南大阪に吹くマリンの風

《セレッソ》天皇杯制覇!!!やっぱコータ.Mでしょ?出来過ぎの'17シーズン終了

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年 1月 1日 @埼玉スタジアム2002

天皇杯決勝

セレッソ大阪 2 - 1 横浜Fマリノス         (延長)

出来過ぎの17年シーズンです。

まさか今季2冠を達成するとは驚き以外の他にありません。

今季のセレッソは、ゆーても昇格鬼門のJ2プレイオフ制覇。

今までどのクラブとて1年でJ2逆戻りのJ2プレイオフ昇格。

これまでの昇格クラブと異なるのは、クラブ資金力は確かに違った。

でも、昨年(16年)の戦いっぷりを眺めてると、

「良くてギリギリJ1残留」が現実的だったと考える。

それがJ1シーズンは3位でフィニッシュし

先にルヴァンカップを制覇。

そしてこの天皇杯。

イケイケドンドンで『今季2冠やぁ~』なんてカンタンに言える状態では無かった。

今季攻撃を牽引した杉本健勇が手術により天皇杯は準決勝からアウト。

後半からは左足でボール蹴る度に顔をしかめていたとこ見ると

曜一朗も左足甲の状態は相当悪いと見る。

実際にこのゲームですが、「セレッソのサッカーが出来てたか?」

っていうと『ゼンゼン、ハナシにならん』ゲームやったと思います。

左サイドのマルが上がってくるの織り込み済の様に、マルティノス選手が

スピード活かして切り込んでくる。

マルが守備で対応するも、元々守備力ってよりも攻撃力がメインのマルが守備対応しても

なにも無かった様に、ドンドン左サイドを制圧されるし、

先制点を奪われた伊東翔選手への木本の対応もマズかった。

この試合通じて、木本の守備対応、判断は相当悪い部類のプレーだったと思う。

前線からのプレスがイマイチかけられず、蛍にソウザがどんどん下がる。

セレッソの攻撃の核は『ソウザ』

ここに良いカタチでボールが渡らないからゼンゼン攻撃が出来ない。

そんで攻撃に転じた場面でも、キヨも曜一朗もソウザも何か足元にボールが入り過ぎてロストするわ

セカンドボールが全く拾えず、迫力のある攻撃を見せてたのはFマリノスさん。

助けられたのはフィニッシュんトコ。尽くボールが足にミートせずってのに

かなり助けられましたね。

前半は0-1で終了。ハーフタイムの【ユン監督の魔法】に期待した後半ですが・・・

このゲームにおいては、これまで劇的に雰囲気に変化のある『ユン・マジック』の効果が

全く現れない。。。

前半から思う様なプレー出来ずにイライラしてたソウザがとうとうイエローカード。。。

後半に入っても、全く雰囲気が変わらない。

そんな時間が淡々と過ぎる中、「空気変えた」とまでは言わないが

やや中央にポジションしてたコータ.Mがミドルレンジからシュート発射!!!

相手GK飯倉選手がそれを弾き、マリノスデイフェンスがそのボールをクリア。。。

するもそのボールが山村の足元に入り、クリアボールをトラップしそのまま冷静にシュート!!!

ボールは見事にサイドネットに突き刺さり、ずっと展開・空気の悪かったセレッソが同点に追いつきます。

さぁ、こっから×2。と思えど、やっぱり空気はマリノスさんに。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
セレッソ大阪
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

にわかファンの叫び――鹿島アントラーズ、”復讐の年”来る【Memories of the game】

明けましておめでとうございます。【ピッチに紫の風が吹く】

2017グランパス選手評 背番号1 楢崎 正剛【赤の血潮と、青の魂】

スポナビ終了に伴う引っ越しのお知らせ。【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

《セレッソ》コータ.Mの魂が決勝の舞台へ導いてくれた!!!【南大阪に吹くマリンの風】

【天皇杯 Semi Final】 vsヴィッセル神戸~粘り強さがユン・セレッソの力。【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

【最終節】 vsアルビレックス新潟~1年間の激闘に最大級の感謝を!と雑談1つ。【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

《セレッソ》’17リーグ戦終了【南大阪に吹くマリンの風】

ブロガープロフィール

profile-iconshiiki1

マリーンズ応援歴=物心ついた時からなので40年程度
(親父が毎日オリオンズ時代からのファンなのでその影響で)

セレッソ応援歴=クラブ発足時は『隣町にJクラブが誕生』って程度で応援。
ゲームではガンバやなく【セレッソ】を常にチョイス!って程度のファンでスタート。
年に1回行くか行かないかの現地観戦の頻度が増えたのはJ2時代の2007年から。
最近では2007年に誕生した長男がサッカー始めたコトもあり、かなりイレ込んでおります。
今年からわが町もセレッソホームタウンとなり誇らしい限りです。

スポーツ歴
競泳=始めたのは2歳から。
小学校2年から6年生まではクラブチームで活動。中学3年間は学校クラブ活動で継続。高校時代もユーレイ部員で試合のみ参加という愚行を繰り広げたが1年で退部⇒引退。

バレーボール=高2から3年引退まで。
当時の友人に『ヒトが足りない』って理由で知らん間に入部。選手としてはゼンゼンでしたが、今でも仲良く出来る親友が沢山出来たので自分の人生の【宝】となってます。

草ソフトボール=15歳から25歳まで
元々はパパさんソフトのチームにJrが参戦するキッカケを作ったのが経緯。
その時期すでに野球はスキだったのでプレーする環境が出来たことが嬉しかった。
後に各パパさんのJrが多数参戦し、その中に野球推薦で入学し退部・退学した【野球部崩れ】やリトルリーグでプレーしてたメンツと一緒にプレーしたことが、ワタシの野球観のルーツかも?
全くしろーとの自分がレベル高いヤツ達と一緒にプレーした時代は楽しかった。
ポジションはキャッチャー。
晩年はJr連中が進学や就職で地元を離れた関係でチーム消滅。ソレと同時に引退。

草野球=22歳から現在に至る
会社の親友が親友の地元でチームを作るってことで創設メンバーとしてチーム入り。
今でもワイワイ騒げる友人ができたことは、ワタシの人生の【宝】
ここ2年程は家庭のお仕事優先で参加出来ませんでしたが、今年より戦列復帰。
2年のブランクは大きくキメ球のチェンジアップが思うように投げれないのが今の悩みです。
  • 昨日のページビュー:150
  • 累計のページビュー:4617641

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 《セレッソ》遠のいた残留。確定しつつある降格
  2. 《マリーンズ》去年も確か???
  3. 《Jリーグ雑談》森脇選手謝罪の違和感
  4. 《セレッソ》ボギョンも退団濃厚。問われるソアレスの手腕
  5. 《セレッソ》ポポヴィッチ解任!?後任人事のポイントは・・・
  6. 《マリーンズ》今江・クルーズの穴埋めが進んでないねぇ
  7. 《セレッソ》フロント力のないクラブはいくら有能な選手を揃えてもこーなるって典型
  8. 《マリーンズ》補強か?底上げか?
  9. 《マリーンズ》サクッとドラフト雑感
  10. 《マリーンズ》マリーンズらしさに伊東カラーを加えたドラフト

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss