南大阪に吹くマリンの風

《セレッソ》これが『優勝を知る』ということなのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

J1 第32節 @日産スタジアム

セレッソ大阪 4 - 1 横浜Fマリノス

ルヴァンカップ優勝の余韻がほぼ薄れ、この試合に気持ちのスイッチ入れようとするにも、サカダイの特別号をGETし

仕事帰りの電車内で特別号を眺めていると、また余韻が蘇り、就寝前に関西ローカルで放送された特別番組やゴラッソの保存版を眺めたりしてると・・・

まだ気分が浮かれており、この試合を観戦するスイッチが中々キチっと入らない、入りきらないまま試合開始時間が迫り、

この試合のユニフォームから桜のエンブレムの上に大きな☆がひとつ。

『そうだ、セレッソは「タイトルを獲った」クラブなんだ』とまた想い、ホンマ試合に気持ちは入っていかないまま

キックオフのホイッスルが鳴ります。

前半の流れを見てると・・・勝てそーな気がしないってか、逃げ切られるないし突き放される展開やと見ましたがねぇ。

前半はあんま覚えていない。というのもバブンスキー選手にどかぁ~んとブチ込まれた後から・・・

またまた出ました・・・DAZNの通信障害が。。。

映っては消え、映っては消えの繰り返し。

自身のタブレットの問題か?とスマホでDAZNを確認すると「通信障害発生の為、Jリーグラボでご覧ください」

なんかタイトル忘れましたが、多画面のヤツで視聴してとのことなんでそっちに移行しましたが、、、

画面は小さいし、実況は被るしで、解説はトーミとイライラする因子ばかりで、アタマに試合が入ってこない。

イライラしながらも覚えているってか、基本「その場の雰囲気」で観戦するワタシスタイルとしては、

ボールを持ち、それなりにフィニッシュまで行きはしますが、尽くGK正面突いたり、枠外したり、視聴不能時のコトなのか?

「今日は飯倉選手が当たってますねぇ」なんて解説はあるわで、ワタシ感覚としては

『こーゆー展開って、勝てない展開やよなぁ~』と。

攻めども×2もゴール割れない展開って、徐々に相手にペース譲るか、前掛りになってる場面のカウンター1発!!!

で意気消沈。。。ってのが、これまでのセレッソ大阪の印象でありましたが・・・

やっぱコレって『優勝』の効果なのかな?

ピッチの選手は焦ることなく、アツくなることなく時間が流れ、追撃はマル⇒キヨへのナイス流しから

『そのタイミングで撃つんや』と唸ってしまったキヨのゴールで試合を振り出しに戻します。

あのタイミングで「シュート」選択する辺りが、キヨは【世界を経験】してる選手と「Jリーグ純粋栽培」の差なのかな?

もうワンタッチ入りそーなリズムでスペースに雪崩れ込んで行きましたが、恐らくファーストタッチで【シュート】選択してたハズ?

やっぱキヨのインスピレーションは違うよなぁ~ってゴールで追いつきます。

そして逆転ゴールは「あっ」という間の4分後。

とゆーか、Fマリノスさんも前半とは異なり、なんかリズム作れないというか、作らさないというか?

イマイチ攻め手に欠いていたというか、思い切って出てこないというか?

で、セレッソの攻撃がイケイケに!!!

逆転ゴールはコータ.M!!!よりもアシストしたキヨのヒールパス!!!

曜一朗の浮いたパスは狙ったのか?足元入り過ぎた?のかビミョーに思えましたが、そのパスがキヨの足元に入ると最初のタッチで自分の後ろ側のスペースが見えていたんでしょうね?

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
セレッソ大阪
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

攻撃はパスと判断力のスピードの向上と仕掛けとワンタッチとワンツーで。【FCKSA66】

岡山1-1福岡【吉塚FC日記+】

ヴィファーレン昇格にふたつの「高」の力【「読裏クラブ」のワンツー通し】

【第32節】 vs横浜Fマリノス~キヨの技術が光る試合。【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

C大阪のルヴァン杯優勝について 【J OKAYAMA】【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

【図解で分析】ルヴァン杯決勝後半、セレッソの追加点が生まれた戦術采配 セレッソ大阪vs川崎フロンターレ【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

【図解で分析】ルヴァン杯決勝。セレッソがカウンターを発揮できたワケ セレッソ大阪vs川崎フロンターレ【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

《セレッソ》優勝の余韻に浸りながら【南大阪に吹くマリンの風】

ブロガープロフィール

profile-iconshiiki1

マリーンズ応援歴=物心ついた時からなので40年程度
(親父が毎日オリオンズ時代からのファンなのでその影響で)

セレッソ応援歴=クラブ発足時は『隣町にJクラブが誕生』って程度で応援。
ゲームではガンバやなく【セレッソ】を常にチョイス!って程度のファンでスタート。
年に1回行くか行かないかの現地観戦の頻度が増えたのはJ2時代の2007年から。
最近では2007年に誕生した長男がサッカー始めたコトもあり、かなりイレ込んでおります。
今年からわが町もセレッソホームタウンとなり誇らしい限りです。

スポーツ歴
競泳=始めたのは2歳から。
小学校2年から6年生まではクラブチームで活動。中学3年間は学校クラブ活動で継続。高校時代もユーレイ部員で試合のみ参加という愚行を繰り広げたが1年で退部⇒引退。

バレーボール=高2から3年引退まで。
当時の友人に『ヒトが足りない』って理由で知らん間に入部。選手としてはゼンゼンでしたが、今でも仲良く出来る親友が沢山出来たので自分の人生の【宝】となってます。

草ソフトボール=15歳から25歳まで
元々はパパさんソフトのチームにJrが参戦するキッカケを作ったのが経緯。
その時期すでに野球はスキだったのでプレーする環境が出来たことが嬉しかった。
後に各パパさんのJrが多数参戦し、その中に野球推薦で入学し退部・退学した【野球部崩れ】やリトルリーグでプレーしてたメンツと一緒にプレーしたことが、ワタシの野球観のルーツかも?
全くしろーとの自分がレベル高いヤツ達と一緒にプレーした時代は楽しかった。
ポジションはキャッチャー。
晩年はJr連中が進学や就職で地元を離れた関係でチーム消滅。ソレと同時に引退。

草野球=22歳から現在に至る
会社の親友が親友の地元でチームを作るってことで創設メンバーとしてチーム入り。
今でもワイワイ騒げる友人ができたことは、ワタシの人生の【宝】
ここ2年程は家庭のお仕事優先で参加出来ませんでしたが、今年より戦列復帰。
2年のブランクは大きくキメ球のチェンジアップが思うように投げれないのが今の悩みです。
  • 昨日のページビュー:255
  • 累計のページビュー:4611041

(12月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 《セレッソ》遠のいた残留。確定しつつある降格
  2. 《マリーンズ》去年も確か???
  3. 《Jリーグ雑談》森脇選手謝罪の違和感
  4. 《セレッソ》ボギョンも退団濃厚。問われるソアレスの手腕
  5. 《セレッソ》ポポヴィッチ解任!?後任人事のポイントは・・・
  6. 《マリーンズ》今江・クルーズの穴埋めが進んでないねぇ
  7. 《セレッソ》フロント力のないクラブはいくら有能な選手を揃えてもこーなるって典型
  8. 《マリーンズ》補強か?底上げか?
  9. 《マリーンズ》サクッとドラフト雑感
  10. 《マリーンズ》マリーンズらしさに伊東カラーを加えたドラフト

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss