南大阪に吹くマリンの風

《少年サッカー》指導とは?指導者とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

小学年を対象としたサッカー雑誌の記事を拝見すると、小学生を指導するにおいての優秀な指導者や外国の指導法などを読むと、

小学生サッカーだけではなく、一般企業の社員指導、いや社員育成においても参考になるようなコトに出くわすことが時々あります。

ワタシも20数名の部下がおり、社員や派遣さん、そして複数の異国から働きに来られてる方とバラエティーに富んだ面々と

日々仕事を一緒にしており、こと指導という面では、指導に周る側の立場であり、それぞれの性格やコトバの違い。

まぁこれはコトバだけではなく、同じ日本人でも感覚・感性は人それぞれなので『伝える』『認識する』『理解する』のことでは

色々な角度からのアプローチで、出来るだけ真意が伝わること、伝える方法を日々探っている次第であります。

ウチの長男も当ブログを拝見頂いている方はご存知かと思われますが、サッカーを習っております。

本人のレベルについては、はっきり言って上手くありません。

所属クラブは幼稚園・保育園の体育指導員が監督・コーチとして指導している街中のクラブ。

ですのでエリートコースとかもない、来るもの拒まず・去る者追わずのクラブです。

学年が上がるにつれ、試合参戦も多くなり、ほぼ毎週土・日のいずれかは試合予定があり、極力同行し試合観戦しておりますが、

ヒジョーに気になる、けっこうな頻度で嫌悪感を覚えること。

雑誌などで取り上げられる優秀な指導者とは異なり、はっきり申しまして

『指導者の質が非常に低い』『指導者というよりも、一人の大人としての質が著しく低い』

指導者がほぼ大半で、この業界の実態はどうなっているのか?と非常に大きな疑問を抱いております。

複数のクラブが集まる試合だと必ずいるのが、試合中・試合待ち時間に関わらず、ずっと大声で怒鳴り散らしてる指導者。

試合中でも選手のポジション指示で「A・H・O」「B・O・K・E」の罵倒のコトバを挟みながらシャウトし続けています。

そして試合終了後も選手集めてシャウトの延長戦。ホンマに目に余ったのは、帽子を地面に、時には選手に叩きつけて怒鳴り散らし、ピッチで試合してる他クラブの選手たちがフリーズしてしまう程の立ち回りで、人間の質として最低な指導者に出くわすことも稀ではありません。

そこまではなくても、基本的にはチャレンジすることを盛り上げるよりも、怒鳴りつけることが「指導」と勘違いしている。

どこの指導者も指導者のプロ、ボランティアに関わらず、なんてゆーかなぁ~

『相手は子供』

『親から意見を言わせない環境』

を作った上で【指導者】としての立場に『あぐらをかいた』人ばっかりのように見受けられます。

昨今のご時世を眺めると、中学・高校のクラブ活動での行き過ぎた指導からの「体罰」

「指導」という言葉に似つかわしい【人格否定】するような『暴言』

に非常に神経が使われております。

確かに、これまでの成功体験が忘れられずに、旧態依然として戦後教育の延長線で指導されているところも存在すること否定はしませんが・・・

ただ『指導の方法』としては、教育現場の指導者(顧問)は、少なからず自身が学生時代に受けた、戦後教育さながらの「指導」に抵触するような行為・言動にならない、なっていないか?ということに神経を使われていること、かつての同級生で教師となり、クラブ活動を受け持つ友人より聞くことがあります。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
少年サッカー
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ありがとうございました【走れ!!ソニー仙台FC】

JFLから降格するにあたって・・(後編)【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

JFLから降格するにあたって・・(前編)【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

ブロガープロフィール

profile-iconshiiki1

マリーンズ応援歴=物心ついた時からなので40年程度
(親父が毎日オリオンズ時代からのファンなのでその影響で)

セレッソ応援歴=クラブ発足時は『隣町にJクラブが誕生』って程度で応援。
ゲームではガンバやなく【セレッソ】を常にチョイス!って程度のファンでスタート。
年に1回行くか行かないかの現地観戦の頻度が増えたのはJ2時代の2007年から。
最近では2007年に誕生した長男がサッカー始めたコトもあり、かなりイレ込んでおります。
今年からわが町もセレッソホームタウンとなり誇らしい限りです。

スポーツ歴
競泳=始めたのは2歳から。
小学校2年から6年生まではクラブチームで活動。中学3年間は学校クラブ活動で継続。高校時代もユーレイ部員で試合のみ参加という愚行を繰り広げたが1年で退部⇒引退。

バレーボール=高2から3年引退まで。
当時の友人に『ヒトが足りない』って理由で知らん間に入部。選手としてはゼンゼンでしたが、今でも仲良く出来る親友が沢山出来たので自分の人生の【宝】となってます。

草ソフトボール=15歳から25歳まで
元々はパパさんソフトのチームにJrが参戦するキッカケを作ったのが経緯。
その時期すでに野球はスキだったのでプレーする環境が出来たことが嬉しかった。
後に各パパさんのJrが多数参戦し、その中に野球推薦で入学し退部・退学した【野球部崩れ】やリトルリーグでプレーしてたメンツと一緒にプレーしたことが、ワタシの野球観のルーツかも?
全くしろーとの自分がレベル高いヤツ達と一緒にプレーした時代は楽しかった。
ポジションはキャッチャー。
晩年はJr連中が進学や就職で地元を離れた関係でチーム消滅。ソレと同時に引退。

草野球=22歳から現在に至る
会社の親友が親友の地元でチームを作るってことで創設メンバーとしてチーム入り。
今でもワイワイ騒げる友人ができたことは、ワタシの人生の【宝】
ここ2年程は家庭のお仕事優先で参加出来ませんでしたが、今年より戦列復帰。
2年のブランクは大きくキメ球のチェンジアップが思うように投げれないのが今の悩みです。
  • 昨日のページビュー:142
  • 累計のページビュー:4617782

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 《セレッソ》遠のいた残留。確定しつつある降格
  2. 《マリーンズ》去年も確か???
  3. 《Jリーグ雑談》森脇選手謝罪の違和感
  4. 《セレッソ》ボギョンも退団濃厚。問われるソアレスの手腕
  5. 《セレッソ》ポポヴィッチ解任!?後任人事のポイントは・・・
  6. 《マリーンズ》今江・クルーズの穴埋めが進んでないねぇ
  7. 《セレッソ》フロント力のないクラブはいくら有能な選手を揃えてもこーなるって典型
  8. 《マリーンズ》補強か?底上げか?
  9. 《マリーンズ》サクッとドラフト雑感
  10. 《マリーンズ》マリーンズらしさに伊東カラーを加えたドラフト

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss