合に勝利したことは素晴らしい。しかし、代表メンバーの固定化は一層顕著になっていっているのはやはり問題だと思う。代表戦が終わり、本田や宇佐美、川島らは再びベンチを温める日が続くのかもしれないが、1分も出場しなくても次の予選にも確実に招集されることだろう。 それで代表チームは果たして強くなれるのだろうか。私は楽観的には到底なれないのだ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本代表
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

日本 vs タイ。4発粉砕でも課題を見出したい

kuu様

コメントありがとうございます。
ボールがまったく収まらなかったのを長谷部、大迫の不在のせいだけとは言えないですよね。森重、吉田もパスを奪われまくりでした。吉田はゴールがあってうやむやになっていますが。
私はボランチは一から構想しなおしても良いと思います。山口蛍も然りです。彼は贔屓の対象となる海外所属でもなければ、Jリーグで抜群、という選手でももはやありませんし。
宇佐美も残念でした。小林なら、あるいは鹿島の金崎なら、と思うと悔しいです。特等席で用意されているなんてズルいです。
ムアントン戦でのリベンジは楽しみですが、鹿島としたらそれまでにGL突破は決めておきたいですね。いずれにしてもタイに2戦続けてつまづくのは許されませんが。
色々と楽しみですね。

日本 vs タイ。4発粉砕でも課題を見出したい

今回も面白い記事をありがとうございます。

結構冷静に分析されてますね。こんな試合したら管理人さん、激怒してると思ってました。
というより私がしていました。
責められるのは別にいいです。堅守速攻のほうがハリルは得意ですし、攻撃陣が高い決定力を示してくれました。 でもボールの取られ方が悪すぎますし、崩されすぎ、セットプレーの守備連携がとれてなさすぎです。オーストラリアやサウジアラビアが相手じゃなくて本当によかった。埼玉版「ミネイロンの惨劇」をされてもおかしくなかったです。

でも内容は最悪、結果は最高だったので、幸運でした。3位の豪州に勝ち点3、得失点差5をつけたのでこのまま直接対決までこの差を維持したいところです。 以下気になったところ

森重:1点目のフィードは見事。でもそれ以降は全然ダメでした。 もっとボランチとコミュニケーショ   ンを取ってほしい。メンツと状況を考えてもビルドアップで苦しむのはわかっていたはず。
   安全第一の判断ができないのなら、シリア戦以降は植田、昌子がスタメンを取るでしょう。

山口蛍:得意なプレーじゃないのも、今まで長谷部に任せっきりだったのもわかってますが、そろそろ
    まともにビルドアップできるようになってほしい。ヤットや岳みたいなプレーしろとは言わない    ので。ボールをもらうのを恐れているのがよくわかりました。折角の守備力が勿体ないです。

宇佐美:論外。自分の立場を理解してほしい。ボールを全力を追ってほしい。

本田:試合に出れるクラブに移籍してほしい。ハリルが中盤でボールを収めてほしいのはわかりました。
   次のw杯まではまだ必要だと思っています。

まあ鹿島としてはACLホーム ムアントン戦のいいデータがとれたのではないでしょうか。
タイは3バックで守りを固めたいときは他のクラブの選手も入れていましたが、4-2-3-1にしたときはほぼ全員ムアントンで固めました。 つまりムアントンはあの戦術しか取れない可能性が高いです。
代表と同じ失敗をせず、少々アバウトでも裏を狙ってどんどんロングボールを放り込んであげましょう。
別に相手に渡ってもそれでよし。自陣に完全に撤退して相手のFWには存分に走っていただきましょう。

気が早いですが今からシリア戦、ムアントン戦が楽しみです。
では長文失礼いたしました。



こんな記事も読みたい

ダイアゴナル。大きなワンツー。DFラインを破るドリブル。【FCKSA66】

タイ戦(H)の採点【「読裏クラブ」のワンツー通し】

悔やまれる一瞬の隙…イランに0-1惜敗【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ブロガープロフィール

profile-iconshikao

鹿島アントラーズを愛する元茨城県民。
Jリーグや日本代表のサッカーをもっと面白く見るには、を日々考えています。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1496274

(05月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【鹿島】独断と偏見の2017年J1順位予想
  2. 【鹿島】鹿島歴代外国人選手ベスト10を考えた
  3. 【鹿島】続々移籍話
  4. 【鹿島】 vs 新潟 ひどい試合に
  5. 【鹿島】 vs 鳥栖 「無様」の一言
  6. 移籍、20代後半という難しさ【鹿島】
  7. 鹿島歴代フォワードベスト10を考えた
  8. 【鹿島】徐々に、2014年を展望
  9. 【鹿島】こんな終わり方ってあるか?
  10. 【鹿島】今、Jリーグの移籍情報が熱い

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
2014
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss