南大阪に吹くマリンの風

《セレッソ》優勝の余韻に浸りながら

このエントリーをはてなブックマークに追加

ルヴァンカップ優勝から2日が過ぎました。

スポナビのC大阪ページを開くと、優勝を伝える記事やコラムの数々。

『優勝』ホントに良い響きに、今も酔っております。

改めて「Jリーグっていいな」と感じるのが、リーグ戦 / ルヴァンカップ / 天皇杯 と

それぞれ独立?したタイトルがあり、リーグ戦を制することが一番、価値・威厳のあることではありますが、

ルヴァンカップを獲っても、天皇杯を獲っても、称賛されるのがイイですね。

これがNPBになると、交流戦を優勝してもほとんど盛り上がらず。。。

ずっと何かと物議を醸すクライマックスシリーズ。

今年はセのCSが田んぼ状態の甲子園で強行して、マツダは中止なんや?とか、

シーズン3位、且つ首位と14.5ゲーム差あったベイスターズがCS勝ち抜けると、「そもそもシーズンの意義は?」

なんて論じられてみたりと。。。

みんな同じルールでやってるのに、こうもよう批判のあるもんやな?

とか、

現行のしくみからすると、リーグ戦とCS、日本シリーズは別物になってるとワタシは解釈しておりますが

昔っからの習わしが崩れてることを認識してるのか?してないのか分からない論調があったり。

その一方でなんでもかんでも「メジャーなら」と、ワタシからすればどーでもいいことまで『メジャーが正しい』みたいになってながら

CSには難癖つける雰囲気は???

メジャーの地区シリーズなんてCSよりヘンテコなシステムやとワタシ考えるんやけどなぁ~。

こーゆーことと対比すると、Jリーグ発足時より、それぞれが独立しているのが【当たり前】であることが

そーゆー論調にならない理由なのでしょうかね?

こーゆーあたりは文化の違いといえばそれまでですが、もうちょいNPBの論調も穏やかなものになればなぁ~と。

土曜日のゲームですが、チームとして『やろうとすること』は勿論リーグ戦での戦術がベースになるのですが、セレッソの試合運びがホンマ崩れる・綻ぶことなく、最後まで集中していましたね。

開始早々の相手ミスからのゴール!!!が優位に試合を運んだのではありますが、

この1つ前のリーグ戦vs大宮戦であんだけ1対1でGKにぶつけまくってた健勇が冷静にGKの動きを見て

フカすことなく、狙いどーりのシュートを撃てたよなぁ~って。

このプレイが最初の『ソレ』だと思いますが、セレッソは2年続きで昇格プレイオフで、戦術もヘッタクレもないチームで

【勝つしかない】

試合を経験してるんですよね?

一昨年のホームでありながらアウェー扱いやったヘンテコな雰囲気のvsアビスパ福岡戦。

玉田(現グランパス)のゴールで先制するも・・・

そーいや、この時のアビスパGKは現レイソルの中村航輔選手。このGKから得点するのは至難の業と考えていた相手から

得点奪ったのは嬉しかった。が・・・

結局は。。。確か、軽ぅ~いパスを見事にカットされてカウンター一本で同点にされ、リーグ戦上位であったアビスパさんが

昇格を手にしたんですよね。

この年のプレイオフは、過去からの「セレッソらしい」一瞬の油断ってか、いつもからの「こんな感じでえーよな」で落とした試合やったと思います。

そんで昨年のプレイオフですね。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
セレッソ大阪
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

《セレッソ》優勝の余韻に浸りながら

roslinさん

まいどです。返信遅くなり申し訳ございません。

初タイトルの余韻であの曜一朗の振る舞いが当時は薄かったですが、時間が経つほどに違和感が大きくなり記事にした次第でございます。

初タイトルの余韻も消え、冷静になると、やっぱりアノ振る舞いは『プロ』ではないです。

曜一朗が背負ってるもの、クラブが背負わせているもの、サポが背負わせてしまっているもの。

他クラブのどの選手よりも大きいと思うし、彼自身もその覚悟はあると思いますが。。。

今回の振る舞いは、曜一朗らしくなく?見誤ったかなぁ~と。

大先輩シャケへの尊敬や敬う点は人として評価しますが、示し方がどちらも『プロ』として見据えると、アマチュアイズムいっぱいの『プロらしくない』振る舞い。

例えば、シャケが大きな故障してて出場がムリな状態であったなら理解しますが、今回のベンチ外は、たとえここまでルヴァン組を引っ張ったリーダーであったとしても、そこだけが理由でベンチに置くというのは『プロの采配』ではないですよね。

ユン監督も相当難しい判断だったと推測します。でも目の前にあるタイトルに手が届きそうな時に『功労者』という理由だけでベンチに入れることの方がプロとして問題です。

色々な想いの中で彼の本質かも知れない【我】がでちゃったかな?

曜一朗もプロ、シャケもプロ。そう考えると、あの振る舞いはシャケに対しても失礼な行動と。

ひょっとしたら、シャケは今季で引退するのかな?その意向知っての行動・発言?
あくまでワタシの推測ですが、そうであったとしてもそれが仮に曜一朗しか知らないことであったのならば、気持ちは分からなくはないですかね?

roslinさんがご指摘の通り、むしろ悔しい想いしてるのは福満とかの方が大きいかも?

でも、試合終了を待つ時間の笑顔を見てると・・・余計に曜一朗の気遣いは【行き過ぎ】やよなぁと。

セレッソがこのタイトル獲得をスタートに変わらないといけない根底は曜一朗のソレですね。

歴史はあるが勝ててない、勝ちきれてないが故に拭い切れない、
時として情を抑えて、心を鬼にして勝負に徹する【執念】

そこに気付けばまた大きな選手になれるよーな気がします。


ワタシのルヴァンMVPは木本ですね。選出理由は大事な場面で決定的な得点を複数上げてることです。

リーグ戦残り3節に天皇杯。そしてスポナビブログ閉鎖まで、嬉しい記事をいくつup出来るかですね。

《セレッソ》優勝の余韻に浸りながら

まいどです!たっぷり優勝の余韻に浸ったroslinです。

さて曜の件は私も気になっていましたが、
優勝の余韻が大きすぎてパスしておりました(苦笑)
取り上げて下さりありがとうございます。

HJMさんのおっしゃるように”8”への強い思いや
シャケへの思い等々、気持ちはわからないことはないのですが、
個人的にはあの態度は気持ちが良いものじゃなかったです。

理由はルヴァン杯はシャケを始め福満、クニ、モニー、大地達の
リーグ戦に出れないメンバーが死に物狂いで
戦い抜いて辿り着いた決勝戦だからです。ほんまに死に物狂いで。
それなのに決勝はリーグ組がパッと先発した訳じゃないですか。
ここに最大の敬意があると、あの態度に違和感があるんですよね。
だってチームとして勝利で応えることが最大の敬意だと思うので。
個人がピッチに立っていたかどうか?は違うと思うんですよね。

悔しさなら獅子奮迅の活躍で決勝に導きながら、
決勝のピッチに立てない福満の方がもっとあると思います。
だからこそ。。。。。
ちなみに私のルヴァン杯のMVPは福満ですけどね。

こんな記事も読みたい

今年もやります!2017年あなたの心に残る石川サッカー名場面 大募集!【情熱サッカー@kanazawa】

どの選手はどのタイプ? という事からアプローチする考え方も有り。【FCKSA66】

「結果論」も3度繰り返せば〜今季のフロンターレカップ戦〜【Białe Orły Dyskusja Sport-白鷲スポーツ-】

11月4日は古豪復活の日!?【「読裏クラブ」のワンツー通し】

セレッソ大阪 川崎フロンターレ 小感【ニコ小鉢その2(仮)】

2017 ルヴァンカップ決勝【no title】

2017:YBCルヴァンカップ:決勝:中立:セレッソ大阪vs川崎フロンターレ「川崎は最初のミスが最後まで響き力及ばず。C大阪は逃げ切り初優勝」【蹴鞠談議2】

《セレッソ》\(^o^)/初タイトル獲得\(^o^)/【南大阪に吹くマリンの風】

ブロガープロフィール

profile-iconshiiki1

マリーンズ応援歴=物心ついた時からなので40年程度
(親父が毎日オリオンズ時代からのファンなのでその影響で)

セレッソ応援歴=クラブ発足時は『隣町にJクラブが誕生』って程度で応援。
ゲームではガンバやなく【セレッソ】を常にチョイス!って程度のファンでスタート。
年に1回行くか行かないかの現地観戦の頻度が増えたのはJ2時代の2007年から。
最近では2007年に誕生した長男がサッカー始めたコトもあり、かなりイレ込んでおります。
今年からわが町もセレッソホームタウンとなり誇らしい限りです。

スポーツ歴
競泳=始めたのは2歳から。
小学校2年から6年生まではクラブチームで活動。中学3年間は学校クラブ活動で継続。高校時代もユーレイ部員で試合のみ参加という愚行を繰り広げたが1年で退部⇒引退。

バレーボール=高2から3年引退まで。
当時の友人に『ヒトが足りない』って理由で知らん間に入部。選手としてはゼンゼンでしたが、今でも仲良く出来る親友が沢山出来たので自分の人生の【宝】となってます。

草ソフトボール=15歳から25歳まで
元々はパパさんソフトのチームにJrが参戦するキッカケを作ったのが経緯。
その時期すでに野球はスキだったのでプレーする環境が出来たことが嬉しかった。
後に各パパさんのJrが多数参戦し、その中に野球推薦で入学し退部・退学した【野球部崩れ】やリトルリーグでプレーしてたメンツと一緒にプレーしたことが、ワタシの野球観のルーツかも?
全くしろーとの自分がレベル高いヤツ達と一緒にプレーした時代は楽しかった。
ポジションはキャッチャー。
晩年はJr連中が進学や就職で地元を離れた関係でチーム消滅。ソレと同時に引退。

草野球=22歳から現在に至る
会社の親友が親友の地元でチームを作るってことで創設メンバーとしてチーム入り。
今でもワイワイ騒げる友人ができたことは、ワタシの人生の【宝】
ここ2年程は家庭のお仕事優先で参加出来ませんでしたが、今年より戦列復帰。
2年のブランクは大きくキメ球のチェンジアップが思うように投げれないのが今の悩みです。
  • 昨日のページビュー:255
  • 累計のページビュー:4611041

(12月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 《セレッソ》遠のいた残留。確定しつつある降格
  2. 《マリーンズ》去年も確か???
  3. 《Jリーグ雑談》森脇選手謝罪の違和感
  4. 《セレッソ》ボギョンも退団濃厚。問われるソアレスの手腕
  5. 《セレッソ》ポポヴィッチ解任!?後任人事のポイントは・・・
  6. 《マリーンズ》今江・クルーズの穴埋めが進んでないねぇ
  7. 《セレッソ》フロント力のないクラブはいくら有能な選手を揃えてもこーなるって典型
  8. 《マリーンズ》補強か?底上げか?
  9. 《マリーンズ》サクッとドラフト雑感
  10. 《マリーンズ》マリーンズらしさに伊東カラーを加えたドラフト

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss