常勝紅鹿

【鹿島】 vs 蔚山現代(ACL)。難敵を退け初戦突破。さぁ次はJリーグだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ACL グループE 第1戦

鹿島アントラーズ 2-0 蔚山現代FC

64, 金崎 82, 鈴木

鹿島アントラーズが盤石の戦いで初戦を突破した。フィジカルの強さを武器に戦う蔚山に手こずりながらも、クォン・スンテの好守などで失点を防いだ。ここ3か月、フィジカルで負けない戦いを続けてきたことも効いていた。 後半、永木のコーナーから金崎が鮮やかなヘッドを決めると、終盤には金崎の背後へのループパスに抜けた鈴木が落ち着いて隅に蹴りこみ、追加点。相手を圧倒する、ということは無かったかもしれないが、浦和戦のように守備が乱れることもなく、過密日程の中で盤石の戦いを示せたのではないだろうか。 一つ残念だったのは、途中交代となったレアンドロだ。ゼロックス杯に出ず、疲労の少なかったはずの彼が早々に下げられてしまったのは、やはり監督の目に調整が必要と映ったからだろう。Jリーグでの経験という点ではペドロ・ジュニオールやレオ・シルバ、ブエノらに一日の長があるのは仕方がない。彼の覚醒が今後控えているかと思うと、それはそれで楽しみである。

同グループのもう一つの戦い、ムアントン(タイ)対ブリスベン(オーストラリア)は、スコアレスドローに終わった。 オーストラリアがタイ相手に引き分けに「持ち込まれ」、まるでW杯予選の再現のようだ。アジアチャレンジの際にも書いたが、やはりタイ・サッカーの成長には目を見張るものがある。2月28日のアウェーでのムアントン戦は、かなり熾烈なものになるだろう。

シドニー・ダービーを制したウェスタン・シドニー・ワンダラーズのホームに乗り込んだ浦和も、前半はスコアレスだったが、後半に攻撃が爆発して4得点。幸先の良いスタートを切った。 ゼロックス杯で対戦した、日本サッカーの頂点にいるこの2つのクラブが、Jリーグの強さをアジアに見せつける結果となった。

明日はガンバ大阪がアウェーでのアデレード戦、川崎がホームでの水原三星戦だ。いずれも楽に退けられる相手ではないが、勝利を祈っている。 そして、地味に気になるのがアル=アインのカイオ。時間で言えば、今イランのゾブ・アハンと戦っているようだが…(速報だとまだスコアレス)。決勝トーナメントで鹿島と戦ってほしい相手だ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
鹿島アントラーズ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【鹿島】 vs 蔚山現代(ACL)。難敵を退け初戦突破。さぁ次はJリーグだ

kuu様

いつもコメントありがとうございます。とても励みになります。
ここまではとても良い仕上がりですよね。勝ち続けている限りは、昨年末もそうでしたが、選手たちのコンディションも落ちにくいと思います。ただやはりリーグが始まってからが本番です。そこでFC東京に勝ち、選手たちに絶対の自信をつけてもらいたいと思います。
個人的にはレアンドロを東京戦でも先発させても良いかと思いました。試せるときに試して、このダイヤの原石をどんどん磨いていってほしいです。
クォン・スンテが無失点で終わらせたことも個人的には大きな出来事でした。公式戦で、曽ヶ端以外のゴールキーパーは無失点に抑えたの、何年ぶりかという感じです。

東京戦もいっしょに応援していきましょう!

【鹿島】 vs 蔚山現代(ACL)。難敵を退け初戦突破。さぁ次はJリーグだ

お久しぶりです。
毎回見させていただいております。

今年は出だしがいいですね こんなにウキウキな2月は久しぶりです。
フジゼロックススーパーカップを浦和との激戦の末に勝利して今季初タイトルを獲得し、今まで勝ててなかった韓国勢の蔚山をACLのホーム開幕戦で破り、浦和もアウェーでWSWを粉砕
最高の気分です。川崎、G大阪にも是非続いてほしいですね。

あと充考とレアンドロモウラはポジションを入れ替えたほうがフィットするかもしれません。
いつだったか忘れてしまいましたが、右サイドを充考がやったところ結構いい感じでしたし、モウラも水戸戦のゴールを決めたときは左サイドでした。
いずれにせよまだまだ期待してますがね

この調子でJリーグ開幕戦のFC東京にもしっかりリベンジしましょう!

では長文失礼いたしました。

こんな記事も読みたい

まずは初戦を制し、予選突破へ前進。 鹿島 2-0 蔚山【二つの歓喜をもう一度!】

totoBIGの不正システム疑惑について【SPORTS MEMO】

プレシーズンマッチin山口【紫鯨の週報】

あしたも続かねば【にわかフロンターレファンの試合分析】

【鹿島】ACL開幕へ。求められる「もう一つの戦い方」【常勝紅鹿】

鹿島アントラーズはビッグクラブになれるか?他【でぷスポ13号館】

フォーメーション理論は日本サッカーを退化させた?鹿島アントラーズが取り組む正真正銘のサッカーとは。【キキアシワアタマ】

スーパーカップ 2017 助っ人【アントラーズ晴れ時々曇り】

ブロガープロフィール

profile-iconshikao

鹿島アントラーズを愛する元茨城県民。
Jリーグや日本代表のサッカーをもっと面白く見るには、を日々考えています。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1686873

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【鹿島】独断と偏見の2017年J1順位予想
  2. 【鹿島】鹿島歴代外国人選手ベスト10を考えた
  3. 【鹿島】続々移籍話
  4. 【鹿島】 vs 新潟 ひどい試合に
  5. 鹿島歴代フォワードベスト10を考えた
  6. 【鹿島】 vs 鳥栖 「無様」の一言
  7. 移籍、20代後半という難しさ【鹿島】
  8. 【鹿島】徐々に、2014年を展望
  9. 【鹿島】こんな終わり方ってあるか?
  10. 【鹿島】今、Jリーグの移籍情報が熱い

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
2014
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss