南大阪に吹くマリンの風

《セレッソ》コータ.Mの魂が決勝の舞台へ導いてくれた!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

天皇杯準決勝 @ヤンマースタジアム長居 セレッソ大阪 3 - 1 ヴィッセル神戸 (延長)

元日決勝へ駒を進めました!!!

戦前に蛍が、健勇が相次いで離脱。

曜一朗も左足甲の故障でベンチ入りが精一杯。

お相手のヴィッセルさんはポドルスキが欠場。

むしろこの欠場はヴィッセルさんのチームのまとまりを考えると、セレッソにとって余り良いニュースでは無かったと。

試合観戦は、前半は息子のサッカー試合帰りの車中でカーナビ音声のみで観戦。 運転中にTV画面映る不正改造はしておりません。

後半から延長戦は録画確認。(試合結果情報遮断の上)

トーナメント準決勝ともなると、なんぼ試合を支配してても一発のプレーで流れが激変します。

ずっとセレッソのペースでありながら、後半終了5分前のヴィッセル小川慶治朗選手の一発の抜け出しで空気が一転。

失点は時間の問題と思われた後半45分にゴール前に上がったクロスボールの起動が、ヨニッチにかすったか? それも微妙でありながらもボールがゴールネットに吸い込まれます。

空気一転し、失点した時間が時間なので「負けた…」と覚悟し、TVはお相手監督さんのガッツポーズのリプレーが繰り返す最中!!!

ソウザのピッチ中央からのロングフィードを山村が落とし、一度ヴィッセルGKのキム・スンギュが弾くも、走り込んできたコータ.Mがそのままやや無理な体制からのジャンプシュートが!!!

なんとゴールに吸い込まれ同点になります!!!

TV中継の作りは完全にヴィッセルさんの勝利を仮定したよーな流れになった直後。時間でいうと多分1分程度かな?で

セレッソが同点に追いつきます。

「最後まであきらめない集中力」

ユン監督が根付かせたと云えど、このゴールをメイクしたのは、ソウザだったり、山村だったり、そしていつでも『全力プレー』の

コータ.Mであったり。

生粋のセレッソ組ではないんですよね。

ここで取り上げたいのは、コータ.M。今季は開幕戦の後半すぐに故障で戦線離脱しましたが、復帰後の活躍は目を見張るものがあります。

夏場の大失速から再びの上昇カーブを描き出したのは、右サイドのコータ.Mと陸のコンビ。

特にコータ.Mは最後まで走り切りますし、インタビューでも端的に「生粋セレッソ軍団」の弱いとこを指摘するコメントと実践して魅せる姿。

「強い気持ち」なんて良く聞きますが、コータ.Mはホンマその言葉がピッタリな選手です。

この試合も延長最後までカウンター攻撃で前線に飛び出しいるのはコータ.M。

来季は完全移籍で、関口クニが契約満了で空いた【7】を背負って欲しいと考えております。

試合に戻りますが、後半ロスタイム+1分の得点で試合は延長戦に。

ここでヴィッセルさんとセレッソの『攻撃の厚み』に差が見えたのはSUBメンバー。

ヴィッセルさんは大槻選手にハーフナー・マイク選手と「違い」を魅せれる選手が控えていますが、

セレッソのSUBメンで攻撃に違いを魅せれるのは柿谷曜一朗のみ。

後半途中に福満と交代でピッチに入りはしましたが、やっぱり走る姿がおかしい。。。

相当ムリして出場してたと想像します。

この差は顕著だったと思うのですよね?延長戦のペースはヴィッセルさんに流れがあったとワタシ見てました。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
セレッソ大阪
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

さよならありがとう、スポナビブログ~明治安田生命第33節 清水エスパルスvsアルビレックス新潟 レビュー【hirotaiのブログ〜オレンジの落書帳】

『グランパス』エースのジョー誕生か?【赤の血潮と、青の魂】

【齋藤芳行氏へ捧ぐ】再起にあたって【極上のクリスマスカード】【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

【天皇杯 Semi Final】 vsヴィッセル神戸~粘り強さがユン・セレッソの力。【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

【最終節】 vsアルビレックス新潟~1年間の激闘に最大級の感謝を!と雑談1つ。【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

《セレッソ》’17リーグ戦終了【南大阪に吹くマリンの風】

《セレッソ》監督が違うとここまで変わるか【南大阪に吹くマリンの風】

【第33節】 vsヴィッセル神戸~30分ボランチの修正が勝利を呼び込む。【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconshiiki1

マリーンズ応援歴=物心ついた時からなので40年程度
(親父が毎日オリオンズ時代からのファンなのでその影響で)

セレッソ応援歴=クラブ発足時は『隣町にJクラブが誕生』って程度で応援。
ゲームではガンバやなく【セレッソ】を常にチョイス!って程度のファンでスタート。
年に1回行くか行かないかの現地観戦の頻度が増えたのはJ2時代の2007年から。
最近では2007年に誕生した長男がサッカー始めたコトもあり、かなりイレ込んでおります。
今年からわが町もセレッソホームタウンとなり誇らしい限りです。

スポーツ歴
競泳=始めたのは2歳から。
小学校2年から6年生まではクラブチームで活動。中学3年間は学校クラブ活動で継続。高校時代もユーレイ部員で試合のみ参加という愚行を繰り広げたが1年で退部⇒引退。

バレーボール=高2から3年引退まで。
当時の友人に『ヒトが足りない』って理由で知らん間に入部。選手としてはゼンゼンでしたが、今でも仲良く出来る親友が沢山出来たので自分の人生の【宝】となってます。

草ソフトボール=15歳から25歳まで
元々はパパさんソフトのチームにJrが参戦するキッカケを作ったのが経緯。
その時期すでに野球はスキだったのでプレーする環境が出来たことが嬉しかった。
後に各パパさんのJrが多数参戦し、その中に野球推薦で入学し退部・退学した【野球部崩れ】やリトルリーグでプレーしてたメンツと一緒にプレーしたことが、ワタシの野球観のルーツかも?
全くしろーとの自分がレベル高いヤツ達と一緒にプレーした時代は楽しかった。
ポジションはキャッチャー。
晩年はJr連中が進学や就職で地元を離れた関係でチーム消滅。ソレと同時に引退。

草野球=22歳から現在に至る
会社の親友が親友の地元でチームを作るってことで創設メンバーとしてチーム入り。
今でもワイワイ騒げる友人ができたことは、ワタシの人生の【宝】
ここ2年程は家庭のお仕事優先で参加出来ませんでしたが、今年より戦列復帰。
2年のブランクは大きくキメ球のチェンジアップが思うように投げれないのが今の悩みです。
  • 昨日のページビュー:150
  • 累計のページビュー:4617641

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 《セレッソ》遠のいた残留。確定しつつある降格
  2. 《マリーンズ》去年も確か???
  3. 《Jリーグ雑談》森脇選手謝罪の違和感
  4. 《セレッソ》ボギョンも退団濃厚。問われるソアレスの手腕
  5. 《セレッソ》ポポヴィッチ解任!?後任人事のポイントは・・・
  6. 《マリーンズ》今江・クルーズの穴埋めが進んでないねぇ
  7. 《セレッソ》フロント力のないクラブはいくら有能な選手を揃えてもこーなるって典型
  8. 《マリーンズ》補強か?底上げか?
  9. 《マリーンズ》サクッとドラフト雑感
  10. 《マリーンズ》マリーンズらしさに伊東カラーを加えたドラフト

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss